タープ用ポールの自作にチャレンジ|作り方とそのポイント

タープ用ポールの自作にチャレンジ|作り方とそのポイント

CAMP 2018.07.10

キャンプのときに使用するタープ。タープを設営するためにはポールが必需品です。タープ用のポールは購入することもできますが、自分で作ることもできます。自作のタープポールを使って設営したタープでキャンプをもっと楽しいものにしましょう。

Share :

タープポールを自分で作るには

キャンプなどで活躍する日除けの役割を果たす大きな生地「タープ」。そのタープを張るためには、タープポールが必要不可欠です。
タープポールはタープとセットで販売されているものもありますが、ポール単体でも売られています。しかし、素材やデザインにこだわると想像以上に高額なものも多く、予算オーバーになってしまうことも。妥協して安価なものを購入するのも一つの手段ではありますが、せっかくならお気に入りのポールを手に入れたいところです。
そんなときにおすすめなのが自作のタープポール。少し手間はかかりますが、費用は材料費のみなので、お気に入りのポールを安く手に入れることができます。材料をそろえて、DIYにチャレンジしてみましょう。

木製のタープポールを自作する方法

タープポールのなかでも人気が高いのが木製のポール。木製のものであれば、自然のなかに設営しても周りの風景に馴染み、景観を損なうことがありません。木製のタープポールはどのように作るのでしょうか。その手順を確認していきましょう。

材料をそろえる

まずはタープポールを作るために、必要な材料をそろえます。木製のタープポールに必要な材料には、次のようなものがあります。ホームセンターで購入することができるものばかりなのです。置き場が分からない場合はホームセンターの店員さんに聞いてみましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 丸棒×4本
  • ステンレスパイプ×2本
  • キャップボルト×4つ
  • ゴム足×4つ
  • 鬼目ナット×4つ
  • 六角ボルト×4つ

先端突起部分を作る

材料がそろったら、さっそく製作に取り掛かります。まずはタープとロープを引っ掛ける先端の突起部分を作ります。
準備した丸棒の真ん中に穴を開けます。穴は六角ボルトのネジ山が根本まで入る深さにしましょう。曲がらないようまっすぐに開けるのがポイントです。穴が空いたら、鬼目ナットを六角ボルトで差し込んでいきます。きっちりとねじ込めれば先端の突起部分は完成です。

接続部用にステンレスパイプを半分に切る

木製ポール同士を接続する部分にはステンレスパイプを使用します。後にステンレスパイプに丸棒を差し込んで接続します。
ステンレスパイプは半分に切り、2本にします。切るときにはディスクグラインダーなどを使用しましょう。切ったままの切り口は鋭利なので、手を切りやすく危険です。紙やすりなどを使って削り、これから先の作業で手を切らないよう対策しておくことが重要です。

ステンレスパイプに穴を開ける

半分に切ったステンレスパイプに穴を開けます。穴を開けるのはパイプの中心部。両端からの中心になる位置に少しキズをつけて目印にします。
穴を開けるときに使うのはドリル。目印を付けたところの真上にドリルがきているかをよく確認してから一気に貫通させます。途中で止めてしまうと、穴の位置がずれてしまう可能性があります。一度ドリルを作動させたら迷うことなく貫通させましょう。

ステンレスパイプにボルトと座金を留める

穴を開けたステンレスパイプにボルトと座金を一緒に留めます。ドリルで貫通させた穴がまっすぐでないと、この作業が困難になります。ボルトがまっすぐ通るような穴を開けておくことが重要です。
こうして出来上がったステンレスのパーツが木製のタープポールの接続部分となります。

木製タープポールの完成

丸棒を半分に切断。先端となる突起部分を付けた丸棒とつなぎ合わせます。接続部となるステンレスのパーツに差し込むことでつながります。最後にゴム足をつければ木製タープポールの完成です。
丸棒を接続部分に差し込んでいるだけでネジなどによる固定はしていない状態ですが、この方法で強度は充分に保つことができます。

イレクターパイプでタープポールを自作する方法

DIYで使われることの多い「イレクターパイプ」という鉄パイプにプラスチックをコーティングしたものを使うと、さらに簡単にタープポールを作ることができます。イレクターパイプを使ったタープポールの作り方を確認していきましょう。

イレクターパイプを準備する

まずはイレクターパイプを準備します。イレクターパイプは、鉄パイプにプラスチックをコーティングしたもので、強度が強いうえに軽いという特徴があります。さらにパイプの内側にも塗装がしてあるので、サビに強く屋外で利用するものに使われることが多い部品です。
イレクターパイプはホームセンターなどで購入可能です。その他の材料と一緒にホームセンターで購入しましょう。

丸棒をカットして穴を開ける

イレクターパイプの内側に収まるサイズの丸棒を準備します。準備した丸棒をカットします。カットする長さは、厳密に測る必要はありません。このあと丸棒に平行ピンを差し込むので、その平行ピンと同じ長さが確保できていれば十分です。
カットした丸棒に平行ピンを差し込むための穴を開けます。穴のサイズは大きすぎても小さすぎても平行ピンがうまく差し込めません。丸棒の切れ端などで試してから本番にうつりましょう。

丸棒に平行ピンを差し込む

ちょうどいいサイズの穴が開けられたら、その穴に穴に平行ピンを差し込みます。平行ピン全体の半分くらいの深さまで差し込みましょう。
穴のサイズに失敗して、平行ピンがうまく差し込めない場合にも心配はいりません。残っている丸棒をもう一度カットして作り直しがききます。気負わず作業を進めていきましょう。

イレクターパイプに丸棒を差し込んで完成

丸棒に平行ピンを差したパーツをイレクターパイプに差し込んだらタープポールの完成です。イレクターパイプの内側にバリがあると、差し込むときに苦労することがあります。バリをしっかりと取り除き、丸棒にもやすりをかけてから差し込むと作業はスムーズです。
丸棒は、パイプ内に入り込むまでしっかりと押し込みましょう。押し込みが甘いとタープを設営したあとに外れてしまう可能性があります。大きな事故につながりかねないので、外れないようしっかりと押し込んでください。

自作のタープポールでキャンプをもっと楽しもう

キャンプ用品にはさまざまなアイテムがあります。キャンプを快適にするためには、すべてのキャンプ用品をそろえたいところですが、キャンプ用品は高額なものも多く、お金がかかります。
キャンプ先でタープを設営するためには、タープポールは必要不可欠ですが、タープポールには費用がかけられないという場合には、ぜひ手作りにチャレンジしてみましょう。キャンプに出かける前からキャンプの楽しみが始まります。
自作したアイテムは愛着が湧くものです。より一層楽しいキャンプを実現するために、手作りのタープポールを持参してキャンプに出かけましょう。

category

記事カテゴリー