自転車で世界一周を計画しよう。その準備方法やメリットと注意事項

自転車で世界一周を計画しよう。その準備方法やメリットと注意事項

CYCLING 2018.06.10

一度は夢見る世界一周。今回は自転車での世界一周について見ていきます。大変そうなイメージもありますが、自転車で世界一周することのメリットはどのようなものなのでしょうか?また何に気を付けるべきなのか、など気になることについても解説します。

Share :

自転車で世界一周をしてみませんか

あなたは世界一周をしたいと思ったことはありますか?自分の足で世界各国をめぐってその風土を肌で感じる、ロマンあふれるこの「世界一周」は一度してみたいものです。
しかし、世界一周するのにはさまざまな方法があります。今回は、自転車での世界一周について見ていきます!自転車で世界一周することのメリットや楽しさ、などについて見ていきましょう。

自転車で世界一周をするメリット

自転車で世界一周すのは一見大変そうですが、メリットは沢山あります。自転車で行くことによって得られるメリットなどがあるので、それぞれ見ていきましょう。

旅の費用を抑えられる

世界一周するのには、いろいろな方法があります。一番早い方法の飛行機で一周することも世界一周になります。他にも、現地の車を使ったり公共機関を使ったりなどいろいろとありますが、どれもお金がかかってしまします。世界一周するに当たりおそらくほとんどの時間が移動に費やされます。場合によっては、何千キロもずっと移動しなければならないなどということもあり、移動費だけでもかなりの値段になってしまします。
しかし、自転車で世界一周すると移動費を節約することができます。しいて費用がかかるものと言えば、国を移動する際に、飛行機などを利用するぐらいです。主な移動方法は自転車となるので、移動費のお金を数十万円ほど浮かせることができます。

世界の景色をゆっくり堪能できる

自分のペースで自転車で走ると、乗り物よりも遅いスピードの自転車は、景色を思うがままに楽しむことができます。乗り物で景色が過ぎ去ってしまいますが、自転車であれば一つ一つの景色を肌に感じて楽しむことができます。
このようにゆっくりを旅を楽しむということは、自転車ならではのメリットです。一つ一つの景色をじっくりと楽しみながら世界一周をしたい人には、自転車での世界一周がおすすめです。

現地の人との距離が近い

自転車での移動であれば、現地での買い物をしたり宿を借りる機会もあり、現地の人と触れあう機会は多くなります。つまり、いろいろな国で現地の人たちと目を合わせてじっくり話をしたり、現地の食べ物を食べて、その国の風土などを肌でしっかりと感じることができるのです。
いろいろな国の人と関われる機会は、人生においてそれほどたくさんはありません。このような経験は一生の財産にすることができるのではないでしょうか。


自転車で世界一周をするための準備

世界一周をするにあたって入念な準備は最も必要です。自転車で世界一周するとなると、それなりに荷物も増えます。しっかりと事前に準備をしなければ、世界一周が達成できない可能性もあるので、しっかりと準備をしておきましょう。

費用はおおよそ1年で100万円程度

費用は全体でおおよそ100万円ほど必要になります。
主に使うものは、
・食費:死活問題なので、現地で買う必要があります。
・移動費:海の間などは移動できないので、飛行機を使う必要もある。また、部分によっては自転車で走行できないような場所もあるので、そういった時には交通機関を使う必要があります。
・宿代:寝泊りするのには、キャンプしたり、場合によっては現地の人に泊めてもらえる場合があります。、それ以外は、野宿するのが厳しいときには、どこかで宿を借りる必要があります。
・保険:海外に行くので何があるかわかりません。自分で保険に加入して払い続ける必要があります。
・予防接種:現地で流行りの病気に感染してしまう可能性があります。観戦してしまったら世界一周はまず無理になってしまいます。予防接種は必ず行うようにしましょう。
主に上記のようなことで、お金がかかってきます。他にもお金が必要な場面が発生しますので、出発前に事前に調べておきましょう。

日常英会話をマスターしておく

海外に行く場合、日本語が通用する国は殆どありません。また、自転車での世界一周となると、現地の人との触れある機会が多数でてきます。普段現地の人と話したり、買い物や頼み事などをする時には日常英会話をマスターする必要があります。自転車での世界一周を目指すのであれば、まずは英会話のスクールに通いましょう。

ブログや本で情報収集をしておく

旅行情報や世界情報について、何も知らない状態で世界一周を目指すことは危険があります。事前のリサーチは必須でしょう。このようなときに見ておきたいのが旅行ブログと本です。
ブログには、実際に日本人が自転車で世界一周した人の体験を載せたものもあり、現地の情報を知ることができます。また、実際の写真を見たり、楽しいイベントや観光地などや気を付けたいことなど、いろいろ勉強できるのです。そして、何よりも自転車で世界一周するといったことが、より具体的にイメージでき、実感が湧いてきますね。
旅行本は、専門家の人が詳しく書いているので、自転車で世界一周する際に必要な装備や知っておくべき情報を得ることができます。実際にトラブルに巻き込まれて、知らなかったでは済まされないこともあるので、必ず読んでおきましょう。

予防接種を打っておく

海外には危険な病気があります。もし旅行中にかかってしまったら、最悪死に至るケースもあるので絶対に予防接種はしておきましょう。予防接種は・狂犬病・肝炎・黄熱病など、人によって様々です。自分が行く国を事前に調べて必要な予防接種は必ず受けておきましょう。
基本的には日本にいる間に予防接種を受けておくことが確実に安心です。しかし、海外で予防接種を受けると安上がりにできることもあります。どのように対策していくかどうかは人によって違いますが、日本にいるうちに受けておくと安心といえます。また、国によっては入国の際に予防接種の証明書が必要になるので、証明書を必ず持っていくようにしましょう。

公的手続きを忘れずに

海外に渡航するときには、パスポートの発行は確実にしていきましょう。パスポートはビザの取得やスタンプで余白がどんどんなくなっていきますので、ページが最後になれば新たに発行しなければなりません。その費用は2,500円ほどです。また、保険は海外旅行保険に加入することをおすすめします。自転車での旅は危険で行く先には何があるかわかりません。
海外旅行保険は1年間で10万と少しですが、必ず加入しておきましょう。それ以外には、携帯などが必要になります。海外で使用するとかなり費用がかかってしまうため、解約してSIMフリーの携帯を持っていく人も多くなっています。この他にも世界一周するために必要な手続きは、いろいろあるので事前に調べておきましょう。


おすすめの自転車

世界一周をするとなると、相当な距離を自転車で移動することになります。それことからも、自転車は適当に選んではいけません。しっかりとしたものを使うようにしましょう。ここでは、自転車での旅をするときにおすすめしたい自転車ついて解説しますので、選ぶときの参考にしましょう。

旅用自転車のランドナー

旅用の自転車として人気なランドナー。このランドナーが人気なの理由は、様々な機能が旅に向いているからです。まず最初はフレームについてです。このランドナーのフレームには「クロモリ」という素材が使われています。このクロモリは柔らかくて衝撃を吸収、そして乗り心地を良くしてくれます。
長距離を走るので、乗り心地はとても重要ですね。また、破損した場合でもある程度であれば、溶接で修理することができます。そして、泥除けとキャリアが付いているのも特徴です。世界一周なので、雨の日や濡れている所を走る事があります。そのたびに、リュックが泥だらけになってしまっていたら、あまり良い気分にはなれません。そういったときに泥除けがあると、泥から背中を守ってくれるのでとても便利です。
また、キャリアとは荷台のことで、サイドバックなどを取り付けられます。このサイドバックは、自転車に付けるバックのことで、世界一周するのであれば必要になるアイテムです。他にもランドナーには色々な機能がありますが、旅に向いている機能が充実しているのでおすすめしたいシリーズです。

海外でも入手できるマウンテンバイク

マウンテンバイクは、平らな道路でなくてもしっかりと安定して走ることができます。ロードバイクなどと比べると、コンクリートの平地の道路を走るには遅くなってしまいますが、砂利道や土などの安定しないような場所もしっかりと走ることができるので、マウンテンバイクは自転車の旅におすすめです。海外でも入手できるので、壊れてしまったときにも、修理できたり新しく買い直すこともできるというメリットがあります。

コスパ抜群のママチャリ

長距離を乗るときに、あまり向いていない自転車といえばママチャリですが、コスパは抜群です。世界一周もの距離を走るとなると、たとえ良い自転車でも修理が必要になったり、新しく買い直す必要がでてきます。こういった面で考えると、安く手に入り乗り捨てしやすいママチャリは、世界一周に向いているかもしれませんね。実際にママチャリで世界一周している人もいるので、興味があれば是非一度、調べてみてください。


自転車旅の注意点

自転車旅にはいろいろと気を付けたい点があります。自転車旅は楽しいですが、その反面注意すべき点もあるので、しっかりと自分で理解してその対策を立てるようにしましょう。

スペアが無いので修理用品が必要

自転車でずっと走って旅をしていると、壊れてしまう可能性もあり、その場所の周辺に自転車屋がないこともあります。その場合は自分で修理する必要がでてきます。自転車での旅は、自分で自転車の修理ができるようにならなければいけないので、自転車の知識と修理用品や変えのタイヤなどの部品を持っていく必要があります。

道路情報が少ない

自転車での旅なので、各国のどういった道を走るかが重要になってきます。しかし日本国内とは違い、詳しい道路情報は現地ではなかなか手に入りません。グーグルアースのストリートビューなどではある程度知ることができますが、世界一周ともなると手間がかかってしまいます。
また世界一周の際には、実際に走る計画をしているルートが自転車が走行可能な道なのかは、とても重要になってきます。自転車で走るルートは、細かく計画して道路の情報などは必ず調べておきましょう。

自転車で世界を旅しよう

ここまで自転車で世界一周をする際のさまざまな情報について解説してきました。自転車で世界一周するということは、危険な目に遭ったり大変なこともあるものですが、それ以上に旅をする楽しさや人生経験として素晴らしいものを積める貴重な体験でもあるのではないでしょうか。
ゆったりとした時間を過ごし、さまざまな好奇心を刺激する、そして世界中の人と交流ができる自転車の旅。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

category

記事カテゴリー