キャンプでの調理器具を詳しく知ってソロキャンプ始めてみませんか

キャンプでの調理器具を詳しく知ってソロキャンプ始めてみませんか

CAMP 2018.06.17

こちらの記事では、まだキャンプを始めた事がない方やご家族やご友人と行くのはまだ心配な方、ソロキャンプにハマっていて本格的なキャンプをしたいとお考えの方に向け、最低限キャンプに必要な調理器具とおすすめの調理器具をご紹介していきたいと思います。

Share :

キャンプ料理をするなら調理器具から

キャンプは何と言っても料理ですよね。キャンプでの一番の醍醐味でしょう。そこで、料理に欠かせないのは調理器具です。調理器具がなければおいしい料理は作れません。そして、お料理は火を通さないと食べられない物ばかりです。
もちろんキャンプは家の外で行うものなので、普段家庭で使用しているようなガスコンロもしくはIHコンロは使えません。そこでまずは、キャンプでの火熾し器具をご紹介していきたいと思います。

キャンプに揃えたい調理器具とは

キャンプの楽しみと言えば、自分たちで作る料理ですね。バーベキューやカレーなどを作って楽しみたいものです。そんな時に使える調理器具のことを見ていきたいと思います。

家庭と同じように調理可能なガスバーナー

ここで紹介するのは、専用のガスをコンロにセットし、1回つまみを捻るだけで点火する事が出来るコンロです。多くの人は、枝木等で自分で火を熾さなければならなく、時間と労力を使ってしまう。と思っていませんか。
それは一昔前の事であり、現在の文化ではこちらの、ガスをセット→点火→ガスが切れたら交換のこれだけの動作で簡単に火を熾せてしまうのです。そうする事により、時間を節約出来、自らの疲労も軽減されていきます。

アウトドア専用の鍋のクッカーとは

クッカーには、深型・浅型の2種類があり、ソロキャンプでは深型を選ぶとより楽しくなるでしょう。深型は名前の通り、底が深く横幅は狭いので1人分の料理が作りやすいのが特徴で、逆に浅型は底は浅く、横幅があり深型に比べて量が入り、複数人での料理を作りやすいのが特徴です。ただ深型は底が深い分、火が全体に通りづらい為、炒め物や煮込み料理をされる際は浅型を選ぶとよいでしょう。

キャンプに欠かせないバーベキューグリル

キャンプ料理といえばやっぱりお肉ですよね。でもお肉だけではなく野菜も多めに取りたい方必見です。お肉・野菜を焼くにはバーベキューグリルが必要です。バーベキューグリルは一般的には卓上タイプと脚付きタイプがあります。どちらも焼き方は簡単。
まずグリルの中に着火剤と言われる炭を入れ、網を敷きその上に食材を置くだけ!それだけでおいしいお肉や野菜を焼く事が出来ます。もう1つ蓋付きタイプの物もあるのですが、卓上タイプと脚付きタイプに比べ、少し焼き方が複雑です。
蓋付きタイプでは燻製が手軽に出来ちゃうので料理の幅が増え、本格的なキャンプを楽しむ事ができます。慣れてきたらこちらも挑戦していくとよいでしょう。

キャンプの調理器具でおすすめなガスバーナー

キャンプでは火をおこして料理をするときもありますが、ガスバーナーを使う方法もあります。いろんな種類のガスバーナーがありますのがどのような種類のものが良いのでしょうか。

スノーピーク ギガパワーツーバーナー液出し


こちらのツーバーナー、2ヶ所コンロがあり同時に2つの料理を楽しむ事が出来ます。火力調節機能が付いており、自分の好きな火力で焼く事が出来、かつ火力も強く継続してその火力を維持する事が出来る商品です。

収納ケース(別売り)があれば、持ち運びにも便利!キャンプに行くのはどうしても手荷物が多くなってしまいがちですよね。そんな時に専用の収納ケースがあれば、お出かけの際に置き場所に困らないのと両手が塞がらず持ち運びが出来るのも魅力の1つです。

ユニフレーム ツインバーナー


高火力からとろ火まで自由自在に調節でき、焼きすぎ生焼けにも困らず対応できます。軽量で持ち運びには便利で開閉式となっており、その蓋までもが取り外し可能になっている為、料理の際邪魔になるような心配もないでしょう。また、サイドには風防も備わっており、風除けにもなります。また、取っ手部分のハンドルにも調理器具をかける事が出来、料理好きな方には魅力的だと思います。

ソト ハイパワー2バーナー


こちらは、カセットボンベタイプの物であり、このタイプを使われている方が多くいらっしゃるのかもしれません。しかしこちらは一般的なカセットボンベタイプの物とは違い、ガスシンクロナスシステムを搭載しております。ガスシンクロナスシステムとは、2本のボンベを同時に2つのバーナーへとガスを送るシステムです。そうする事により長時間、安定した火力を保つ事が出来ます。

キャンプで使う調理器具のクッカー

普段ご家庭で料理をされる方は、鍋を使うと思いますが、キャンプでももちろん鍋は必要です。ただ、キャンプでは専用の鍋があり、それをクッカーと呼びます。クッカーには、様々な形や素材があり、料理の種類によって合うクッカー・合わないクッカーがあります。ここではソロキャンプを考えている方を視野に入れ、おすすめのクッカーを紹介していきます。

ユニフレーム fan5 DX


キャンプ料理で重宝してしまう5つの調理器具が1つにまとまった一品!ライスクッカー・フライパン・大なべ・片手鍋・メッシュバスケット。どれもあれば便利な物ばかりです。キャンプだけではなく、日常的にも使えるのでキャンプ後も引き続きご自宅で使用されてみてはいかかでしょうか?毎日がキャンプ感を味わえると思いますよ。

モンベル アルパインクッカー


とても軽く持ち運びにも便利なクッカーセット。アルミ製商品は熱伝導性が高く、熱が全体に通りやすく料理もしやすいのが魅力の一つです。フライパンとセットになっており、こちら1つあればお料理の幅が広がりますね。日常的にも使えてとても便利なので、この機会にご使用してみてはいかがでしょうか?お料理をあまりやったことがない方や、お料理をする事が大好きな方でも嬉しい商品だと思います。

ソト ナビゲータークックシステム


特殊な加工で出来ており、耐食性・耐摩耗性に優れており衝撃にも耐えられる商品。蓋の上部には湯切り機能まで備わっており、インスタントラーメン等多くの食材に対応していてとてもおすすめの一品です。
専用の保温ケースがあり、収納スペースにも困らなく持ち運びも楽々で温かいまま食材を持ち運びでき、とても便利です。様々な機能が備わっているので、ソロでキャンプを始めてみたい方・キャンプ料理をあまり作った事がない方など、どなたでも満足してご使用いただけるかと思います。

おすすめなバーベキューグリル

バーベキューグリルがあればとても便利です。火をおこしたりする手間も省けますし、火力調整が自由に出来たり掃除も簡単にできたりするので持っていると便利です。

ユニフレーム ファイアグリル


UNIFLAME(ユニフレーム)のファイアグリル。手軽に焚火・バーベキュー・ダッチオーブンが楽しめる商品です。多くの方には組み立てが面倒!でキャンプを断念する事があるかもしれませんが、こちらはとても簡単です。脚を開き、炉や網を乗せるだけのコンパクトかつ楽にキャンプを楽しむ事が出来ます。2台同時使用も出来る為、焚火と料理同時に楽しむ事も楽しみの1つです。

ロゴス バーベキューコンロ


お掃除カバーがセットになっており、調理後のお手入れが簡単!カバーをはずしたら残灰ごと丸めて捨てるだけ。お手入れが苦手な方でもすぐに出来ちゃいます。また火力も2段階に調節出来、火種との距離を遠距離・近距離で選択出来、食材によっても使い分けられます。またステンレス製でできており、錆びにくいので日々のお手入れも楽々で長くご使用いただける商品かと思います。

モノラル バーベキューコンロ


耐久性があり、焚火や焚火台に網をかければ調理にもご使用になれます。組み立ても簡単!!4隅のフックにひっかけるだけ!手軽に始められる商品です。またメッシュで出来ており、通気性が高い為簡単に火を熾す事ができるでしょう。

好みの調理器具でキャンプを楽しもう

ここまで、ソロでもキャンプが楽しめる調理器具をご紹介して来ましたが、使ってみたいと思える物はありましたか?もしありましたら、自分に合った調理器具で自分だけのこだわりある調理器具で自分だけの本格的なキャンプを始めてみましょう。自分に合った物を選べば、自ずとキャンプを楽しむ事が出来るでしょう。人生は一度きり、いざLet’sソロキャンプ。

category

記事カテゴリー