ランボルギーニ ヴェネーノの世界とは?スーパーカーを自分の趣味に

ランボルギーニ ヴェネーノの世界とは?スーパーカーを自分の趣味に

CAR / MOTORCYCLE 2018.07.05

ランボルギーニ ヴェネーノは、世界屈指のスーパーカーです。そんなスーパーカーの魅力や世界観に触れ、自分の趣味に取り入れることは、ハイセンスな大人の男性にはぴったりでしょう。ヴェネーノの世界観に触れ、趣味に取り入れる方法を知っていきましょう。

Share :

ランボルギーニ ヴェネーノの特徴

まず始めに、ランボルギーニ ヴェネーノがどんな車であるのかを知っていきましょう。ランボルギーニ ヴェネーノが世界屈指のスーパーカーと目されているのには、理由があります。それはもちろん、ヴェネーノにしかないハイレベルの魅力があるから。それらの魅力を知ることから、ヴェネーノの特徴を知っていきましょう。

ランボルギーニ設立50周年のアニバーサリー・カー

ランボルギーニ ヴェネーノは自動車メーカーのアウトモビリ・ランボルギーニによって、2013年にスイス・ジュネーブモーターショーで最初に発表されました。ランボルギーニは2013年に設立50周年を迎えており、ヴェネーノはアニバーサリー・カーとして発表されたのです。
フェルッチョ・ランボルギーニによって1963年に設立されて以来、高級スポーツカーの傑作を多数世に送り出してきたアウトモビリ・ランボルギーニ。そんな歴史を象徴するアニバーサリー・カーとして、ランボルギーニ ヴェネーノは全世界で注目されることになったのです。

世界で3台だけ

ランボルギーニ ヴェネーノが世界から注目されている理由として、台数が限定されていることも挙げられるでしょう。ヴェネーノはランボルギーニが保有する1台を除いて全世界でたった3台の限定生産となっており、ジュネーブモーターショーの時点で既にオーナーが決まっていました。
ちなみにヴェネーノとは、スペイン語の「毒」を意味する言葉です。スペインにホセ・サンチェス・ロドリゲスという名闘牛士がいましたが、彼はある闘牛によって命を奪われてしまいます。名闘牛士を死なせたということから、この闘牛には「毒」を意味する「ヴェネーノ」という名前が付き、ランボルギーニ ヴェネーノも、そこから名付けたとされているのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

オープントップの「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」

ランボルギーニ ヴェネーノのオープントップバージョンとして発表されたのが、「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」です。ランボルギーニ ヴェネーノが発表されたのと同じ2013年の年末、アラブ首長国連邦のアブダビにて、イタリア海軍の空母の上で公開されました。
こちらも生産台数は限定されており、全世界でたったの9台だけ。「世界で最も希少で高性能なスポーツカー」としてランボルギーニのCEOが発表しました。生産台数はヴェネーノよりは多いものの、それでも1桁台であり、こちらもヴェネーノと同じく、希少性という観点からも世界的に注目されるスーパーカーとなったのです。

ヴェネーノとロードスターの価格

ヴェネーノとロードスターの価格は一体どれくらいなのでしょうか?ヴェネーノは300万ユーロ、ロードスターは330万ユーロだったとされています。日本円になおすと、現在のレートでヴェネーノが約4億円弱、ロードスターは約4億3,700万円です。価格としても世界トップクラスであり、このことも注目される1つの理由と言えるでしょう。
またヴェネーノが発表されてから3年後の2016年3月、なんとヴェネーノが中古で998万ユーロ(現在のレートで約13億2,000万円)で販売されており、話題になりました。当初の販売価格の3倍を超える高価格となっており、3年間に車の価格がそのように跳ね上がることはかつてなかったため、再び注目を集めることになったのです。

ランボルギーニ ヴェネーノの外装

ここからは、ランボルギーニ ヴェーノの外装について、その特徴を知っていきましょう。ヴェネーノが注目される理由は、もちろん販売台数や価格だけではありません。ヴェネーノそのものにも魅力があるからです。まず最初に、注目される外装について見ていきましょう。

レーシングカーともいえる斬新なデザイン

ランボルギーニ ヴェネーノを最も特徴付けるものの1つが、レーシングカーともいえる斬新なデザインでしょう。実際にレーシングカーでも用いられる技術が結集されており、ハイスピードでも安定性を維持するためのダウンフォースの発生や、高性能エンジンを効率良く冷却するために計算され尽くされたデザインとなっています。
もちろん、ヴェネーノの斬新なデザインにはランボルギーニらしさも健在。矢印形のフロントエンドやシャープなラインからは、いかにもランボルギーニらしい均整のとれた先鋭的な印象を受けることができるでしょう。このような斬新なデザインはまさにランボルギーニ ヴェネーノならではのものであり、多くの人の視線を釘付けにするのです。

効率的なダウンフォース発生を促すフロント・リア

具体的に各部を見ていきましょう。まずはフロントとリアです。フロントもリアも最適なエアフローを実現し、効率的にダウンフォースを発生させるために計算されて設計されています。フロントを特徴付けるのはY字型のヘッドランプでしょう。デザイン的にも、とても先鋭的なイメージを与えます。フェンダー部分にはレーシングカーの技術が使われ、空気の流れを最適化。開口部はエンジンの効率的な冷却を支えます。
続いてリアで特徴的なのが巨大な開口部です。これにより、エンジンルームの換気をスムーズに行うことが可能となっています。ディフューザーも空気の流れを最適化することで効率良くダウンフォースを発生。ハイスピードのコーナリングであっても、安定した走行を可能にしています。ブレーキ灯や表示灯などが一貫してY字型なのも特徴的と言えるでしょう。

リアウィングに至るシャークフィン

リアウィングに至るシャークフィンも、ヴェネーノを特徴付けています。このシャークフィンもまた効率的にダウンフォースを強める働きを持っており、ブレーキングやコーナリングでの安定性を支えているのです。
リアウィングのデザインも、ランボルギーニがこれまで蓄積してきた経験を活かした設計となっており、ディフューザーと連携することで効率的なダウンフォース発生に貢献。見た目の斬新さ・先鋭さとともに、ハイパフォーマンスを実現する機能をきちんと果たしているのが魅力と言えそうです。

軽量で丈夫な素材であるカーボンファイバーが使用

ランボルギーニ ヴェネーノの大きな特徴として、軽量かつ丈夫な素材であるカーボンファイバーが外装にも内装にも使用されていることが挙げられるでしょう。カーボンファイバーが使用されているパーツが黒く輝いていることも、ヴェネーノらしい印象を与えています。
もちろんカーボンファイバーの使用は見た目の印象のためだけのものではありません。軽量なカーボンファイバーを使用することで、ベース車よりも軽い1,450kgという驚異の軽量を実現しているのです。パワーウェイトレシオ(重量出力比)は1.93kg/hpであり、高度な加速性能を実現していると言えるでしょう。

ロールオーバーバー設置のロードスター

ヴェネーノ ロードスターもまた、特徴的な外装を持っています。基本的にはヴェネーノをベースとしていますが、サイドウィンドウの形やエンジンフードの形は異なっています。ルーフがなく、オープントップとなっているため、ヴェネーノよりもメカニカルな印象。
また、純正でロールオーバーバーが設置されているのも特徴です。乗員の頭部を保護する目的であらかじめ内蔵されており、その結果、背後のデザインはヴェネーノ以上にF1マシンらしい印象となっています。

完全なオープントップ

ヴェネーノ ロードスターは完全なオープントップとなっており、着脱式のルーフなどは一切用意されていません。完全にオープン走行専用。オープン走行しか想定せず、そこに技術を結集したデザインとなっていることも、多くのファンを魅了することになっているでしょう。
オープン走行専用ということでヴェネーノと差別化されており、ロードスターならではの魅力を主張しているのです。この点もヴェネーノ ロードスターを大きく特徴付けていると言えるでしょう。

ランボルギーニ ヴェネーノの内装

外装の次は、内装にも目を向けていきましょう。ヴェネーノの魅力的な特徴は、もちろん外装だけでなく内装にも及んでいます。外から見ているだけではわかりにくい箇所ですが、内装にもランボルギーニならではの技術や経験、哲学が込められています。一体内装にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

レースカーのコックピットを彷彿とさせるデザイン

ヴェネーノの外装の特徴として、レーシングカーのような斬新なデザインが挙げられますが、レーシングカーのようなデザインは内装にも一貫して反映されています。内装もレーシングカーのコックピットを彷彿とさせるデザイン。
もちろんデザインだけでなく、性能自体も実際のレーシングカーを模していると言えるでしょう。これまで数々のレーシングカーも手がけてきたランボルギーニ。その経験と技術が妥協無く反映されているのです。内装も含め、レースカーの世界観によって作られていることがランボルギーニ ヴェーノの大きな特徴と言えるでしょう。

シートは「フォージドコンポジット」

ランボルギーニ ヴェネーノのシートには、「フォージドコンポジット」という新しい素材が使われています。これはカーボン繊維に樹脂などを染みこませて作られた強化プラチックであり、ランボルギーニとキャロウェイゴルフ、名古屋工業大学の協同研究で開発されたもの。
炭素には素材として頑丈で軽量という点に魅力がありますが、このフォージドコンポジットはそれだけでなく、従来のカーボン形成法に比べ、生産コストも生産時間も大幅に削減。そのような革新的な技術がシートにも惜しみなく使われているのです。

内部の随所にカーボン素材を使用

ランボルギーニ ヴェネーノでカーボン素材が使用されているのはシート部分だけではありません。内部の随所でカーボン素材が使用されており、それによって驚異的な軽量化を実現しているのです。軽量化はもちろん、走行性能の向上にそのまま繋がります。
ランボルギーニがこれまで多くの車を生産する中で理想の走行を追求してきたことを体現するがごとく、ヴェネーノには最新技術・最新素材が導入され、無駄なものは一切削られています。このことも、ヴェネーノを大きく特徴付けていると言えるでしょう。

ランボルギーニ ヴェネーノのスペック

続いてここからはランボルギーニ ヴェネーノのスペックについて知っていきましょう。ランボルギーニの技術が結集されたスーパーカーのスペックとは一体どのくらいのものなのでしょうか?エンジン性能や駆動方法、最高速度など、1つずつ見ていきましょう。

エンジンは6.5L V型12気筒

ランボルギーニ ヴェネーノのエンジンは6.5LV型12気筒であり、縦置きでミッドシップに搭載されています。エンジン自体の性能も高いのですが、搭載のされ方にも、走行性能を良くするための工夫が盛り込まれています。
ミッドシップはF!で見られるフォーミュラーカーなどに使われている方式であり、前輪と後輪の間に置かれたエンジンが後輪を駆動するという仕組みです。エンジンは車の中でも重たい部分になりますが、重心の近くに置かれていることでバランスが取れるようになっており、高いパフォーマンスを発揮するのに貢献しているのです。

トランスミッションは「7段インディペンデント・シフティング・ロッド(ISR)」

トランスミッションは「7段インディペンデント・シフティング・ロッド(ISR)」というランボルギーニが開発した独自のトランスミッションが導入されています。5種類の走行モードが選択可能となっているほか、シフトタイムが通常の半分程度というのも大きな特徴。
通常、シフト操作は1つずつ順番に行われていきますが、ISRの場合には電子制御によって複数の操作が同時並行で行われていきます。1つのシフティングロッドがあるギヤを操作している間に、別のシフティングロッドがほかのギヤを操作することでシフトタイムの短縮を実現しているのです。さらに、それだけの高性能でありながら、重量が79㎏しかない点も特徴と言えるでしょう。

駆動方式は4WD

ランボルギーニ ヴェネーノの駆動方式は4WDです。ランボルギーニはこれまでも4WD駆動の車を多く生産してきました。ランボルギーニはなぜ4WD駆動にこだわるのでしょうか?その理由はやはり走行性能でしょう。4WDは4輪全てに駆動力を分配できるので、高性能エンジンを搭載したスポーツカーの走行性能は非常に高くなります。
悪路であったとしても安定した走行性能を維持することができ、ハイスピードへの加速においてもハイパフォーマンスが期待できるでしょう。ランボルギーニのスポーツカーの走行性能へのこだわりは、4WD駆動という形でヴェネーノにもしっかりと組み込まれているのです。

最高出力は750ps

ランボルギーニ ヴェネーノのエンジンの最高出力は750psです。車を評価する基準はさまざまありますが、エンジンの最大出力(馬力)というのはとても大きな指標の1つでしょう。750psという数値は世界の車の中でも上位の数字です。750ps以上の最高出量を持つエンジンは世界に決して多くはありません。
もちろん、スーパーカーの中には最大出力1,000ps、2,000psを超えるような破格な車もありますが、それらを踏まえてもかなり高い数字です。ちなみに国産車と比較した場合、国産車で最もエンジンの最高出力が大きいとされている日産GT-R Nismoでさえ600psですので、その凄さがわかるでしょう。

0-100km/h加速では2.8秒

スーパーカーを見ていく上で、0-100km/h加速も注目される指標となりますが、ヴェネーノの0-100km/h加速は2.8秒です。この数値ももちろん世界トップクラスです。一般的に3秒を切ってくると世界的に見てもかなりハイスペックなスーパーカーということになりますが、その中でも10位以内に食い込む実力と言えるでしょう。
国産車と比較すると、最も0-100km/h加速が速いとされているのが日産GT-R Nismoです。ハイパフォーマンスなスポーツカーと言われているNismoの0-100km/h加速は2.9秒ですので、それをさらに凌いでいることになります。

最高速度は355km/h

スーパーカーを見ていく上で、絶対に外せない重要なポイントとして最高速度も挙げられるでしょう。ランボルギーニ ヴェネーノの最高速度は355km/hです。最高速度でも全世界トップ20位に食い込むほどの実力を持っています。
ちなみに国産車と比較する場合、国産車の最高速度はレクサス LFAの325km/hとされていますので、それよりもさらに30km/h上回っていることになります。世界には最高速度430km/hを超すような破格なスーパーカーもありますが、それでも355km/hという最高速度はは世界の上位にあることは間違いありません。

ランボルギーニ ヴェネーノのおすすめ模型

ランボルギーニ ヴェネーノについて知れば、今度はその世界観を身近な趣味として取り入れていきましょう。その方法の1つが模型のコレクションです。模型の魅力は、ランボルギーニ ヴェネーノのようなスーパーカーの世界観を気軽に楽しむことができる点です。
実際の車のオーナーにならなくても、その魅力を味わうことができ、ミニチュアサイズであろうとそれを所有できる喜びは、とても貴重なものと言えるでしょう。ここからは、そのような魅力溢れるランボルギーニ ヴェネーノのおすすめの模型を見ていきましょう。

フジミ模型 1/24 リアルスポーツカーシリーズNo.94 ランボルギーニ ヴェネーノ エンジン付


ランボルギーニ ヴェネーノの模型を楽しみたいのなら、まずおすすめなのがフジミ模型のエンジン付の模型です。フジミ模型は日本の代表的な模型メーカーであり、自動車模型を数多く生産してきましたが、その中のリアルスポーツカーシリーズとしてリリースされています。
エンジンなしバージョンもありますが、やはりエンジンまで再現されているこちらの方が本物らしくておすすめです。初心者には組み立てでやや苦労する部分もあったというレビューもありますが、全体的には好評価となっています。外国人にも購入され、好評価を得ています。模型として置くだけでなく、自分自身で組み立てる過程も楽しみたい人にはぴったりでしょう。

LOOKSMART 1/43 ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター パールレッド 完成品


続いておすすめするのが、LOOKSMARTの1/43 ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター パールレッド 完成品です。こちらはロードスターの完成品となっており、オープントップであるロードスターならではのカッコ良さを存分に表現していると言えるでしょう。レジン製のハンドメイドです。
LOOKSMARTはイタリアの高級車を多く手がけているミニカーブランドであり、精密かつ美しい造形力からコレクターの間でも高く評価されています。高い精度で再現されたこの模型を置くことで、ハイセンスな大人の世界観を体感してください。

AUTOart 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (マット・ブラック) 完成品


次におすすめするのが、AUTOart 1/18 ランボルギーニ ヴェネーノ (マット・ブラック) 完成品です。こちらもランボルギーニ ヴェネーノの実物を忠実に再現したものとして高く評価されています。AUTOartのミニカーは非常に精密であり、内装など細部まで再現されていることでミニカーファンに注目されているメーカーです。その中でも1/18モデルは特に多くのファンを持っているため、クオリティの面で安心できるでしょう。

またAUTOartのミニカーには、別売りの専用ケースが販売されていることもポイントです。専用ケースに入れて部屋に飾れば、より大人らしいオシャレな雰囲気を演出することができるでしょう。

おすすめのランボルギーニ ヴェネーノのラジコン

ランボルギーニ ヴェネーノには、ラジコンも存在しています。組み立てたり、置いて鑑賞するだけでなく、ラジコンカーとして楽しみたいという人もいるでしょう。大人になっても遊び心を忘れたくない、そんな意識の高い男性にはぴったりの趣味です。大人の遊び心をくすぐるラジコンカーも魅力的な商品が多く販売されています。

1/10 RC ランボルギーニ ヴェネーノ バージョン ブラック


最初におすすめするのが、ハピネットの1/10 RC ランボルギーニ ヴェネーノ バージョン ブラックです。サイズが1/10ですので、この記事で触れてきた模型と比較しても、とても大きいことがわかるでしょう。迫力と存在感を感じることができるのではないでしょうか。
ライトの点灯やガルウィング、リア・ボンネットの開閉など、細部まで楽しむことができるように設計されています。サイズも大きいですし、動かすことができるので、より実物に近い臨場感を楽しむことができる点が特におすすめできるポイントと言えるでしょう。

1/24 RCカー ランボルギーニ ヴェネーノ


1/24 RCカー ランボルギーニ ヴェネーノもおすすめのラジコンカーです。製造している童友社は日本を代表する老舗のプラモデルメーカー。全日本ホビーショーなどにも出品しており、最近はドローンなどでも注目を集めました。前進、後退、右左折といった基本的な動作が可能です。
こちらは先程、触れたハピネットのものよりも小サイズです。あまり大きすぎない模型サイズでラジコンを楽しみたいという方の場合は、こちらを選択するのもアリでしょう。こちらのサイズでも十分にランボルギーニ ヴェネーノの魅力を楽しむことができるはずです。

おすすめのランボルギーニ ヴェネーノのミニカー

ここからは、ランボルギーニ ヴェネーノのミニカーを見ていきましょう。ミニカーのコレクションは、大人の男性に人気の趣味の1つでしょう。1台1台のサイズは小さいですが、たくさんの魅力的な車のオーナーになれるというのが魅力的です。

<ボーネルンド> Siku社輸入ミニカー 1485 ランボルギーニ ヴェネーノ


ミニカーでまずおすすめなのが、<ボーネルンド> Siku(ジク)社輸入ミニカー 1485 ランボルギーニ ヴェネーノです。製造しているのはジク社というドイツの老舗メーカーであり、精密な再現力に定評があります。縮尺などについても実物に忠実にとことんまでこだわって再現されており、世界中のコレクターから指示を集めているメーカーです。
ランボルギーニ ヴェネーノの特徴として外装のシャープさが挙げられますが、このミニカーはシャープなラインを丸めることなく忠実に再現されています。通常、ミニカーはサイズが小さいため、細部の再現が難しくなってしまうのですが、このミニカーの場合は模型同様、細部へのこだわりが実現されている点で非常に魅力があると言えるでしょう。

京商 1/64 ランボルギーニ ミニカーコレクション6 ヴェネーノ ロードスター 赤メタリック


ミニカーとしてもう1種類おすすめなのが、京商 1/64 ランボルギーニ ミニカーコレクション6 ヴェネーノ ロードスター 赤メタリックです。京商は日本を代表する有名なミニカーメーカーです。高品質・高価格のミニカーを多く製造・販売しており、大人がコレクションするにふさわしいミニカーのメーカーとして人気です。
このヴェネーノ ロードスターも、小さいながらも精巧に再現されたミニカーとして高く評価されています。メタルインジェクション技術という特殊な加工技術が応用して使われており、細部に至る精密な再現を可能にしています。この技術はロケットの精密部品などに使用されている技術であり、その技術が惜しみなく使われていることからも妥協のない高クオリティの追求がうかがえるでしょう。

ランボルギーニ ヴェネーノの世界を堪能しよう

世界的に有名なスーパーカーであるランボルギーニ ヴェネーノ。その世界観を知り、自分の趣味に取り入れていくことは、カッコいい大人の男性としての魅力アップに繋がります。ランボルギーニ ヴェネーノはランボルギーニ設立50周年のアニバーサリー・カーであり、世界で3台しか生産されていない特別な車です。
先鋭的なデザインやスペックなど、全てがランボルギーニの経験や技術の結集といってもいい形で体現された魅力的な車です。このようなスーパーカーの魅力的な世界観を身近で楽しめるのが、模型やラジコン、ミニカーのコレクション。高い技術力や経験を駆使して妥協なく作られたランボルギーニ ヴェネーノと同じく、高い技術を導入して作られた高クオリティな模型などを自分の趣味に取り入れることで、洗練された大人のセンスを身に付けていきましょう。

category

記事カテゴリー