人を引きつける珍しい車でワンランク上の大人の趣味を楽しもう

人を引きつける珍しい車でワンランク上の大人の趣味を楽しもう

CAR / MOTORCYCLE 2018.06.30

人を惹きつけてやまない「珍しい車」。珍しい車にはさまざまな種類があり、スタイリッシュなデザインは女性からも人気です。自分好みにカスタマイズすることも可能。オリジナリティー溢れる車を所有してワンランク上の男の趣味を楽しみましょう。

Share :


【画像ページ引用〜〜(http://www.nissan.co.jp/EVENT/WALLPAPER/)〜〜】

珍しい車に乗るメリット

人と車がかぶりにくい

街中を多くの車が走る中、自分と同じ車が走っていたらなんとなく目を引きますよね。「あ、同じ車だ」と親近感を抱く方もいますし、「同じ車をよく見るなぁ」となんだかどんよりとした気分になる方もいます。
車が大好きな方にとって、自分の車と他人の車がかぶるのはあまりいい気がしませんよね。どうせなら自分しか乗っていないような珍しい車を手に入れたいとも思うはず。レアな車は人目を惹き、あなたを魅力的に見せるだけでなく、自信が活力を引き出してくれることもあります。人と車がかぶらないことで自身の個性が尊重されていると感じ、とても良い気分をもたらしてくれるでしょう。

車好きに一目置かれる

珍しい車に乗っていると、その車を見た人や車が好きな人たちに一目置かれることがあります。珍しい車は人目を惹き、道行く人や車好きの人に驚かれたり、注目を浴びたりするでしょう。
珍しい車を手に入れるということは、自身の所有欲を満たし、自分に自信を与えてくれます。車好きに一目置かれるような存在になるということは、色々な方から声を掛けられることもあるでしょう。珍しい車に乗るということはあなたをとても魅力あふれる人間に見せてくれるのです。

スタイリッシュで女性受けも

珍しい車に乗っていると女性受けがとても良くなります。色々な人が乗っているようなありふれた車に乗っているよりは、珍しい車に乗っている方が女性からも一目置かれる存在になり、女性からのアプローチも多くなることでしょう。
女性からモテるだけではなく、デートのときなどに珍しい車で迎えに行けば好感度が上がること間違いなしです。デートの際に自分を迎えに来てくれる彼の車が珍しく、人目を引くものだと彼女は特別感や優越感を感じやすく、そのデートを意味のある大切なものだと思うことでしょう。

個性を出すことができる

珍しい車に乗るということは、自分の個性を存分に出せるということです。車にはたくさんの車種がありますが、その中でも珍しい形や年代物の車はとても個性派なものが多く、自分の好みを追求することができます。
また、さまざまなデザインがある「珍しい車」に乗るということは、自分の個性を前面に出すことができるため、個人個人の「自分らしさ」を表現していくことができるのです。自分らしさを表現していく事は自身の魅力を表に伝えることに繋がり、自信がつき、人間関係の幅も広がっていくことでしょう。

オンリーワンを手にできることも

珍しい車を手に入れるということは場合によっては「オンリーワン」を手に入れることも可能になるということです。「オンリーワンの車」を手に入れることができるというのはどういうことなのでしょうか。
実は珍しい車の中には「生産終了車」や「レア車」というものがあり、特定の時期だけにしか生産しておらずもう作られていない車や、年代物の古い車が手に入る可能性があるということです。そういった車はとても価値があり、手に入れるにはお金もかかりますが手に入れたときの喜びは何物にも代えがたいものでしょう。

【画像ページ引用〜〜(https://www.bmw.co.jp/ja/topics/brand-and-technology/used-automobiles/index.html)〜〜】

珍しい車にデメリットはあるのか

並行輸入になることも

並行輸入というのは自動車メーカーや日本法人を通しているわけではなく現地本国のディーラーから仕入れた本国仕様の車という意味です。ドイツやアメリカ、イタリア、フランスなどの車であれば左ハンドルで、イギリス車であれば右ハンドルになっていますし、取扱説明書はその国の言葉になっています。
当然、ナビゲーションやインフォメーションの言葉も英語やイタリア語が初期設定になっているまさに現地で鵜売られている車そのものということです。しかし最近の車は車両情報モニターなどに関して言語設定が可能なので問題は少ないでしょう。
しかし注意しなくてはいけないのは、例えばドイツ車であってもドイツのディーラーから仕入れた車ではない可能性があるということです。日本でもドイツ車が売られているように、東南アジアやアフリカ諸国でも車は売られていますのでドイツ本国仕様でなくてもシンガポール仕様ということもない話ではありません。
ほとんどの業者は丁寧に輸入元まで説明してくれますが、中には悪質な業者もいます。悪質な業者はどの子国から来たのか分からない車を「本国仕様」だといって偽って販売されたというトラブルもあるので注意しなくてはいけません。

保険に加入しにくい

珍しい車は、個性を主張できたり車好きに一目置かれるなど良い面もたくさんありますが、同時にデメリットもたくさんあるのです。特に大きなデメリットとしては、車種によっては「保険に加入しにくい」ことでしょう。
事故を起こしたときに高額な修理費がかかってしまうような超高級車や改造車、業務専門での使用をする車、希少な車などは保険会社の事情によっては保険を断られてしまう可能性があるのです。不安に思う場合は車を購入する前に、希望の任意保険に加入できるのかを確認しておきましょう。

保険には「ダイレクト型」と「代理店型」がある

「ダイレクト型自動車保険」とは、インターネットから加入できる保険やダイレクト保険ならではの割引が存在する保険のことです。一般的に代理店型よりも保険料は安く済む傾向にあります。相談や見積もりは電話やメールでのやり取りが中心となり、自分で情報収集する必要があります。しかし自分が納得できるまでプランを比較して検討できるのがメリットです。
「代理店型自動車保険」とは、生命保険などの自動車保険以外の保険も一括して取り扱っている代理店があり、保険全般をまとめて契約することができる保険です。相談や見積もりは、店舗の担当者と対面で保険に関しての相談をし、プロのアドバイスを目の前で受けながら保障内容を検討することができます。代理店型の場合はほとんどの手続きを代行してくれるので、面倒な手間がかかりません。
珍しい車を所有していても、保険会社に加入できることはあるので自分でリサーチしたり、担当者とよく相談したりしてゆっくりと納得する保険に決めていきましょう。

修理やメンテナンスの問題

実は並行輸入した車を日本のディーラーに持ち込んでもメンテナンスや修理を断られるケースが多いのです。もしかしたら点検さえ断られてしまうかもしれません。
そこでおすすめなのは並行輸入業者だけではなく、自動車整備工場も自社で持っている業者を探すという方法です。しかし、正規ディーラーのように3年保証、5年保証というのは難しいので注意しましましょう。1、2年程度の保証を付けて販売してもらうことは可能ですのでそういったところを問い合わせして見つけるようにしましょう。
仮に車体が傷ついたとして、擦り傷程度なら業者にもっていけば問題はありませんが、修復歴・事故歴がついてしまうような大きな事故の場合は、修理できる工場がぐっと減ってしまいます。場合によってはお金があっても日本国内では治しきれませんということもあるのです。そういった可能性が珍しい車にはあるということを認識しておきましょう。

故障しやすいことも

珍しい車は人の目を引き、自分に自信を与えてくれるものですが、実は「故障しやすい」というデメリットもあるのです。すべての珍しい車が壊れやすいわけではありませんが、一応知識として知っておきましょう。
正規輸入されている車は、日本の気候や道路環境を考慮して作られているため、エンジンオイルやラジエーター容量、バッテリー、ウォーターポンプといったさまざまな消耗品や部品が本国仕様とは異なっているのです。
つまり場合によっては炎天下での運転に耐え切れずにオーバーヒートしたり、エンジンから出火しやすいといった欠点や危険をはらんでいるのです。こういった事情もあるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

自動車税が難しい

実は珍しい車は自動車税が難しい場合があります。エンジン排気量や使用用途、ボディサイズによって変わってきますが計算方法としては、国産車、正規ディーラー輸入車と変わりはありません。
ただし、自動車購入時に発生する所得税は難解なので、業者さんにお任せして説明をしっかりと聞いておきましょう。また、並行輸入車の所得金額は都道府県で異なります。所得税という税金は「都道府県税」というものです。
この計算方法はディーラー車の場合は基本的に同一条件ですが、USトヨタなどの並行輸入車に関する計算方法は都道府県により異なってくるのです。たとえば同じ車種・グレード・年式の車でも県によっては、「148,000円」「102,000円」「76,500円」というように差が出てくるのです。

慣れない左ハンドルの操作

珍しい車の中には「左ハンドル」の車があると思います。しかし左ハンドルの車には注意しなくてはならないことがたくさんあるのです。
まず、左ハンドル車を運転するときはスイッチ類の位置の配置に注意しないといけません。運転の際に必ず使うウィンカーやワイパーといったものやあらゆるスイッチ類の位置は、日本の通常の車の「逆」になるのです。
つまりいつもの習慣でウィンカーを出したつもりがワイパーを動かしてしまったりといったミスを慣れるまで繰り返してしまう場合があります。もし左ハンドルの車に乗った場合には、位置が「反対」になることに注意して乗るようにしましょう。

【画像ページ引用〜〜(https://newswitch.jp/p/10537)〜〜】

国産でも珍しい車

三菱の珍しい車

三菱の珍しい車でまず注目したいのは「ミニカ」でしょうか。日本ではこれまでとても多くの車種が販売されていますが、三菱のミニカはその中でも長寿車に数えられる車です。軽量なボディを持ち運転しやすいミニカは「昔ながらの軽自動車」ともいわれています。
三菱ミニカが誕生したのは1962年のことです。三菱・360をベースにした、堅実なデザインの軽自動車として話題になりました。初めてのフルモデルチェンジが行われたのは1969年のことで、若者受けも狙ったデザインとなり、そのデザインコンセプトは次の世代にも受け継がれてきました。
また、バブル景気に開発された車なこともあり、最高級グレードには当時少なかった電動パワステが搭載されました。1993年には6回目のモデルチェンジをし、デザインは丸みを帯びたものになりました。そして1998年に最終モデルである8代目が発売し、実用的な形になりました。しかし8代目が登場した直後から軽自動車の売れ筋はトールワゴン型に傾き始めたため、ミニカの販売量は落ち込み、2007年にセダンシリーズが販売終了し、2011年にはすべてのシリーズが49年の幕を下ろしました。
三菱ミニカはとても機能的な内装に見られるようにシンプルな作りになっています。そのため故障が少ないことで評判になっています。長く愛されているミニカは、愛車としても長く活躍することができるでしょう。
また「三菱ミニカF4」も人気の車種となっています。三菱は1972年に新開発の水冷4サイクルエンジンを搭載した3代目ミニカF4を販売し、よりファミリー層を意識した4サイクルエンジンの車として「F4」のサブネームがつけられています。
ミニカF4のスタイルは、コガネムシのイメージを基調にしたデザインで親しみやすさを強調しています。大きな2ドアにより後席の乗り降りも楽にできます。エンジンは、三菱独自の公害対策MCA(三菱クリーン・エア)システムをベースに新開発された、水冷4サイクルOHCバルカンエンジンを搭載しています。
また、サッシレスのリヤガラスがテールゲートのように大きく上に開き、荷物が容易に出し入れできるのが便利です。さらにフロントエンジン・リヤドライブによる足元に余裕のあるペダル配置や弱アンダステアの実現、フルリクライニングシートの採用など、運転のしやすさにもさまざまな配慮が施されています。

いすゞの珍しい車

今や世界的なSUVブーム真っ只中。SUVもスポーツセダン顔負けの走りが楽しめるモデルが多くなっています。しかしほんのひと昔前まで「スポーティなSUV」なんて存在しませんでした。実はそのニーズにいち早く気づいていたのは走りにこだわっていた、いすゞでした。そんないすゞはいまから25年前に発表したのがスポーツSUVの先駆けである「ビークロス」。当時は珍車といわれていました。
ビークロスは従来のSUVの概念を覆すスポーティな3ドアのスタイリングが与えられていました。乗り心地を含めた高速走行性と悪路走破性を高次元で融合させることを目指し、コンセプト段階ではジェミニのプラットフォームをベースに開発されたクロスオーバーSUVでした。
エンジンはパワフルな3.2Lの自然吸気ガソリンエンジンに換装し、駆動方式はビックホーンにも採用される電子制御トルクスプリット4WDを搭載。トランスミッションは4速ATのみでした。好評だったデザインは、プラットフォームの影響により、ややロングノーズ化されていましたが、コンセプトカーそのものと言っていいほど市販車に十分に反映されていたようです。
また、装備も豪華でレカロ製セミバケットシート、エアバック内蔵のMOMO製レザーステアリングのほか、当時まだ珍しいバックカメラが標準化されていました。凝ったスタリングから製造にも手間がかかったそうですが、価格上昇を抑えるべく、いすゞ車のみならず、他メーカー車からもパーツを流用することで、現実的な295万円を実現していました。
さらに注目したい車に「アスカ」があります。アスカは1983年に販売された中型セダンです。フローリアンの後継車として販売され、1990年からはいち早く他社のOEM供給車に切り替わりましたが、結果的にはいすゞが最後まで販売したセダンとなります。
車体は4ドアノッチバックセダンのみでした。初代には姉妹車のような3ドアハッチバック、5ドアハッチバックも設計されていましたが、生産・販売には至りませんでした。先代のフローリアンに設定されていたライトバンやOEMに設定されているステーションワゴンなどは設定されていませんでした。

トヨタの珍しい車

トヨタの珍しい車の一つであるヴェロッサの成り立ちは、マークUの兄弟車であり、販売系列から行けばクレスタの後継モデルとなります。しかしマークUの中でも、最も保守的であったクレスタに対して、イタリア語の「Vero(真実)」と「Rosso(赤)」空の造語を車名に冠したヴェロッサはキャラクターを転換していました。
ヴェロッサは「魅惑的で情感のある外形、室内デザインとし、心高ぶる走りとともに、クルマにこだわりを持つ人の感性を満たす新しい高級セダン」をキーワードに「シャドーストリームライン」を称するキャラクターラインを特徴とするボディーは低く構えたクラウチングモデルをアピールしています。ヴェロッサはトヨタが2001年から2004年まで3年間のみ製造、販売されたセダン車であり、とてもシンプルなラインナップとなっています。
このほかにも「Will」という自動車もあります。自分らしさ、こだわりを意識する当時の20代、30代がターゲットだったのでとても個性的な車です。「Will」は1999年から2004年まで続いた異業種間による合同プロジェクトを行った結果誕生したのがWillシリーズでした。いずれのモデルも商業的にはヒットしたとは言い難いですが、どれも独特な魅力を持っています。
Willシリーズの魅力は、やはり独創的なデザイン性です。三者三様の個性がありユニークです。Viはシンデレラに出てくる「かぼちゃの馬車」をイメージしてデザインされていて、ベースとなっているのは当時のヴィッツでした。アレックスをベースにしたVsデザインは戦闘機がモチーフです。そのため、ATシフトレバーは飛行機のスラストレバーを模しています。当時のコンパクトカーとしては珍しかったプロジェクト型ヘッドランプなどメカっぽさを重視しています。

日産の珍しい車

日産の珍しい車である「マイクラ」は、日産自動車が販売するBセグメントのコンパクトカーです。マイクラの初代モデルは1981年の東京モーターショーで発表されたコンセプトモデル「NX-018」がルーツとなります。マイクラのプラットフォームは先代モデルと同じグローバルVプラットフォームをベースにしていますが、さらなるチューニングが施されています。外観は一見、ルノークリオに近いように見えますが、プラットフォームは別のものが採用されています。
足回りのトピックとしては、「シャーシコントロール」があります。これはコーナリング時に一定の横Gがかかると作動し、ドライバーが望むラインをトレースするのをアシストする「アクティブトレースコントロール」と、後輪のブレーキ操作を自動でわずかに行ことで、バンプ通過時などのピッチングを抑える「アクティブライドコントロール」を含んでいます。
「マイクラ」の他にも「スカイライン」という車もあります。日産自動車のスカイラインは誕生から60年を迎えていますが実はこれだけの間存続し続けている車は珍しいのです。スカイラインは1957年に誕生した高級乗用車で日産で最も長い歴史を持つブランドです。発売当時は同クラスでトップの出力と最高速を誇りました。
スカイラインは「挑戦が詰まった箱」と表現される車であり、各時代で最先端の技術を盛り込んできた歴史があり、今後も日産の「技術の枠」を発信していく車になりそうです。

スズキの珍しい車

「ミッドシップ軽スポーツCARA(キャラ)」。定員は2名で「ホビー感覚」で乗れる車。ホビー感覚で車に乗る感覚が少ない日本では遊び心や洒落の効いた車はなかなか受け入れられませんでした。しかしそんな少数派の中でマニアの脳裏に残るモデルが「スズキのX90」なのです。
「半分は遊び心でなんとなく作ってみた」といわれるいい意味で肩の力が抜けた商品がこのコンセプトカーX90です。1993年の東京モーターショーでコンセプトカーを出展してみたら海外プレスなどを中心に大うけした車で、深いバイオレットカラーと花柄のシートがもたらす開放感は多くの人に深い印象を与えました。ショーモデルほどそのままで市販化されたX90は、北米を市場をターゲットにしました。
バブル経済はすでに崩壊していましたが、北米で人気の名残を受け日本国内でもオープンモデルが数多く存在したのです。

スバルの珍しい

スバルの珍しい車に「アルシオーネ」があります。アルシオーネが誕生したのは日本がバブル景気に沸いてきた1985年頃のことで、「オトナアヴァンギャルド」のキャッチコピーで売り出されました。アルシオーネという名前の由来は、牡牛座を意味する「アルキネオ」からきています。スバルのロゴの中には6つの星がデザインされていますが、その中で一番大きい星が「アルキネオ」です。
アメリカ市場ではコンパクトなボディとスタイリッシュなデザインが評判を呼び、女性からの支持を多く得ました。しかし、1985年に締結されたプラザ合意に端を発する急激な円高の影響で、XTクーペの売れ行きは悪化してしまい、安価を売りに展開していたXTクーペは大打撃を受けることになってしまったのです。
またスバルの珍しい車には、「レオーネ」もあります。スバルのレオーネはアウトドアユーザーに支持を受けている車です。魅力としては現在のスバルレガシィ、インプレッサの4WD技術の基礎を築いた車であるということです。
また、1970年代前半から1980年代後半にかけてスバルの基幹車種であり、水平対向エンジンを採用しており、スペアタイヤはエンジンルーム内に収納されていた点も魅力の一つです。

マツダの珍しい車

国産スポーツカーとして人気のあるマツダRX-7は、独自のスポーツカースタイルを作り上げたモデルとして「所有してみたい」という方も多いのです。しかし燃費の評判はとても悪いロータリーエンジンなので手に入れてからの維持費がとても気になる所です。
1978年発売の初代から3代目に渡り販売されたマツダのスポーツカーがRX-7で、ロータリーエンジンを搭載したことでRX-7は世界でも類のない独自の魅力で支持を獲得していきました。1970年代以降、マツダ以外に市販車量産用エンジンとして生産されたことのないロータリーエンジンは、一般的なレシプロエンジンがピストンの往復運動で動力を発生するのに対し、三角形のむすび型をしたローターの回転運動によって動力が生み出されるのです。
構造的に違いの見られるロータリーエンジンですが、このロータリーエンジンが、一般的な車との維持費の違いにもつながっており、主ほんだのめに違う点としては、オイル交換の頻度、プラグ交換の頻度、エンジン内の部品の消耗などです。
またマツダのミレーニアはセダン型の乗用車です。もともとユーノスチャンネルのフラッグシップユーノス800として作られていました。1998年にマイナーチェンジをし、外観では前後のウインカーレンズの色がホワイト系となり、アルミホイールの意匠変更を行いました。
2007年にはビッグマイナーチェンジを受けフロントフェイスが変更され、Bピラーに発泡ウレタンを充填するなど大掛かりなものが行われました。2003年には、当初のコンセプト「十年基準」を全うし生産終了、および販売終了をし、ユーノス時代から足掛け10年間生産・販売されました。

ホンダの珍しい車

ホンダの珍しい車である「ホライズン」は、ホンダでかつて販売されていたスポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)です。ホンダの独自開発車両ではなくいすゞ自動車よりOEM供給を受けてクリオ店で販売されていました。北米ではアキュラの販売網で「SLX」の名称で販売されました。
グレードはガソリン・ディーゼルともにロータスチェーンの足回りを持つ「ハンドリング・バイ・ロータス」と「ハンドリング・バイ・ロータス SE」の2グレードで、いずれもロングホイールベース・4ドア・3列シートの7人乗りのみで設定されています。
またホンダインテグラはスポーティーでスタイリッシュな1725�oワイドなFFクーペ、ボディ鋼性を大幅に高めると同時に「タイプS」と「タイプR」専用のサスペンションセッティングを実施しました。エクステリアは、新デザインのフロントヘッドライトやリアコンビランプ、ワイド&ロースタイルを強調する新デザインのバンパー、サイドシルガーニッシュなども変更しました。

ユーノスの珍しい車

ユーノスの珍しい車には、いまではあまり見かけることのなくなってきた「ユーノス・コスモ」があります。ユーノス・コスモの魅力的なところは「ボンネットの低さ」といえるでしょう。ロータリーエンジンだからこそできるデザインなのです。
フロントからリアまで伸びる美しいボディラインは23年経っても「最高レベル」と評されるほどで、そこに味付けされたRE雨宮エアロとヴェネルディ19インチアルミホイール、そして、Kスポーツ車高調が、ユーノス・コスモを美しく演出しています。
なおデビュー当時はマツダディーラーが多チャンネルを展開しており、NAロードスターも「ユーノス」ブランドの店舗で販売されていましたが、のちにブランドはマツダの集約されて現在に続く「マツダ ロードスター」になっています。
光の映り込みまで計算した局面で構成されたボディや日本の伝統芸能である「能面」を意識したフロントマスク、江戸時代の両替商が使った分銅をイメージしたリアコンビネーションランプなど、随所に「和」のテイストが散りばめられています。イギリス製旧車と日本の古典文化の合作による最新鋭スポーツカーというべき車で、その優れたデザインと機能性から、リアコンビネーションランプはニューヨーク近代美術館に永久収蔵されているのです。

ダイハツの珍しい車

ダイハツの珍しい車である「リーザ」はダイハツ工業が製造し、販売していたスペシャルティカー型の軽自動車です。1986年の12月に販売が開始され、当初はセダンとバンの2本仕立てでした。1990年には、ミラのフルモデルチェンジ、ハイゼット、アトレーの新規格化対応のためリーザの対応が遅れ、しばらくの間は550CCの旧規格で販売されていましたが半年後にようやく新規格化されました。
ボディは550 cc時代と同じですが、エンジンおよび駆動系統は3代目ミラと共通で、前後バンパー形状も変更され、全長が約100 mm延長されました。また他にも、アプローズはダイハツ工場が生産・販売した小型5ドアセダンで、ダイハツ・シャルマンの後継車種および同社のフラグシップモデルとして登場し、1999年まで生産が行われ2000年まで販売が行われていました。
エンジンはHD型、1589cc直列4気筒SOHCエンジンでEFI仕様と電子制御キャブレター仕様があり、最高出力は前者が120馬力、後者は97馬力となっています。

他にも珍しい車

mujicar1000は日産自動車が製造した乗用車であり、K11型マーチのバリエーションの一つです。「無印良品」を展開する良品計画が企画し、販売、実際の納車や整備のサービスは日産のディーラーが担当しています。マーチK11型をベースとした内外装を簡素化する一方で、UVカット断熱グリーンガラス、オゾンセーフエアコン等の快適装備は残されている等随所にこだわりが見られたモデルです。
他にも、「ボルボ」という車がありますボルボという自動車メーカーは北欧スウェーデンに本拠地を置いているメーカーですが、ボルボの車にはドイツ車やフランス車にはない魅力がたくさん詰まっています。ボルボは昔から安全性には定評のあるメーカーで、「世界一安全なファミリーカー」という代名詞を持っています。
初期のころからボルボの車の設計には「ヘラジカとの衝突」を考慮した設計がなされており、必然車の耐久性や安全性は高いものだったのです。昔のボルボは外観からして非常に質実剛健で、ボルボ240などの直線だけで作られたかのようなボディはそれだけで壊れにくさを表現しており、衝突安全性では他社を寄せ付けないほどの性能を誇った歴史があります。
他の車は「ナッシュ」があります。ナッシュのカタログには「Great cars since 1902」とありますが、ナッシュモーター社(Nash Motor Co.)の設立は1917年であり、これは前身のトーマス B. ジェフェリー社(Thomas B. Jeffery Co.)の設立にさかのぼったものでした。
広い室内はナッシュのセールスポイントの一つでもありました。また、ステアリングポストの上に装着された砲弾型のインストゥルメントポッドには注目したいところです。
「車 公式ページ」の画像検索結果
【画像ページ引用〜〜(https://www.pinterest.jp/pin/467107792586049216/)〜〜】

自分で車を珍しくカスタマイズ

GT使用にカスタマイズ

「GT」というのは、イタリア語の「グランツーリスモ」の略で、もともとは長距離走行に適した高性能な車の意味でしたが、現在ではレースに参加しても通用するくらいの高性能なスポーツカーといった意味です。スポーツカーとはいっても排気量も多い比較的高級なスポーツカーといった位置づけになります。
どういった点を改造、ドレスアップするのかというと、外装パーツは「エアロパーツ、アルミホイール、車高調、マフラー、カーボン製ネット」というようなパーツを装着します。内装パーツは「ステアリング、シフトノブ、カーボンパネル、バケットシート」といったものをスポーツタイプのものと交換します。全てのパーツを交換するというわけではなく、気に入ったものだけを交換するという方法で大丈夫です。
GT仕様にする車種は、スポーツカー一般はもちろんのこと、それ以外でもコンパクトカーからセダンやミニバンなどでもGT仕様にかっこよく仕上げることができます。

峠使用にカスタマイズ

峠仕様は峠などカーブの多い山道を走るのに適したような車にするための改造のことです。ドリフト走行を志向した仕様ともいえます。GT車に比べると手ごろな値段の車種に多く見られます。外装としては、「エアロパーツ、アルミホイール、車高調、ネガティブキャンバー、ストラットタワーバー、スタビライザー、マフラー」といった部分を装着すると良いでしょう。
内装の部分としては、「ステアリング、シフトノブ、カーボンパネル、バケットシート、ロールケージ」といったパーツをスポーツタイプのものに交換すると良いでしょう。

VIP仕様にカスタマイズ

VIP仕様の車は、VIPカーともいわれ、主に高級車とドレスアップしたものです。比較的コワモテなイメージを好む若者に多くみられる仕様となっています。トヨタのセルシオやマジェスタ、クラウン、日産のシーマやフーガなどの高級セダンが主流です。
外装パーツのポイントは、スポーツタイプの改造と弄る部分は共通点が多いですが、VIP使用の場合はスポーツタイプのパーツではなくエレガントに見えるスタイリング重視のパーツを取り付けることが多くなります。スタオル重視のパーツを装着し、できるだけゴージャスに見える様ような工夫をしましょう。
車高を落とし、メッキされた大径ホイールを履くなどは定番の形になってきています。内装の部分としては、「ステアリング、シフトノブ、フロントテーブル、ウッドパネル、レザーシートカバー」といったパーツを装着し、室内をラグジュアリーな雰囲気にします。

ショップに委託してカスタムする

車を専門ショップにもっていき、カスタムしてもらう方法もあります。これなら自分で部品を買ったり、部品を取り付けたりする手間を省けるので忙しくてなかなか時間が取れないという方にもおすすめですし、そこまで知識がない人でも安心してお願いすることができます。費用は使う部品によって大きく変動がありますので場合によってはとても高額になる可能性があります。そこだけは注意が必要です。

自分でカスタムする

車を自分でカスタムするという方法もあります。部品を一から揃えるため費用はそれなりにかかってしまいますが、位置から自分の手でやるので車に対する愛着が湧きやすく、自分が納得するまで弄ることができます。また、友人が持っている部品が車に適合すればそちらを使うことも可能ですので、費用を抑えることも可能になります。自分でカスタムする場合には、まずは同じ趣味を持った友人などに相談してみましょう。

ドレスアップツールの入手方法

まず、初心者でも簡単にできるドレスアップツールといったら付けたりかぶせたりすることですよね。最初にできる簡単なところはハンドルとダッシュボードマットなどです。フロアマットは交換するだけで簡単にできます。こういったアイテムはネットショップや、部品などの専門店、カーショップなどで比較的簡単に手に入ります。好みのものを探して取り付けてみましょう。

【画像ページ引用〜〜(https://car.kurumagt.com/2017-18.html)〜〜】

珍しい車で人より差を付ける

珍しい車は人の目を惹き、他の人より大きな差をつけることができます。他の人と違う車を所有しているということは、周りから一目置かれ、自分にも大きな自信を付けるきっかけになります。自分の個性を主張することができる珍しい車を手に入れてワンランク上の男になりましょう。

category

記事カテゴリー