不動産投資のメリットを学ぼう|最大限に活用できる方法とは

不動産投資のメリットを学ぼう|最大限に活用できる方法とは

BUSINESS 2018.07.10

不動産投資のメリットとデメリットを簡単に説明しています。サラリーマンでもできる方法はあり、大金がなくても不動産投資はできるのです。やり方を知らないだけで、損をしていることが多いでしょう。不動産投資を学び不労収入を得ることも夢ではありません。

Share :

不動産投資で得られるもの

不動産投資を始めてみたいが何をしたらよいのかわからないことはたくさんあります。どんな不動産を購入したらよいのか、確実に収入はあるのか、疑問を並べたらいろいろでてくるでしょう。サラリーマンで働きながら不動産投資をしたいけど、メリットを知りたい。逆に働きながら不動産投資するデメリットもわかっておきたいところです。不動産投資を知って、もっと安定した生活を手にいれましょう。

不動産投資とは

不動産投資という言葉は知っていても、詳しくはわからない人が多いと思います。不動産投資とは、利益を獲得するために購入することをいいます。もっと、詳しくは説明していきます。

不動産を賃貸して家賃収入

不動産投資のひとつに、不動産を貸して家賃収入を得る方法があります。不動産で家賃収入を得ることをインカムゲイン方式という呼び名がついています。
インカムゲイン方式は家賃の収入源なのですが、その全てが収入になるわけではありません。
家賃の収入の中から、修繕したり清掃や管理費などが必要です。特に屋根や壁などは、年数が経過すると、修繕が必要です。どれくらいの規模の不動産にもよりますが、まとまった修繕費は必要なので、予算を組む必要があるでしょう。
また、税金も家賃から支払うことになるので、計算しておかなくてはいけません。

不動産を売却して利益を得る

不動産を貸すのではなく、売却して利益を得る方法もあります。不動産を売却して利益を得ることをキャピタルゲイン方式という呼び名がついています。
不動産をできるだけ安く購入し、高く売却することで、収入を得ることができます。
難しいのは、不動産を選ぶときに知識が必要になるということです。この土地や建物は本当にこの値段で適切なのか、この先の状況を見極めることができないと大変です。

不労所得に相当する

不動産投資しのよいところは、家賃収入が安定してあれば、働かなくても利益が出ることが魅力です。自分で管理するのは、大変なので管理会社に任せることも考えてください。
全てを自分の力でやるようにすれば、収入も多くなりますが、働く時間や管理業務は大変なので、管理会社に任せれば、不労所得を味わうことができるでしょう。
管理会社に任せることでメリットがでてきます。管理は全て任せて他のことに集中できます。他の不動産を探したり、他のビジネスを始めたり、毎日、遊んでいても大丈夫です。

不動産投資のメリット

不動産投資は老後のためにもなるし、確定申告すれば税金も節税できます。いくつかのメリットはあるのでみていきましょう。

少ない金額でも始めやすい

不動産投資するには、大金をもっていないと購入することが難しいとあきらめていませんか。
ローンを使うことで少額でも投資が可能です。ローンを利用して投資ができるため、サラリーマンでも、副収入を得ることができるのです。ローンの支払い+不動産の維持費などが家賃収入より少なければ、あとは管理会社に任せても、収入があります。
管理会社に任せることができるので、サラリーマンでも本職を犠牲にすることなく、始められます。

老後のための年金代わりになる

老後に安定した生活をするのには、年金がありますが、余裕ある生活するには、多い金額は支給されません。個人で年金保険に加入する方法もありますが、保険会社か破綻する可能性もあり、リスクもあります。
しかし、不動産投資は自分で管理することになるので、状況を把握できるので、状況に応じて、投資ができます。不動産投資がうまくいくと、ある程度安定した収益を確保でき、老後のために貯蓄したり、投資できます。

結果的に節税になる

不動産投資で収入があると、確定申告での所得税や住民税還付が可能です。基本的に不動産投資で得た収入から経費を引いた金額で申請できます。ここで気になるのが経費です。経費にどういうものがあるかというと、管理費、修繕積立金、賃貸管理代行手数料、修繕費、損害保険料、ローンの利息分などです。私生活での費用やローンの元金は経費にならないので注意してください。
サラリーマンが家賃収入で得た副収入、老後の安定のための副収入、どのような形でも、結果的には節税となるので、確定申告は必ずしましょう。

生命保険のような利点もある

もしもの時は、家族に迷惑をかけることになると思うでしょうが、実際にはちがいます。不動産投資のローンは保険金で返済できるため、家族には迷惑がかかりません。そして、家族には家賃収入だけが残ります。

不動産投資のデメリット

不動産投資のメリットをみてきましたが、デメリットもいくつかあるのでみていきましょう。

家賃滞納や空室のリスク

不動産を賃貸して、収入を得ることができるのですが、家賃滞納や空室のリスクがあることを知っていてください。もし、家賃滞納や空室が多くなると収入が止まります。家賃収入よりローンの支払いが多くなると、損失になり、不動産投資が失敗してしまいます。
不労収入というメリットは大きいですが、リスクも考えて不動産投資しましょう。

お金に戻すには時間と手間がいる

不動産投資をしていて、家賃収入で収入があるときはよいのですが、いつまでもうまくいきません。時には不動産を売却して損失にあてなくてはならないでしょう。しかし、購入した不動産が、すぐに売れるかはわかりません。
不動産を修繕して売却する、購入した金額よりも少ない金額で売却するなどしなければ難しい場合が多いので、換金には不向きといえます。

不動産の故障などでの修繕

不動産投資のデメリットとして、不動産のメンテナンスがあります。新築の不動産でも年数が経過していくと、屋根や壁などの外装が壊れてくるのです。特にアパートなどの不動産の場合には、数年ごとに住む人が変わっていきます。内装工事をして次に備えておかないと、空室状態が続いてしまうでしょう。空室状態が多くなると、収入が少なくなり、経営も難しくなります。
建築年数が長くても、内装や外装がきれいな不動産の方が人気もあり、家賃収入も安定してくるので、定期的にメンテナンスが必要になるでしょう。

正しく理解し投資で収益を得ていこう

不動産投資は難しく、初心者には敬遠されますが、仕組みを理解し勉強すれば収入は得られるでしょう。不動産投資をするメリット、デメリットを知って、不動産投資勉強することから始めませんか。
何かを始めたいと考えてばかりでは、前に進めません。しっかり学び、理解して前進してください。

category

記事カテゴリー