トレッキングシューズは防水性の高いものを。悪天候でも安心の足元

トレッキングシューズは防水性の高いものを。悪天候でも安心の足元

CLIMBING 2018.05.09

急な悪天候を想定して、トレッキングシューズには防水性が備わっています。しかし、その防水力はシューズによってさまざま。そのため、変わりやすい山の天気に対応できるシューズであることが重要。急な悪天候にも安心のトレッキングシューズを選びましょう。

Share :

トレッキングシューズの防水性は必須

登山だけでなく、多くのアウトドアで活躍するトレッキングシューズ。どのようなトレッキングシューズを購入しようかと迷い、自分の好みだけでトレッキングシューズを選んでしまうのは悪いことではありません。しかし、これから登山を始めるために知っておきたい重要なポイントは「山の天気は変わりやすい」ということ。
そのため、トレッキングシューズには、突然の雨にも対応できる防水性は必須になります。迷ってしまいがちなトレッキングシューズを選ぶときの大切なポイントを抑えて、登山を楽しみましょう。

トレッキングシューズ選び方

快適な登山をするために大切なトレッキングシューズ。機能性や防水性などを比較し、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

自分の足にフィットするサイズのもの

インターネットでも購入可能なトレッキングシューズですが、初めて購入する際は、必ず試し履きをしてから購入しましょう。自分の足にフィットするサイズのトレッキングシューズを選ぶことで、靴擦れや怪我の予防にもなり、快適な登山を楽しむことができます。自分の足にフィットしているか、サイズを確かめるときのポイントを確認しましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

サイズを確かめるポイント

1.つま先を靴の先端に触れる部分まで入れる。
2.その状態で、かかとに人差し指が入るかを確認する。
3.紐を結び、少し歩いて違和感がないかを確認する。

機能性に優れたものを

トレッキングシューズは、機能性に優れている商品が多数展開されています。長く歩くことを考え、足首のサポートや靴底の形状の違いなど、疲れにくく怪我をしにくい仕様になっています。また、長く歩くことを考えると、軽量化されているトレッキングシューズを選んでしまいますが、強度が劣ります。トレッキングシューズは、重量だけで決めるのではなく、機能性と重量のバランスや、自分の目的に合わせて選びましょう。

急な悪天候に対応できる防水性の高いもの

山を登るということは、急な悪天候にも対応できなければいけません。そのため、トレッキングシューズは、防水性の高いゴアテックス仕様のものなどを選びましょう。
トレッキングシューズは、基本的に防水性に優れていますが、ゴアテックス仕様のトレッキングシューズは、雨や風の侵入を防ぐだけでなく、汗や湿気を外に逃がす機能にも優れているので、快適な履き心地が持続します。ただし、汗や湿気を外に逃がす機能に優れたゴアテックス仕様のトレッキングシューズも、完全に水に浸ってしまっては、汗や湿気を外に逃がすことはできなくなってしまうので、注意しましょう。

防水性が高いおすすめのトレッキングシューズメンズ

高い防水性能と汗や湿気を外に逃がす機能の高いゴアテックス仕様のトレッキングシューズ。メンズ商品が5足あります。

サロモン トレッキングシューズ XA PRO 3D ゴアテックス


足全体を包み込むので、どんな足の形にも対応し、抜群のフィット感を発揮。XY形状のシャーシを採用し、ねじれを生み出すことで、悪路もがんがん進むことができるトレッキングシューズです。ゴアテックスを使用したアッパーが防水透湿効果を発揮し、急な悪天候にも対応。いつまでも、快適な履き心地を持続させます。
カラーバリエーションが豊富なので、お気に入りの一足を見つけることができるサモロンのトレッキングシューズ。ヒールの高さは3cm、ソールの厚さは2.5cm、重量405gとしっかりとした靴底と軽さが魅力です。

モンベル mont-bell GTXマリポサトレール M’S


ハイキングから軽装備のトレッキングまで対応する全天候型のミドルカットブーツ。従来の靴紐とは違うリールアジャストシステムを搭載。片手で簡単にトレッキングシューズを着脱できるだけでなく、足幅が広い人でも、フィット感を細かく調整できます。
中敷きに速乾性に優れたトリコット素材を採用し、前半分を柔らかめ後ろ半分が硬めの設計にすることで、着地から蹴り出しまでの一連の動作をサポート。重量は530gとやや重めです。

キャラバン トレッキングシューズ C1-02S


キャラバンシューズの代表的なモデル。初めてトレッキングシューズを履く人でも、違和感なく履くことができるように設計されています。低い山はもちろん、富士山などの険しい山や軽装備のトレッキングにも最適な一足。
日本の老舗メーカーであるキャラバンは、手頃の価格と品質のよさで根強い人気があります。重量は約590gとやや重めになっています。

ザ・ノース・フェイス ヴェルベラ ライトパッカー�V GORE-TEX NF51610-BG


高いレベルの耐水圧と透湿性、防風性を維持するゴアテックスファブリクスを搭載したトレッキングシューズ。約1,800人の足型を採取、分析。さまざまなアウトドアアクティビティに対応できる仕様になっています。
男女兼用のトレッキングシューズなので、サイズは23cmから28.5cmまで用意されています。足が小さく、メンズのトレッキングシューズでは合うものがない人にもおすすめ。重量は約650gと重くなっています。

アディダス メンズ トレッキングシューズ テレックス AX2R ミッド ゴアテックスCM7698


2018年モデルの春夏新作。登山の一足目として最適なモデルのトレッキングシューズ。軽装備のトレッキングや低い山の登山に適しています。
やや細めな紐が特徴のトレッキングシューズ。重量も約400gと軽く、長い道のりも足の重さを気にせずに歩くことができます。おしゃれなデザインなので、日常で使うこともおすすめ。通勤や通学など、駅や会社、学校まで歩くときにも適しています。

防水性が高いトレッキングシューズレディース

防水性と透湿性の高いゴアテックス仕様もしくは独自の防水素材を仕様しているトレッキングシューズ。レディース向けのおしゃれな4足があります。

コロンビア ウィメンズ マドルガピークアウトドライ 764 YL5257


風雨や雪を最外層部で完全にブロックするアウトドライの防水メンブレンのトレッキングシューズ。日本人の足型を研究し、心地よいフィット感とホールド性があります。自宅で洗うことができ、メンテナンスも簡単に行なうことができます。
マンガ家・エッセイストの鈴木ともこ氏とコラボしたカラーも発売。普段使いでも違和感なく、街中に溶け込むデザインのトレッキングシューズです。重量は約480gと軽くなっています。

キーン レディース 防水トレッキングシューズ テラドーラミッド


独自の防水機能KEEN.DRYで、登山中の急な悪天候にも対応。アッパー部分にはニット素材を使い、カジュアルな服装にも合うように作られています。そのため、普段のレインシューズとしても使用することができます。
アウトドアフィットネスを目的として作られているトレッキングシューズなので、登山だけでなく、ウォーキングやランニングにもおすすめ。重量は約320gと、かなり軽くなっています。

ミズノ トレッキングシューズ ウエーブナビゲーション


Gore-tex fabrice Surround Sysremで360度からの透湿性を実現。山道での動作確認実験を行い、軽快な歩き心地と履き心地を持続させるトレッキングシューズに仕上げました。軽装備のトレッキングから本格的な登山まで活躍する一足です。
ミズノの独自技術「ミズノウェーブ(波型プレート)」を挟み込むことで、クッション性と安定性を両立。重量は約560gとやや重めですが、クッション力の高さで長時間歩いても疲れにくいトレッキングシューズです。

ニューバランス アウトドアシューズ WO703H 2E


雨でも安心なゴアテックス仕様。優れた耐久性で低山から高山までをフルカバーできるアウトドアシューズです。クッションの性も高いので、長い時間歩いても疲れにくく、初心者から経験者まで、幅広い層に使用できます。
足の幅が広い女性にも安心のゆったりした作りの2Eサイズも展開。重量も約350gと軽く、日常使いにもおすすめの一足です。

快適シューズで楽しいトレッキングを

おすすめしたゴアテックスは、どんな状況でも水の侵入を防ぐわけではありません。着用状況によっては、防水加工部分以外のところから、水が侵入する可能性はあります。
悪路を歩くこともあるトレッキングは、自分の足に合ったシューズ選びが重要。靴底が薄かったり、シューズが重すぎたりしてしまうと、歩き続けることは難しくなります。自分に足にきちんとフィットした快適なシューズで楽しいトレッキングをしましょう。
 

category

記事カテゴリー