仕事が辛くて辞めたいときに見る!失敗しない転職方法まとめ

仕事が辛くて辞めたいときに見る!失敗しない転職方法まとめ

BUSINESS 2018.05.04

Share :

仕事が辛くて辞めたいとき

今、あなたは仕事が辛いと思っていませんか?
仕事が本当に忙しい。とにかく大変!辛いなど。環境や仕事が辛いと思っている方も多いと思います。
「上司との相性が悪い」
「人間関係が良くない」
「仕事が面白くない」
「家から遠い」
「仕事でミスって居場所がない」

そんな悩みを抱えながら、無心で働き続けるのは本当に辛いですよね。
こうしたことを考えていたら、本来あなたが出すパフォーマンスが出せていないだけでなく、
居心地が悪く精神的にも負担がかかっている状態です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

最近の転職トレンドと転職方法


転職は情報との戦いです。最新の情報をきちんと手に入れて、自分自身のことと
しっかり照らし合わせて方向性を決めることが重要です。

自分の市場価値を見定める

自分の市場価値を確かめてみることが重要です。
10分でできる無料転職診断をやってみるのも良いです。
簡単な質問に回答するだけで、適正年収や強みや弱みをアドバイスしてくれます。


転職サイトに登録する。

転職サイトは無料で登録できるので、間違いなく登録しておくべきでしょう。
自分で希望を入力するだけで、希望の職種が見つかります。
また、スキルを登録しておくと、企業からのオファーが来る場合があります。

一番有名なのは、「リクナビネクスト」です。大手のリクルートが展開しているだけあり、
案件数が豊富にあります。

次に「はたらいく」なども最近案件数が増えてきたので、
ダブルで登録しておくと良いでしょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントも複数登録しておくことをおすすめします。
それぞれ強みとする企業が異なるので、多少重複はあっても、違う案件が紹介されます。

重要なのは、コンサルタントとの相性です。
ちゃんと伝えないと、全く違った求人が紹介されることがあるので、要注意です。

リクルートエージェント

リクルートが運営するエージェントです。営業から事務・クリエイティブ職など幅広い案件を取り扱っています。




マイナビエージェント

非公開案件が豊富で様々な職種があります。特に、エージェントの対応で評判がよく、しっかりとキャリアプランを考えてくれます。




なぜ仕事が辛いか振り返る

今の自分をちゃんと振り返ってみる

今の自分をしっかり振り返ってみましょう。ここでは何が原因で辞めたいのかをしっかりと考えるべきです。
「上司が合わない」「人間関係が悪い」「仕事が合わない」「退屈な仕事」逆に「長時間残業が辛い」など様々な理由があると思います。
まず、自分は何が原因で仕事が辛いのかを考えてみましょう。

ただ、深刻になる必要はありません。軽く考えてみましょう。
たいていは職場環境や人間関係が原因のことが多いのです。

その場合、自分がどうするかより、自分にとって居心地の良い職場に変えてみることも重要です。

他の人からの評価を聞いてみる

他の人からの評価を聞くことは重要です。なんとなく仕事が辛い、仕事を辞めたいと感じたときには、
信頼できる人に相談をしてみるのも良いでしょう。相談相手は、友人ではなく、職場の先輩や同僚が都合良いでしょう。

しかし、なかなか職場の人に相談をするのは難しいですよね。退職を疑われると元も子もありません。
なので、転職サイトの無料診断や、転職エージェントなど、転職のプロに相談する方法もあります。

自分のスキルを洗い出す

自分のスキルを洗い出すことは、実は結構難しく、なんとなくこれができるというのを思い浮かべるだけではありません。
これは過去の成功体験を洗い出してみましょう。

あなたは過去にどんな仕事しているときが居心地が良かったと思いますか?

例えば、
「成果は早く出る方がいいor時間をかけて結果を出すほうがいい」
「一人で黙々と仕事をする方が合っているのか、チームで仕事をする方がいいか」
「人を動かす方が向いているか、誰かに指示される方が向いているか」

などこれらのポイントを洗い出してみましょう。
そこに、どういう仕事内容をやってみたいかを考えてみましょう。

▼関連記事
仕事辞めたい。その悩みを真剣に考える。

ダメなパターン

上司の言うことだけを聞けばいいと思っている

仕事が辛い理由で多いのが上司との関係性というのがありますが、
上司のイエスマンになっておけば、認められて良い関係を築けると思っている方も多いと思います。

しかし、上司は本当にイエスマンを求めているのでしょうか。
イエスマンとは、ある種の思考停止で、何も考えなくても仕事が降ってくる。
それをこなしていけば良いということになります。

もしかして、上司は部下に大きくチャレンジすることを期待しているかもしれませんし、
成果を出してほしいと思っているかもしれません。

これを見誤ると間違った方向に進みがちです。

副業や資格を取ろうとする

給料を上げたいと思って、副業を始めたり、資格を取得して独立しようとしたりしますが、
これは大きく間違っています。

異業種からの新出で資格取得すれば、上手くいくほど世の中は簡単ではありませんし、
資格ホルダーなど山ほどいるのです。その人たちを相手に、ビジネスをしないといけません。

また副業も注意が必要です。全くの新しいビジネスを始めようとするなら、
そこの学習期間も必要ですし、今の業務の延長で副業をして、会社に発覚すると
最悪の場合、懲戒解雇となるケースもあります。

なので、副業や資格取得は慎重になるべきなのです。

残業をすれば認められると思っている

かつては、残業している分、頑張っているという評価の時代もありましたが、
今は、長時間残業が社会的にも厳しくなってきていますし、
経営者から見れば残業代も高く付きます。

それに、同じ成果を出す人なら、残業が少ない人の方が評価されるように
徐々に変化してきました。
なので、長時間残業は歓迎されないのです。

今は下積みだと思うこと

今は下積み期間で、訓練だと思っている人を見かけますが、
本番はいつ来るのでしょうか。仕事はいつでも本番なのです。

さらに、下積みの誤解としては、先輩の言うことや、本業とは関係のない仕事を続けることです。
これは、昔ながらの業界や職人に多いのですが、
新人は掃除や片付けしかやらせてもらえなかったり、
業務の一部を小出しにしてそれを何年も続けさせられたりするケースです。

それは、本業務や本来身につけたいスキルとは程遠く、何年も続けているほど
周りから遅れてしまいます。

ネット化が進んで、情報を調べようと思えばすぐに調べられますし、
勉強しようと思えば、家でもできるのです。それは特殊な機械が必要な仕事でもです。

あたなの経験を求めている企業は絶対にあります。

その辛い状況は続かない

仕事が辛い状況は長くは続きません。
シンプルに変化をしていけばよいのです。
しかし行動しない限り、今の環境や仕事内容はそのままです。
それは一歩踏み出す必要があると思います。

悪循環を断ち切る

仕事が辛い悪循環に陥っている人を見かけます。

仕事が辛いから

モチベーションが上がらない。

ミスがするようになる。

怒られてもっと辛くなる。

こうした循環を繰り返すほど、その職場に居づらくなっている方を見かけます。
そうした辛い環境に居続けるより、必ずあなたの居心地の良い職場を見つけましょう。

それは必ず見つかります。

もしものリスクヘッジをしておく

いつでも転職ができるように準備しておく

今すぐ転職意思はないとしても、いつでも転職できるように心の準備をしておきましょう。

心の準備とは、具体的に、自分の市場価値を知ることなのです。

自分の市場価値や向き不向きがわかっている場合、
万が一転職する必要に迫られた場合、すぐに動けるのです。

心のゆとりをもてる

いつでも転職できると思うと、心にゆとりが生まれます。
もし嫌になったら転職してしまえばいいのです。

ずっとこの環境に居続けないといけないと思う、逃げ場がないことが
仕事を辛くする原因の一つではないでしょうか。

なので、今すぐ転職する意思がなくても、誰もが転職の準備しておいていいのです。

意外な発見も

実は、自分の市場価値を調べることで、意外な事実がわかることもあります。
それは適正年収です。

年収は人に聞きにくいため、比較ができないことが多いです。
調べてみると、相場より全然低い給料で働いていたなんてことが分かることもあります。

なお、シンクタンクが行った2016年の調査結果では、61%の人が、
適正年収以下で働いていることが判明しています。

category

記事カテゴリー