最も男らしいアメリカンバイクでツーリング。250ccで疾走しよう。

最も男らしいアメリカンバイクでツーリング。250ccで疾走しよう。

CAR / MOTORCYCLE 2018.04.13

バイクは、男らしさを演出できる1つの乗り物。中でも、アメリカンバイクはその個性的でワイルドな外観から、ひと際人目を惹く代表的なバイクのモデルです。他の誰も真似できない、自分だけのオリジナルカスタムを施したバイクで、街や自然を疾走しましょう。

Share :

初めてのアメリカンバイク

男性のあこがれともいえる格好がよいバイクといえば、やはりアメリカンバイク。大きな車体と、開いたハンドル、そして車高の低いクールなバイクは、どんな世代の男性でもワイルドに乗りこなせるでしょう。

彼女を後ろに乗せるもよし、ツーリングで一人旅にでかけるもよし。街中でも郊外でも、ひと際人の目を引きます。そのデザインと性能だけでなく、男をワンランク上げる代表的な乗り物として、現代でも人気を誇っています。

初めてアメリカンバイクに乗る人にも、250ccクラスのアメリカンバイクがおすすめです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

250ccクラスのバイクにはメリットがいっぱいあります。大型排気量のバイクになると、まずはその重さから扱いやすさが違ってきます。少し手動で動かすにも大変ですが、250ccクラスのバイクであれば、手軽に動かすことができ、万が一の時にも対応がしやすいメリットがあります。

250ccクラスのアメリカンバイクを選びたくなる理由をご紹介します。
バイク アメリカン

アメリカン250ccを選びたくなる理由

車検が無いのでパーツに予算を費やせる

アメリカンバイクの250ccは、排気量にしては車体が大きく、迫力あるデザインを有しています。そして、そのアメリカンバイクをさらにワイルドに男らしくするために、カスタムを施す方も多いようです。

法律上、250cc以下のバイクは車検の必要がありません。運送車両法という名前の法律があり、軽二輪の扱いと決められています。車検などは特に必要がありません。

しかし、250ccを超える排気量の場合は、小型自動車という位置づけになり、定期的に車検に通す必要があるからです。

思う存分カスタムできる

そういった法律の事情もあり、車検にかかる費用が浮くため、250ccのアメリカンバイクであれば思う存分カスタムすることにお金を費やせます。400ccに比べて、車検がかからない、また、ガソリン代なども大型排気量のバイクに比べれば掛かりません。

維持費も安く済むので、その分をカスタムに費やるというメリットがあります。独自の男らしいカスタムで、周りの目を釘付けにしてしまいましょう。

高速道路でスピード感を楽しめる

250ccのアメリカンバイクのもう1つの魅力は、スピード感を楽しめること。250ccといえども、アクセルを回してエンジンをフル回転させれば、高速で走る事も可能です。

また、高速道路も走行可能なので、スピード感や遠くへのツーリングも250ccのアメリカンバイクであれば可能になります。あこがれていたバイクで、好きなところへ気軽に行くことが出来るのも、250ccバイクの魅力です。

カスタムしたマフラーに、エンジン音の鼓動、迫力のあるアメリカンで、高速道路を滑走しましょう。

燃費が良くて経済的

アメリカンバイクで走行するのはよいけれど、その燃費やコスト面が気になるところです。250ccのもう1つのメリットは、燃費が安上がりで済むというところです。

なんと250ccバイクは、燃料1L(リッター)で35km以上を走行することが可能。排気量がそこまで大きくない分、負担が少ないという大きなメリットがあります。遠くへツーリングに行く時でも、街中を疾走する時でも、遠方へ長時間の運転にもかかわらず、ガソリン代を安くあげることができるのでおすすめです。

もちろん、カスタムする際に、マフラーなど、どの種類のものを選ぶかで燃費も変わっては来ますが、そこまでの違いをもたらすことはありません。

適度でカッコいいカスタムを施せば、250ccのアメリカンバイクを余すことなく活用できます。

車体が軽く引き起こしやすい

250ccのアメリカンバイクに乗っていて、転倒してしまったり、車体が倒れてしまったときを考えると、車体重量も重いので、起き上がらせることができるのか気になるところです。

しかし、250ccのアメリカンバイクは、その重量感とは裏腹に、わりと軽量で引き起こしやすいという利点があります。
その点においても、大型に比べると扱いやすいと感じるはずです。

大型排気量のバイクになると、押すのも起こすのも、一人では大変な労力が掛かります。

倒れたバイクを、スッと起こすことができれば、男らしさに拍車がかかります。安全面なども考えると、パーフェクトなのが250ccのアメリカンバイクです。

普通自動二輪免許があれば乗れる

250ccのアメリカンバイクは、普通自動二輪免許があれば乗ることができます。免許は16歳から取得可能です。もちろん普通自動二輪免許があれば、400ccのバイクも乗ることができますが、車体も重く、初めてバイクを乗る方にとっては少しハードルが高めです。

しかし、アメリカンバイクなら、車検もなくコストも比較的掛からないのでおすすめです。また、ほかのバイクに比べてシートが低めに設定されてあるので、足もしっかり地面に付きますし、乗った時のシート感が力を抜いてリラックスして乗る事が出来ます。

大型排気量のバイクより、思ったよりもすぐに手が届くアメリカンバイク。現代では、大型に引けを取らない大きさの250ccクラスのバイクもリリースされています。本格的なアメリカンバイクを身近に感じることができますね。
バイク アメリカン

おすすめのアメリカンバイク250cc

アメリカンバイクでも人気を集めているものをピックアップ。お財布事情と相談しながら検討してみてはいかがでしょうか。

ヤマハ ドラッグスター250

「ドラッグスター」の名称は、アメリカのドライで陽気な雰囲気の溢れるモータースポーツ「ドラッグレース」が由来となっています。250ccのアメリカンバイクでは、強い人気を誇るドラッグスター。

670mmの低シート高で、車高が低く、ロー&ロングを実現したデザイン。空冷Vツインエンジンを搭載した車体はクールでコンパクトですが、そのデザインと迫力に男らしさを感じます。見た目もよく、目立つバイクとしても定評があります。

シートに跨れば、エンジンの鼓動が伝わり、興奮すること間違いなしの1台。

ヤマハ ドラッグスター250
【参照: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/ds250/feature.html

カワサキ エリミネーター250V

黒い車体に、綺麗なアウトラインが特徴。ドラッグレーサーを思わせる、ワイルドなエリミネーター250V。

水冷90度Vツインエンジン搭載、40馬力でミッションも6速を採用しているので、加速や速度は申し分ない走りを見せてくれます。

その巨体の割には軽く、取り回しが楽に行えるというメリットも。エンジン音も静かで、走行も快適。他のアメリカンバイクにはない、スポーティなデザインと走りが目を引く1台です。

カワサキ エリミネーター250V
【参照: http://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/ELIMINATOR_250V/index.html

スズキ イントルーダー250LC

外観に高級感と上品さを感じる「イントルーダー250LC」

ちなみにLCとは、「Legendary Classic (レジェンダリークラシック)」、つまり、伝説的かつ伝統的という意味です。

チェーン駆動方式を採用しており、Vツインエンジンと相まって、快適な走りを実現します。加速がよく、燃費もよいという点から、ユーザーに人気があります。見た目の重厚感とは裏腹に、車体が軽量なところも評価できる部分でしょう。軽いフットワークで運転もしやすく、街から郊外へ爽快に走ることが可能です。

大きな車体は、ライダーのアメリカンな心を刺激し、満足させてくれることでしょう。

イントルーダー250LC
【参照: http://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/INTRUDER_LC250/index.html

ホンダ レブル250

80年代に大人気だった、ホンダルブレの復活モデルがこちらのバイク。従来のアメリカンバイクとは違い、単気筒エンジンを採用している点が特徴。アメリカンバイクのエンジン音を残した設計になっています。

燃費もよく、マットブラックでダークなデザインも、男らしさを感じさせるクールなデザインも特筆すべき点です。ステップはミドルに位置し、楽な姿勢を保てます。アメリカンですが、アメリカンとネイキッドの間を行くようなせっけいになっており、ドラッグレーサータイプのアメリカンバイクといえるでしょう。

ホンダ レブル250
【参照: http://www.honda.co.jp/Rebel250/

ホンダ Vツインマグナ250

メタリックで重厚な外見が印象的なVツインマグナ250

登場して以来、盤石の人気を博しているモデル。カスタムパーツが豊富なので、よりワイルドに、男らしいアメリカンにカスタムするなら、このバイクはおすすめです。排気音がいいと評判。

また、エンジンは低中回転を重心に置いた設計になっており、スムーズな走行が可能。大きな外観は、250ccを思わせないボディで、大型排気量のバイクと言われても分かりにくいくらいの迫力です。

ホンダ Vツインマグナ250
【参照: http://www.goobike.com/catalog/HONDA/V_TWIN_MAGNA/index.html

ヤマハ XV250ビラーゴ

ヤマハのアメリカンの代表作と言えばやはりXV250ビラーゴ

アメリカンバイクブームを支えた人気のバイクです。空冷4サイクルOHC60度Vツインエンジンしており、加速が早くてパワフルです。その乗り心地に満足のいく一台でしょう。

大きすぎない車体なので、扱いやすい利点もあります。外観デザインもトラディショナルでクラシックなので、乗り手をワイルドに男らしく演出します。

ノーマルな状態でも、十分アメリカンらしいスタイルを保っていますが、カスタムすればする程味の出るバイクとして人気を誇っています。やはり、カスタムして乗るライダーが多いのが特徴。パーツも充実しているので、欲しいパーツや加えたいカスタムをすることが可能なアメリカンバイクです。

ヤマハ XV250ビラーゴ
【参照: http://www.goobike.com/catalog/YAMAHA/XV250_VIRAGO/index.html

カスタムパーツでオリジナルを楽しもう

オリジナルカスタム可能な250ccのアメリカンバイク。カッコいいだけでなく、さらに自分なりのアレンジが可能になっています。近年の250ccのアメリカンバイクはその外観の大きさから迫力があり、その排気量とは裏腹に満足のいく男らしさを演出してくれます。

カスタムすればするほど奥深いアメリカンバイクの世界を楽しみましょう。

category

記事カテゴリー