プロテインシェイカーの選び方と正しい使い方。おすすめ26選

プロテインシェイカーの選び方と正しい使い方。おすすめ26選

LIFE STYLE 2018.07.04

プロテインを作るときに粉末を溶かす専用のシェイカーを使っている方は多いのではないでしょうか?そんなプロテインシェイカーについてその選び方や使い方おすすめのものをいくつか取り上げてその特徴をみてみましょう。

Share :

プロテインシェイカーの選び方と商品の紹介

筋トレやダイエットの強力な手助けになるプロテイン、そのプロテインをしっかりと溶かして手軽に摂取することができるプロテインシェイカーにもこだわりを持ちたいものです。プロテインシェイカーの役割やメリット、それとおすすめのものをいくつか見てみます。
プロテインはタンパク質を補給して筋肉の材料となるもので、筋トレなどの運動と一緒か直後に摂ることがベストなタイミングです。手軽に作れて補えるプロテインシェイカーは筋トレなどの際にジムに持っていきたいマストアイテム。
スマートにプロテインを作って、筋トレなどの直後にプロテインでたんぱく質を補給するようになるとより理想的なトレーニングに近づく第一歩です。そんな便利なプロテインシェーカーをいろいろみてみて、自分に合う一品を選び、日々のトレーニングに役立ててみましょう。

プロテインシェイカーの説明

プロテインシェイカーとはどのようなものであるのかその用途なども含めてみてみましょう。

粉末状のプロテインを液状にする道具

プロテインはほとんどが粉末状のものですから水や牛乳などの液体を入れて作らないといけません。このときに使うのはコップやシェイカーで、どちらにしてもしっかりと粉末が液体状になるまでかき混ぜたりシェイクしないといけないです。
プロテインが粉状になっているメリットは、保存が効くこととプロテインが酸化などに弱いことからより効果的に作ってすぐに摂取することに向いているからです。液体はよりしっかりと粉を溶かしてどろどろの状態にしたほうが身体への摂取がよりスムーズにいきます。
プロテインシェイカーはさまざまな工夫でプロテインを摂取しやすい形に変え、良質なたんぱく質を身体へと届けやすい形状にする手伝いをします。元々はアスリートなどが愛用されているものですが、近年ではダイエットなどで女性も積極的に摂るようになり、より飲みやすくスタイリッシュにジムシーンをはじめとしてどのシーンでも合うように改良されているのがプロテインシェーカーです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

作ってそのまま飲める道具でもある

作ってそのまま飲める道具であるということは余計な荷物が減ることです。最近ではジムでもプロテインを飲めるようなカフェを併設しているところもありますが、まだまだ水道しかないジムも沢山あります。また公園などでの遊具を使った筋トレが流行っているなど筋トレをする人も多様化しています。
シェイクしてそのまま飲めるタイプのシェイカーもあることで、よりいろいろな箇所でプロテインシェイカ―を使うことが楽になり、より手軽により簡単にそしてよりしっかり混ざるという工夫がされているのがこのものです。
プロテインシェイカーもその人のスタイルに合わせて多様化しており、自動で混ぜてくれるものから持ち運びに優れているものまで、いろいろな筋トレシーンのお供になりつつあります。数多くのシェイカーの中から自分のスタイルに合ったものを選べる時代です。

プロテインシェイカーを使うメリット

プロテインシェイカーを使うメリットを整理しておきましょう。プロテインシェーカーには多くなメリットがあり、しっかりと理解することでより効率的にたんぱく質を補給することができます。

ジムなどへの持ち運びが可能になる

プロテインシェーカーはバックに粉状のプロテインとその容器を持って行くだけで、持ち運びが非常に楽です。水さえ補給できれば行く先々でプロテインが簡単に作れ、その場所でプロテインを摂取することが可能に。
また漏れにくいタイプのプロテインシェイカーなら予め作っておき、そのままバックなどに入れて外へ持っていけるのも大きなメリット。最近ではデザイン性にも凝っているものが多く、ジムなどでの筋トレシーンや陸上競技の休憩シーンなどにサッと出せて手軽に良質なたんぱく質を補える優れものです。

粉末プロテインを簡単に溶かせる

タンパク質の量が多い粉末は溶かしにくいため、思い切りシェイクできるシェイカーが必要です。普通にコップなどでかき混ぜる方法では、なかなかきちんと溶けにくくダマになったりして、飲む際に不快な思いをすることが多いことでしょう。
プロテインシェイカーはその形状にもよりますが、しっかりとシェイクしてダマを作ることなく液体状にしっかりと溶かすことができます。さらに溶けて細かくされるような工夫がしてあるとよりたんぱく質の吸収がよくなることはいうまでもないことです。
最近ではプロテインもスティックになっていたり、お菓子になって配合されていたりしますが、筋トレの効果を上げるには純粋なたんぱく質を補給してあげることがベスト。特にダイエットなどを目的とする場合には効率的に筋肉をつける必要があるので、よりシェイカーで純粋なプロテインを補給することが大事です。

作ったらすぐに飲める

シェイカーで作るとコップやタンブラーへの移し替えが不要なので、作ったらすぐに飲めることや外でも荷物が増えないこと、水さえあればどこでも飲めることと洗い物が減ることが大きなメリットです。プロテインが粉状になっているのは液体状だと防腐剤などの添加物が必要になるのと、たんぱく質が酸化して劣化してしまうことからです。
プロテインが粉状になっている以上、やはりシェイカーもセットで考えるべきアイテムです。シェイカーがあることでプロテインもより効率的にのど越しよく、簡単に補給することができます。
作ったらすぐに飲めるプロテインは筋トレなどの直後に手軽にできる筋肉への栄養補給として役立ちます。作ってすぐ飲むことでより良質なたんぱく質を身体へと届けることが可能です。

プロテインシェイカーの正しい使い方

プロテインシェイカーの正しい使い方を整理しておき、しっかりとそれに沿って使ってみましょう。

水分を先に入れるのが基本

粉末プロテインは水分→粉末の順に入れて混ぜるのが基本です。このときの水分は水か冷たい牛乳が基本で、暖かいものはホエイプロテインでは変性をすることがあるのでおすすめできません。水分を先に入れることでムラなく溶けやすくなるという理由が大きなポイントです。
理由は解けたプロテインは下に沈む傾向があるので、水分を先に入れておくとよりきちんとダマなくプロテインを溶かすことができます。後に水分を入れると跳ねたりするのでそのストレスを防止するのも大事な点です。

水を入れ過ぎない

水などの入れ過ぎには注意が必要。大抵のシェイカーには目盛などがついていますからそれを参考に容器の6~7割の水分量がベストです。水分量が多いと味が薄くなり何となく味気なく、水分量が多いと溶かしにくくダマになったり、飲みにくくなるなどの弊害がでてきます。
プロテインの種類によっては若干水分量などが異なるケースがあるので、詳しくはそのプロテインの注意書きを参考にすればよいですが、基本の配合をしっかり押さえておき自分に合う濃さを調整してみましょう。

作り置きは推奨できない

プロテインの作り置きはおすすめできません。なぜなら液状になったプロテインは酸化していったり、たんぱく質を損傷していくためです。プロテインは作り置きせずすぐに飲む量を作ること。プロテインは新鮮で良質なたんぱく質をなるべく無添加なもので身体へと届けるのが役目です。
防腐剤などが入っているものもなく、液状になったらどんどん劣化するので、なるべく飲むときに遅くてもその日のうちに飲み切る分を作ることを心掛けましょう。持ち運ぶ際にも粉とシェイカーを分けて持ち運びその場の水で作ることをおすすめします。

洗浄時はパッキンの洗い残しに注意

洗浄時はパッキンの洗い残しなどに注意することが次に使う際のポイントです。特にパッキン部分はプロテインが付着しやすく洗浄しにくいので入念に洗うことが大事。容器のふちなどもしっかり洗い残しがないように注意してください。
プロテインシェイカーの形状によっては洗いにくいというものもあるかも知れませんが、たんぱく質に水分を含めたものを残しておくことが衛生的な面から見て非常に危険であることは明白です。
洗いやすさと溶かす手間とは比例しないように思うかもしれませんが、いろいろなことを考えると洗うのに手間がかからないというシェイカーは1つのメリットといえるかもしれません。洗うことも考えたうえでプロテインシェイカーを使うようにしましょう。
できることならプロテインシェイカーはプロテイン専門に使うようにして、日々のたんぱく質補給の手助けをしたいです。

プロテインシェイカーの選び方

プロテインシェイカーの選びかたにもコツがありますので、一緒に見てみてしっかり押さえてみましょう。

飲み口の狭い物を選ぶ

飲み口の狭いものを選ぶメリットは飲みやすいことが第一です。プロテインは液状のドロドロですから大口径の広口だとどうしても口の周りについたりして、それがストレスになることもあります。また周囲からみていてもあまりスマートでないので、見た目を気にするなら飲み口の狭いものを選びましょう。
ただし洗いにくいというデメリットがあるので、取り外し可能なものなどを選ぶと作る際などにも楽。狭い飲み口からプロテインが直接喉を通る感覚が好みの方はこのタイプを選ぶようにするとよいです。

蓋がついているシンプルな物を選ぶ

一説ではプロテインシェイカーは消耗品という話もでているようなことを聞くと、蓋がついているシンプルなシェイカーも選ぶ基準としては大いに検討すべきでしょう。スタイルやデザインより価格重視という方にはこちらのタイプがおすすめです。なにより洗いやすいですし乾きやすいのもメリット。
飲み口が大分広いので飲みにくいという点がありますが、そこまで苦労することはないです。プロテインを飲む頻度が少ないという方にもこのタイプのシェイカーをおすすめします。

ステンレスボール入を選ぶ

粉末をより細かく効率的に溶かすことに重視するのなら、ステンレスボール入りのシェイカーがおすすめです。中に中空のステンレスボールが入っていて、これがマドラーのような役割をして粉がよく溶けるのが特徴的。シェイクする時間がもったいない手早くスマートに飲みたいという方には選んでほしい品です。
洗浄時にステンレスボールを洗うという手間がありますが、しっかり溶けて粉が付着して洗いにくいということもないので比較的楽に洗えます。

楽に混ぜたいなら電動タイプを選ぶ

楽に混ぜたいなら電動タイプのプロテインシェイカーがあり、ミキサーのような機能を持っています。少し値段的な面が高くなってしまいますが、機能性や持ち運びなども可能と便利で手軽です。
電動タイプを選ぶと混ぜいてる時間にちょっとしたことができるようになり、忙しい人にはおすすめ。タイプにもよりますがより簡単に洗える工夫がしてあったりと価格に見合った価値を提供してくれます。

収納重視なら多機能タイプを選ぶ

一緒に持ち運ぶならついでに粉末プロテインやサプリメントなどを収納できるタイプもおすすめ。筋トレの疲労回復や滋養強壮にとサプリメントを併用している場合には、いちいちプロテインと分けて持っておくのは面倒です。
多機能タイプならいろいろな収納が一個に集約できて、荷物も減りますし、持ち運びには非常に便利。その他の機能も付いているものならお値段以上の価値が見出せるタイプです。

飲みやすいプロテインシェイカー

飲みやすさにこだわるのであれば、飲み口が狭いタイプがおすすめです。実際にはどんな商品があるのかチェックしておきましょう。

Blender Bottle クラシッククリアー 600ml


ステンレスボール入りでシェイクしやすさと小さな口径の飲み口がついたプロテインシェイカーで、トレーニングの際に小分けにして飲むのも使えますし、ジムなどのシーンにバッチリ合うボトルタイプです。
プロテインの細かさについて感じている方が多く、これを使うとクリーミーになるともっぱら人気があります。それもそのはずステンレスボールがしっかりと粉を混ぜて、口当たりのよいプロテインを実現。キャップタイプなので、片手で楽に補給できるのもいろいろな用途に使えて便利です。
蓋はしっかりと締まり漏れないという点も見逃せないです。値段以上の価値があるプロテインシェイカーでトレーニングも一層気合いが入ります。

Blender Bottle クラシックシェイカーボトル


ステンレスボール入りでしっかりと混ぜるタイプのプロテインシェイカーです。クラシックとあるようにややクラシカルな雰囲気が男性から人気があり、いろいろな用途で使われています。
注意点はプロテインより先に水分の成分を入れることで、そうしないと底のほうにプロテインが固まって溜まるのでこの点だけ注意しておきましょう。特にこれはステンレスボールがそこには届かないタイプなので必ず守る必要性があります。
蓋はしっかりと締まり持ちやすいと便利なシェイカーで、使う場所を選ばないのもメリットです。気軽にプロテインを補給することができて、より筋トレの効果を実感できることでしょう。

Kulbay Sports Pro プロテインシェイカー 650ml


ステンレスボール入りでサプリメントなどを併用している方には嬉しい、ケース付きの多機能タイプのプロテインシェイカー。口が狭い片手で操作可能な飲み口付きのボトルに、筋トレの疲労を回復するサプリメントなどを入れるのに丁度適しているサイズのオールインワンボトルです。
筋トレのときにサプリメントなどを摂取しながらおこなうというのは理に適っていて、いろいろなアスリートなどもトレーニングの疲労回復や栄養摂取を目的とするサプリメントなどを併用しています。
ステンレスボール入りのボトルはプロテインが混ざりやすく、クリーミーで飲みやすいのもメリット。黒のスタイリッシュなボトルは周囲の目を惹き、あなたの価値を高めるはずです。

SmartShake 多機能プロテインシェイカー 800ml


サプリメント等収納可能な多機能タイプのプロテインシェイカーです。三層になっているので、サプリメント、粉末プロテインなどと一緒に持ち運ぶことができるのが大きなメリットです。一流アスリートと共同開発しているそのシェイカーは、アスリート目線からさまざまな工夫がしてあるのが嬉しいところ。
デザインも筋トレシーンや野外でもスタイリッシュな形で、キーをつけるホルダーがあったりとちょっとしたところにこだわりがあるのが大きなポイントです。確かに同じものを持っているケースなどを考えるとネームプレートなどをつけるものがあるほうがよいですよね。
蓋はしっかりと締まり、強くシェイクしても漏れたりしませんし、全ての面においてかなり高評価のものです。

Blender Bottle ショートミキサー 800ml


ステンレスボール入の片手でも持ちやすいタイプのプロテインシェイカーです。やはりポイントは混ざりやすさと口の部分の操作のしやすさでしょうか。パッと持って片手でも操作しやすいメリットは、他のプロテインシェイカーより若干上をいきます。
ボトルの美しいフォルムはガラスのように輝くトライタン製で、洗いやすさや防臭性を兼ねており、清潔な状態を保ちやすくなっています。ボトルの持ち手の部分にも工夫がしてあり、持ちやすさを追求しているものです。
ジムでの筋トレ時などちょっとしたプロテイン補給などのシーンに活躍することでしょう。

Kulbay Sports プロテインシェイカー 500ml


粉末プロテインとサプリメント収納可能な3重底のボトルが特徴的なプロテインシェイカー。スポーツのしやすさを追求しているブランドイメージをそのまま現しているよう。
上部のバネがシェイク時に泡だて器のように働き、ダマを作ることなくプロテインが混ざります。口がキチンと小口径にデザインされているのも飲みやすさと兼ねてグッドです。
色もどのようなシーンに合う黒を基調としているので、持ち運びにももってこいです。底にしっかりとモノを詰めてスマートにプロテインを持ち運びましょう。

SmartShake 多機能プロテインシェイカー


ボディビルの世界大会であるMr.オリンピアを8度制した、伝説のボディビルダーロニーコールマンのサイン入りのプロテインシェイカーです。ロニーが考えた筋トレの際に使いやすいモデルとしての機能を追求しています。
サプリメントと粉末プロテインを収納可能な三層構造で、これ一本で完結する作りが特徴的。余計なものは持ち運ばないという筋トレシーンのお供に丁度よい作りです。
このボトルのサインは解る人にはわかりますので、その価値が解る人の側で是非使いたいもの。ジムなどで一目置かれることは間違いありません。

Re:KARADA マルチシェイカー 500ml


多機能でいろいろなシェイカーのよいところを少しずつとったような作りのプロテインシェイカーです。三層構造は4つの使い方に分けていろいろなシーンに合わせて使い分けることができます。特に底を外したときのコンパクトさは手軽に持ち運べてよいです。
粉末プロテインとサプリメント収納可能な便利なもので、持ち運ぶものに対してしっかりと対処できる形は理想的です。スプリングバネもしっかりとシェイク時に効いており、プロテインをより混ざりやすくする手助けをしています。
映える赤は使うシーンを選ばないので、どのような用途で使うにも便利なマルチシェイカー。いろいろなトレーニングや日常のシーンなどのお供に最適です。

HALEO パワーシェイカー 800ml


ブレンディングボールが入っている少し大きめのプロテインシェイカー。粉末プロテインとサプリメントが収納可能な三層構造で、持ち運びの手間もかかりません。ジムに持っていくととひときわ目立つそのボトルは周囲からの注目を浴びます。
多機能でしっかりとプロテインを溶かせる性能性とを兼ねているので、非常に優秀なもの。色は6色から選べますがマストは青で、トライタン製の汚れがつきにくいボトルは洗浄しやすさとデザインを含めてよいです。
全てにおいて高得点の一品でこの値段ならかなり買うべきものではないでしょうか。飲みやすさを追求してある飲み口にも大きなメリットがあります。

Be Strong BeYOUtiful ブレンダーボトル


ブレンダーボール入りのプロテインシェイカーで、飲み口が細くなっており飲みやすさにも配慮してあります。人によってはスムージーをこれで飲んだりといろいろな使いみちがあるボトルです。
ボトルの書かれている「BeStrongBeYOUtiful」はより強くよりあなたらしくというようなニュアンスでしょうか。このボトルを片手に自分磨きに筋トレをする姿は自分らしさを求める方にはもってこいです。
色は4種類あり、好みで選ぶとよいです。フェミニンなピンクやスタイリッシュなホワイトなどはよりあなたらしさを求める動機になるでしょう。

UncleHu シェイカーボトル


バネ付き蓋で粉末プロテインが溶けやすい三層構造のプロテンシェイカーです。下の2層には粉末プロテインとサプリメント、さらには液体も保存可能で2種類の液体を入れられるボトルは、ワークアウト時に2種類の液体を飲む人などに重宝されます。
プロテインをどのくらい一度に飲むかでこのボトルの価値が変わり、ダイエットなどで大量には飲まないケースにはこのボトルのような構造で、一緒にサプリメントや青汁などを持ち歩くとよいでしょう。
しっかりしているグレードプラスチックが汚れなどをつきにくく洗うとスッと水が切れ、清潔な状態を保ちます。

リーズナブルなプロテインシェイカー

リーズナブルなプロテインシェイカーもみてみましょう。手頃な価格でも一定の性能があり、Amazonで取り扱っている品です。有名なプロテインメーカーなどから多くでているようです。

バルクスポーツ ロゴ入シェイカーカップ 500ml


目盛り付きの簡単なものですが、有名プロテインメーカーであるバルクスポーツのロゴが入っているプロテインシェイカー。プロテインやアミノ酸などを個別に販売しているメーカーなので、それらを組み合わせて唯一無二のドリンクを作ることだって可能です。
使用してみると目盛りが意外と便利な機能であることに気がつくでしょう。水などを先に入れる際に目安として一定の水分が必須です。ネジ式のシェイカーもしっかりとホールドされており、強くシェイクしても漏れたりしません。

ビーレジェンド オリジナルシェイカー 400ml


口が広く洗いやすいタイプのプロテインシェイカー。さまざまな味のプロテインを売り出しているメーカーならではの洗いやすく、いろいろな味のプロテインを気分によって変える人にはもってこいです。
単純な構造ですが、洗いやすく乾きやすいのもメリットです。ビーレジェンドからいろいろな味のプロテインがでていますから一緒に使ってみるとよいでしょう。

ザバス プロテインシェイカー 500ml


乳製品メーカー明治から独立しているプロテインメーカーのザバスからもプロテインシェイカーがでています。ザバスのロゴ入りの目立つ単純な作りながらしっかりとしているものです。
シンプルながらデザインのよさはプロテインメーカーならではで、ワークアウトのシーンのお供や夜寝る前などの栄養補給にプロテインをこれに入れてみてはいかがでしょうか。

DHC プロティンダイエット専用シェーカーコップ


DHCというとサプリメントやスキンケアなどが有名ですが、ダイエット用にプロテインを出しており、その付属として作られたプロテインシェイカーです。目盛付きながらしっかりとしている作りはダイエットプロテイン作りを大きく手助けします。
もちろん他の用途で使ってもよいですし、女性の手などには持ちやすいことから、手の小さな男性にもおすすめです。残念ながら持ち運びなどには向いていないようなので、作ってすぐ飲むようなときに用いるとよいでしょう。

Kentai プロテインシェイカー 500ml


主にウエイトダウンプロテインをメインの品にしている健康体力研究所のプロテインシェイカーです。Kentaiロゴ入りが目立つ単純な作りでもしっかりしている一品。ワークアウトやダイエットでも強力なサポートをしてくれることでしょう。
独自のスポーツ科学に基づいている確かな理論から作られる製品は多くのアスリートも愛用しています。キャップ式でしっかりと締まるのはシェイカーとしては必須です。

DNS アクティブシェーカー 350ml


DNSロゴ入りのプロテインシェイカー、2段式になっているので、口の部分が細くなっているキャップがあるのがポイントです。サプリメントや栄養などを考えているブランドならではの考えに基づいているもの。
小さめな容器も健康などを考えるプロテインの飲み方には理に適っており、片手で軽く持てるサイズ感はとてもよいです。一回にプロテインをそれほど飲まない人にはおすすめのプロテインシェイカーでしょう。

アルプロン シェイカー 300ml


コンパクトな300mlのプロテインシェイカーで、アルブロンのプロテインを入れて持ち歩くにはちょうどよい大きさのもの。目盛りもしっかりとついており、正確な量を測りながらプロテインを作れるのはメリットです。
蓋もねじ込み式でパッキンがないので、洗いやすさもグッドです。コンパクトサイズなのでダイエットなどのシーンに使えるボトル。アルブロン検索と書かれているデザインも無機質で逆によいと好評です。

ウィダー プロテインシェイカー


目盛りつきで、ボトル方式の細口が飲みやすさがある点がよいです。ウィダーのプロテインを適量入れる方法などはそれぞれプロテインの袋に書かれていますので、参照にしてみるとよいでしょう。
蓋がしっかりと入ることで液漏れしにくくなっており、また洗いやすさも兼ねているので衛生的。筋トレにいろいろなワークアウト、ダイエットにと活躍しそうな一品です。

SAM’S プロテインシェイカー


コンパクトタイプの300㏄対応で手軽に作れるプロテインシェイカーです。カバンの中に入れて持ち歩いてもジャマにならないコンパクトさとデザインのよさから女性などに人気がある品。
SAM’Sはいろいろなプロテインを作っているメーカーで、特に大豆を中心としている製品はヒットしており、プロテインとセットで買って行かれる方が多い模様。手軽なサイズ感からどのような場面でも使えるものです。

candyfouse プロテインシェイカー


リーズナブルだけど多機能と非常に優れているプロテインシェイカーです。三層になっており、粉状のプロテインとサプリメントを入れて十分な作り。それでこの価格ですからお買い得な品物です。
candyfouseはいろいろな雑貨などを扱うメーカーのです。日用のちょっとした工夫がしっかりと反映されている便利なボトルはどのような場面でも活躍します。

Optimum Nutrition プロテインシェイカー 500ml


OptimumNutritionロゴ入りのプロテインシェイカーで、内側にダマにならないように網目のものがついておりシェイクするとしっかりとプロテインが混ざり合います。適度にシェイクようにするとクリーミーなプロテインドリングができ上がります。
ホエイプロテインやガゼイン、クレアチンなどワークアウトの場面で使える粉状のものがでているメーカーで、それらと一緒に購入される方が多いようです。

楽に作れる電動プロテインシェイカー

電動で楽にプロテインドリンクが作れるもので、気軽に購入できるものをおすすめします。

Kulbay Sports 電動シェーカー


スタイリッシュなデザインにUSB充電対応という便利さが売りのプロテインシェイカーです。電動式のメリットはやはりそのパワフルさにあり、ダマなど作ることなくクリーミーなドリンクを作ることができます。USB端子で充電ができるのでオフィスなどのシーンに活躍することでしょう。
600mlも入るサイズ感はプロテインでは十分な量を補給することができます。職場でこれを回しながら置いておき、仕事後のワークアウトでプロテインを飲んでみるというのもよいです。洗うのが少し面倒なという声ももっともですが、100均などで売っている柄スポンジなど水筒用専用のものか、あとは水を入れて自動で回しておくと自然にとれるなどのお得情報もあります。

PROMIXX 電動シェイカー


全米と全英で飛ぶように売れた電池式の電動プロテインシェイカーで、単4電池2本で1日1回なら約3カ月使用することが可能です。しっかりとしたパワフルな水流を生み出し、粉状のプロテインをしっかりと混ぜてくれます。
どうしてもハンドシェイクだと最後の残りのほうが濃くなったり、ダマができていたりと不快な思いをすることが多いもの。この強い水流はそんな細かいものをより細かくするような形で最後の一滴まで気持ちよく飲むことができます。
洗う手間はパッキンなどよく洗わないといけないので注意しましょう。毎日飲むものでしたら毎回しっかりと分けて洗って乾かしておくとよいです。

bestjunly 電動プロテインシェイカー


持ち運び可能な電池式のプロテインシェイカーで、特殊なミキサーの形が洗いやすさなども含めてよいです。デザインがオシャレで、耐熱式なのでお湯などでも洗える点もメリット。
このメーカーは雑貨などを扱っているメーカーで日用品のちょっとした困ったことなどを解決するような製品を多く生み出しています。このプロテインシェイカーも通常のものではダマになって困っている人の悩みを解決するように生まれました。
ただやはり液体から粉を入れるというのは守らないと流石のパワーでもダメですから注意しましょう。持ち運びに便利な点やコスパ、洗い心地や飲み心地についてはかなり高評価です。

Baosity ドリンクミキサー


分解が簡単で洗浄が楽というメリットがある電動式プロテインシェイカーです。どちらかというと持ち運びや飲みやすさに優れているタイプではないですが、かき混ぜることにかけてはミキサーのレベル。
電源もUSB端子なので、これで拡販しつつ仕事をしながらという使い方ができるタイプです。色も端正なグリーンと甘いローズレッド、元気が出るオレンジと好みの色から選んでみましょう。
しっかり分解できて洗える点は大きなメリットで、清潔さを求めたりプロテインを飲む頻度が少ない人にもおすすめできます。プロテイン以外にもいろいろ粉状のものを混ぜてつかってみたり、プロテインに何か混ぜて自分なりのドリンクを作ることも可能です。

自分に合ったプロテインシェイカーを選ぼう

ハンドシェイクタイプでも電動タイプでもそれぞれの特徴があり、それなりに違いがあります。特徴を押さえて自分のスタイルに合わせて好みのものを選んで使ってみましょう。
使い心地や使用感、または使うプロテインの種類によってもかなり変わってきます。自分の好みのプロテインに合わせて適切なシェイカーを選んでみましょう。
プロテインは大事な筋トレやワークアウト、ダイエットなどでのサポートになります。プロテインの種類と同様にしっかりそのシェイカーも吟味してみてはいかがでしょうか。自分の好みに合ったシェイカーを選び、効率的にストレスなくプロテインを摂取すると、より一層ボディメイクにも磨きがかかります。鍛え上げられたボディを目指すためのステップアップとしてプロテインシェイカーを使用してみましょう。

category

記事カテゴリー