仕事辞めたい。その悩みを真剣に考える。

仕事辞めたい。その悩みを真剣に考える。

未分類 2018.05.04

Share :

当てはまったら要注意。仕事を変えたほうがいいと思うポイント


あなたは普段どんな気持ちで仕事をしていますか。
仕事を辞めたいと思う瞬間っていくつもあると思います。
「仕事が面白くない」
「仕事ができないので、上司から怒られる」
「人間関係が最悪だ」

などなど仕事を辞めたい理由はたくさんあると思います。

そのままストレスを抱えて、仕事を続けるのは思いの外辛いことも多く、
仕事に身が入らない、失敗を繰り返して、怒られるなどの悪循環に突入することがあります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

仕事を辞めたいと思うときはこんなのではないでしょうか。

とにかく仕事がつまらない

繰り返し仕事ほど辛くて退屈なものはないかもしれません。

具体的には、単純作業を繰り返す場合です。
ライン作業や、書類整理、お客様対応などは、ひたすら同じ作業を繰り返すために、マンネリ化して退屈に感じしてしまうことがあります。

さらに、単純作業を繰り返すだけでなく、
例えば、プロジェクトが1周して、同じことを繰り返すケースです。
その刺激も少なく、得られることが少ないため、必然と「つまらない」「単調だ」と思いがちです。

それは、自分が成長や経験を積んでいるため、同じ繰り返しに満足できなくなっているのではないでしょうか。

もちろん、性格的に、同じ作業を繰り返している方が好きという方もいるので、必ずしも一概には言えないでしょう。

仕事でミスを繰り返す

誰しもが仕事でミスをすることはあると思います。
その度に「失敗したな。仕事辞めたいな」と思うことも多いかと思います。

その辞めたいと思う理由として、失敗そのものではなく、
周囲からの視線や、上司からの叱責などが加わるとより居づらくなって仕事を辞めたいと考えがちです。

また失敗そのものに対しても、「なんでこんなミスをしたのか」と落ち込むときがあります。
それは、自分自身が、できると思いこんでいるからです。

よく理由を考えると、職場や仕事内容が合っていないケースがほとんどです。
本来大雑把な性格なのに、細かいチェックが必要な作業をしている。一方で、細かい性格で大胆な仕事ができないなど、
会社や組織の中で、自分自身が思う居心地のよい仕事とは、かけ離れてる場合が多くあります。

上司との相性が悪い

上司と相性が悪い場合は最悪です。
こればかりはなかなか自分の意思で変えられるものではないからです。
相性が理由は大きく分けて2つあります。

まずひとつめは、仕事の進め方や、
これは中途採用者にありがちで、前職での仕事の進め方でやっている場合、同じ業界であっても通用しないことがあります。
この場合は、

次に、仕事の進め方だけでなく、感情的に合わないケースです。
人間的に相性が悪いこと、会話のテンポが合わない、合わなそう。
そうしたケースは実際によくあり、相性が良かったと思う上司が急に合わなくなることもあります。

上司と部下の関係だからと割り切ることもできますが、一日の大半をその上司と過ごすわけですから、
早めに見切りをつけた方が良いです。

人間関係が最悪だ

上司の相性だけでなく、同僚などと人間関係が悪い場合があります。

それには、直接的な影響と間接的な影響があり、
例えば、
「会社に派閥があって仕事が進まない」
「お局さまからイジメを受けている」
など直接影響を受けている場合と、

同僚が職場いじめを受けているなど間接的に嫌な空気になっていることがあります。

いつまでたってもスキルアップしない

スキルアップしない場合は、自分が思い込んでるだけと、実際に努力が足りないケースです。
スキルが足らないと思い込んでいるのは、あくまで周りと比較してデキるデキないということなのです。
絶対に、自分自身がどうありたいか、どういうスキルを身に着けたいかで考えるべきなのです。

また、努力不足について、
世の中、難しい仕事というのは、よほどの専門職や上位職でない限りなく、本来、スキルアップは必要ないことがほとんどです。
それは、単純に仕事の達成に向けて、必要な努力を怠っているときと注意不足から発生します。

日本の統計では、78%以上が職場で仕事をすることで、スキルを習得しているため、
その企業にあった仕事の仕方を身に着け、それを最適化をしているに過ぎません。
職場環境を変えることで、また身につくスキルが変わってくるということです。

年収低いと感じている

サラリーマンである以上、年収は自分でコントロールすることが難しいです。
営業などは、目標に達成したなどでえ年収がアップする場合がありますが、具体的な金額まで自分で決めることは難しいです。

さらに、年収は周りに聞きにくいため、思った以上に低い年収で働いている場合があります。
シンクタンクが行った2016年の最新の統計結果では、61%の人が市場価値より実際の年収が低い結果となっています。

今の年収が自分に適正か、もっと上げることはまずは、自分の市場価値を知ることが重要です。

▼関連記事
仕事が辛くて辞めたいときに見る!失敗しない転職方法まとめ|EXTRY

仕事を辞めたいと思ったらまずすること

まずは自分の辞めたい理由を整理する

仕事を辞めたいと思ったら、まずは自分がどうして仕事を辞めたいと思ったか、整理して考えてみましょう。

辞めたいと思ったのはいつからですか?理由は人間関係、仕事内容、待遇、家庭の事情などさまざまだと思います。

理由をしっかりと整理し、できれば書き出してみることで、その理由が本当に現在の仕事を辞めるに値するものか見えてくるものがあるでしょう。

過去の成功体験を振り返る

過去の成功体験を振り返ることも重要です。
それは、具体的な仕事内容を思い浮かべることではありません。
一般的には、成功体験と言うと、
「営業の仕事が楽しかった」とか、
「文章を書く仕事が好きだ。」となりがちですが、そうではありません。

具体的なこととは、
「何人くらいのチームで仕事していたときに満足していたか」
「結果の出るスパンはすぐに出るほうが満足感を得られるか、それとも長期で3年以上で結果が見える方が好きか」
「人を動かす方がうまくいったか、自分が動く方がうまくいったか」を過去の体験から具体的に連想するのです。

1人で仕事をした方が成果が出やすい人と、100人の分業で成果が出る人は違うのです。
また、デイトレーダーのように1日や数時間単位で結果がでる領域と、地域貢献のように何年もかけて成果がでる領域では、
仕事の進め方も異なります。

もし、それを具体的に考えるとするなら、「2人のチームで、事業を立ち上げて、1ヶ月で成功させた」という風にです。
なぜなら、同じことは2度と起きないのですし、同じ人と仕事をすることはまずありえません。
なので、どういう状況で仕事をしたら成功(居心地がよかった)かを振り返る方がいいのです。

たくさんの人からアドバイスをもらう

たくさんの人からアドバイスをもらうことはとても重要になります。
アドバイスしてもらうことはたった2つです。

まずひとつ目は、自分がどういうタイプであるかという評価です。
先に挙げたように、成功体験から自分のタイプであるかを評価してもらうのです。
同じ職場の同僚に聞きにくいと思いますので、転職サイトで
こうした人材会社が運営している市場価値評価サイトを使うのも手です。

次に確認することは、転職の市場を調べることです。
ある程度、自分のタイプと職種がわかったので、どこの会社か、どんなチームかをヒアリングしていきましょう。
できれば、先輩や業界に詳しい人にヒアリングできればベストですが、なかなか聞きづらいこともあると思います。
例えば、今ですとこうしたマッチングサイトがあるので、そこで相談をしてみましょう。

転職の情報を収集をする

転職市場の情報を知ることは重要です。

知るポイントは3つです。それも具体的に知ることが重要です。
企業名と会社の雰囲気、事業内容、仕事内容です。

まずひとつ目に、企業名は重要です。
どんな企業に就職するのか、会社規模はどれくらいかを知りましょう。
先程も書いたように、自分の居心地のいい人数で仕事するには、大企業でチームで仕事していくのか、
それとも、ベンチャー企業のような小さな組織で、裁量権をもって少人数のチームで仕事していくのか、
異なるからです。

次に、事業部によっても異なるでしょう。
大きな会社になると、同じ会社全く異なる事業を展開していることがあります。
その場合、事業部単位で、仕事の仕方やチームの雰囲気を知るべきだと思います。

最後に、仕事内容です。
仕事内容は、確認することがたくさんあります。
「業務内容」
「ミッションは何か」
「新任か後任か」
「役割は何か」
「裁量はどれくらいか」
「自分で考えて動くか、誰かの指示を元に動くのか」
などを確認してみましょう。

よくあることとして、転職の場合、現在の給与をベースに交渉していくことが一般的なので、
提示されている給料レンジを把握しても意味がないと思います。

スキルを棚卸しする。

自分のできることを書き出してみて、スキルの棚卸しをしましょう。
重要なのは、「ビジネススキル」「個別スキル」で判定すべきでしょう。

「ビジネススキル」は、どんな仕事にも通用すること。
例えば、営業力、対外折衝力、パソコンスキル、調整力、数字力などビジネスマンとして必要な一般的なスキルのことです。
それはある程度、社会人経験があれば、会得できるものかと思います。
また、マネジメント力もビジネススキルとなります。
このあたりは、職種によって異なるので、今までの経験を元に洗い出してみましょう。

「個別スキル」とは、その職種で必要とされるスキルのことです。
例えば、営業であれば、新規顧客の開拓方法、既存顧客のアップセル方法など、
デザイナーであれば、デザイン手法や改善手法のことです。(したがってPhotoshopが扱えるというのは個別スキルではありません。)
転職の場合、レベル感が問われるので、実績を元に洗い出してみましょう。

そして、このスキルセットについては、
ぜひ他者からアドバイスを受けるようにしてみてください。

そんな人はまず自分の市場価値を知りましょう

自分の市場価値を調べる意味とは?

これまで書いたように、転職する理由が明確になって、
転職するには自分の市場価値を把握しておくことが重要ということがわかりました。

今すぐに転職する意思がないとしても、いつ仕事を辞めたくなるかわかりません。
不安になったらセーフティネットを張る意味でも、自分のスキルの洗い出しと、市場価値を把握しておくことだけでもしておくべきだと思います。

いつでも転職できると思っていた方が、気持ちが楽になるのです。
後先ないと思っていると、今の環境が辛くても、しがみ付かないといけないと思って、もっと辛くなると思ってしまうのです。
だから、いつでも辞めてやるくらいの気持ちのほうがラクに過ごせるのです。

どうやって自分の市場価値を調べるのか

市場価値を調べる方法は3つです。

無料転職サイトを使ってみる

まずは、転職サイトで出ている求人から比較する方法です。
転職サイトは、誰でも簡単に登録できるので、
登録して、実際にどんな求人案件が出ているかを調べてみるのがいいでしょう。
特にたくさん求人を持っているサイトの方が良いでしょう。登録や利用は完全無料です。

特にリクナビネクストに登録すると、転職であなたの強みを診断してくれる「グッドポイント診断」を
オンラインで無料でテストしてみることができます。



無料の転職診断を使う

もう一つは、転職サイトが出している自分診断で把握すること。
おおよそ10分くらいで、登録できるのでおすすめです。これまでブラックボックスだった、
適正年収や、強みや弱みを理解できることも大きなメリットです。
別に今すぐ転職をしなくても良く、結果だけを知ることができるので、おすすめです。
他の転職者と比べて自分がどうなのか、そもそも自分の現在の市場価値はどれくらいかを客観的に判断してくれます。



転職エージェントで聞いてみる

3つ目は、転職エージェントに相談をすることです。
これについては、賛否あると思いますが、まだ転職の意思が明確でなくても、
相談してみても良いでしょう。その際に、転職の意思がすぐにないことを最初に伝えておけば大丈夫です。
転職のプロに1対1で話せる時間が作れるので、客観的に分析してもらうのが良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートが運営するエージェントです。営業から事務・クリエイティブ職など幅広い案件を取り扱っています。




マイナビエージェント

非公開案件が豊富で様々な職種があります。特に、エージェントの対応で評判がよく、しっかりとキャリアプランを考えてくれます。




category

記事カテゴリー