ローリスクな投資個人向け国債|安全で着実にお金を増やせる

ローリスクな投資個人向け国債|安全で着実にお金を増やせる

BUSINESS 2018.06.29

個人向け国債とゆう言葉を聞いたことがありますか?個人向け国債とは国が発行している債権で、低リスクに投資でき、元本が保証されています。これは個人向け国債の全体的な説明で、日本が出している投資法を利用して投資を始めるのもいいかもしれません。

Share :

銀行の金利はあてにならない時代の国債の魅力

皆さんお金をどこに預けているでしょうか。みずほ、三菱東京などの大手都市銀行とゆう方が多いでしょうが、その銀行の利息をご存知ですか。現在の銀行の利息は0.010%と大変低いです。少しでも増やし、将来に備えたいとゆうのが心情でしょうが、投資とゆう言葉には、損をする、よくわからないとゆうイメージを持たれる方も多いと思います。そんな方にお勧めなのが個人向け国債です。

個人向け国債とは?

では個人向け国債とはそもそもどういったものなのでしょうか?投資の一種ではありますが、損はしないのでしょうか?

日本に投資する個人向け国債

個人向け国債とは日本が出している債権、つまり借金を個人に貸し出すものです。満期(返済日)になれば元本(払ったお金)が戻ってくる仕組みになっており、日本が破綻しない限りはこの制度は必ず保証されています。
メディアで、日本は借金まみれなどとゆう言葉を聞いてことがある人は、投資して大丈夫なのかと思う方もいるかもしれません。現在日本国債はとても安全な物と言われており、日本が破綻してしまえば銀行の定期預金も意味がなくなります。

始められるのは1万円から

個人向け国債は国が金融機関に頼って発行している債権なので、本来債権にはかかる手数料も国が負担してくれ無料、最低1万円から気軽に買うことができます。現在の個人向け国債の利率は0.05%となっています。
ネット銀行などにはこれより高い0.25%の物もありますが、ネット銀行は100万からの受付となっています。こういった点からみても個人向け国債は、投資に不安がある人が気軽に始められる定期預金のような投資と言えるでしょう。

いつ発行されるの?

債権は毎月の中頃、各種金融機関で発行されます。大手都市銀行からも発行されているので、銀行での取引にこだわりがある人も抵抗がないでしょう。少し補足すると、銀行は1,000万以上の貯金は守ってくれません。個人向け国債はこの点も補償されているため高額な貯金を守りたいあ人にもおすすめです。

利息の支払いは年に2回ある

個人向け国債は定期預金のような投資ですが、あくまでも国が出している「借金」なので、利息がつき、年二回の半年ごとに利息が払われます。

個人向け国債にはどんな物があるの?

個人向け国債には固定3年、固定5年、変動10年の3種類があります。〜年は満期の年のこと、固定と変動の違いは利息のことです。

固定3年の国債って

固定3年は3年後に払った元本が戻ってくる国債です。その間半年ごとに払われる利息は最初に元本を払った時設定された利息から、変わりません。
固定3年の国債は、発行されてから1年経過すると途中で換金が可能となっています。

※参考情報 https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/issue/kotei3/No_94.html

固定5年とは

固定5年は5年後に払った元本が戻ってくる国債です。固定3年と同じく半年ごとに支払われる利息は、最初に設定した利息から、変わりません。固定3年の国債と同じく、発行されてから1年経過すると途中で換金が可能です。
固定3年と固定5年は払われる利息が一定なので、満期までに自分が得る利益が見えやすいとゆう特徴があります。
※参考情報 https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/issue/kotei5/No_85.html

変動10年はお得なの

変動10年は10年後に元本が返され、その間払われる利息は年2回ごとに変わる。こう書くと変動の方が得なイメージですが、当然、月によっては固定より変動の方が利率が低い月がある場合もあります。
ただ、先に述べた通り現在は個人向け国債の利率も0.05%と底辺の利率で、これ以上利率が低くなることはないので、変動10年を進めるメディアは多いです。
得なやり方としては、変動10年をまず買い、利率が上がって来たところで解約(債権は「買う」ものなので「売却」とも言う)し、固定に切り替えるとゆうやり方もあります。
ただ、個人向け国債を解約する際にはペナルティとして2回分(半年ごとに払われるので1年分)の利率を払わなければなりません。当然のことながら、高い利率の時に解約すれば払うペナルティも高くなります。今まで低い利率で我慢してきたのに、払うお金は高い利率分とゆうのはためらいがあるとゆうのが人間の気持ちでしょう。そこは見極めが必要です。

個人向け国債の買える場所は

ここでは個人向け国債の買い方について説明していきたいと思います。

国債はどこで買えるの?

個人向け国債は、郵便局(ゆうちょ)、みずほ、三菱東京などの大手都市銀行、地方銀行、証券会社などの全国の金融機関で買えますが、債権を買うための口座開設が必要です。
証券会社は口座開設が無料で色々なサービスなどがあり、それぞれの証券会社に確認を取ると良いと思います。ゆうちょは国債を買うと同時に口座開設をすれば無料となっていますが、口座開設のみなら210円の手数料が必要です。
みずほ、三菱東京などの大手都市銀行も基本的には無料ですが、三井住友など、一部銀行には口座開設に手数料が必要な物もあるため、銀行での取引にこだわる人は事前に確認しておくことをおすすめします。
※参考情報 https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/organization/all/

国債キャンペーンのある金融機関とは

個人向け国債はそれだけでも半年ごとに利息がもらえるものですが、よりお得に個人向け国債を買う方法があります。証券会社などが行っているキャッシュバックキャンペーンです。
残念ながら、現在の個人向け国債の利率はとても低いので、このキャッシュバックキャンペーンをチェックして個人向け国債を買うか買わないかで、大きな差が出ます。
メディアでお勧めされているネット証券大手のSBI証券は、50万以上ともっとも少額でキャンペーンを受けることができます。
現在は以前に比べて減額しているものが多いですが、それでも確認しておく価値は十分にある物です。

投資したけど解約したくなった

投資したけど、やはり現金が必要になり、国債を解約したいこともあります。個人向け国債はこの点にも対応していて、満期が来る前に一部、または全額を換金(現金化)することができます。これを中途換金といいます。最初に払った元本は減る心配はありません。

1年経たないと解約できない

中途換金は個人向け国債を買ってから1年間は出来ないルールになっています。ただし特例として、個人向け国債に投資した本人が亡くなった、もしくは災害の被害者になったなどの場合はこの1年間未満であっても換金が出来ます。
方法としては購入した金融機関に投資の解約を言うだけで、後日債権を買うために開いた口座に現金が振り込まれます。

解約するときのペナルティは

中途換金をするためには前述したように、国にペナルティのお金を払わなければなりません。このペナルティのお金を「中途換金調整額」といいます。
中途換金調整額は前述で簡単に述べましたが、「本来払われる解約してから一番最近の利息の2回分×税金(0.79685)」を国に払わなければなりません。
例えば個人向け国債変動10年を購入して6年後に中途換金したい場合は、購入して5年後の利息、5年と半年後の利息、それに×税金のお金を国に払わなければならないとゆうわけです。
先ほど変動10年を買って利息が高くなったところで中途解約をし、固定に切り替えるのがおすすめですが、見極めが必要と述べたのはこうゆう訳です。

中途換金シュミレーションを使おう

固定では利息が変わらないので分かりやすいですが、変動10年は利息が変化するので計算が難しいです。そんなときに便利なのが、財務省が出している「中途換金シュミレーション」です。
ここに自分の情報と中途換金したい期日を入力するだけで、簡単に中途換金をいくら国に払わなければならないのか分かります。特に変動10年を買った人にはありがたいシステムでしょう。

※参考情報: https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/simu/realization/index.htm

ローリスク商品の国債で投資を始めよう

このように個人向け国債がローリスクで気軽にできる投資方法であるとゆうことが分かってもらえたと思います。読者の中には、老後資金のために少しでもお金を増やしたいけど、投資は未経験で不安とゆう方も多いと思いますが、そんな慎重な性格の方にこそ個人向け国債がおすすめです。国が出している投資を是非利用してお金を増やしていきましょう。

category

記事カテゴリー