「ノモス」 の腕時計は男性から人気。そのこだわりの理由と魅力とは

「ノモス」 の腕時計は男性から人気。そのこだわりの理由と魅力とは

FASHION 2018.07.01

世界最高水準のグランドヒュッテで生まれたノモスの時計は、ビジネスやプライベートなどシチュエーションを気にすることなく腕に納まるシンプルなデザインの腕時計です。独自開発のムーブメントや拘りのある革ベルトの素晴らしさは世界最高水準の腕時計です。

Share :

ノモスの腕時計の魅力とおすすめ商品について

日本ではあまり知られていないノモスは、時計好きにはたまらない、こだわりのある男性に人気のあるドイツの正統派時計メーカーになります。ここでは、ノモスの腕時計に秘められた魅力や、数多くある魅力的なノモスの腕時計の中から厳選したおすすめ商品をご案内しましょう。

ノモスの腕時計の歴史

ノモスの歴史はまだ浅いのですが、その歴史の時間からは感じられない技術や商品姿勢は、長い歴史あるブランドのように感じる最高水準の腕時計といわれています。長いキャリアをもつ時計ブランドと同等、もしくはそれ以上の最高級レベルといって過言ではない腕時計です。
ノモスの腕時計に対する姿勢や、ノモスブランドの歴史を知れば知るほどに、ノモスの腕時計の価値が理解できるはずです。

ノモスは新しい腕時計ブランド

ノモスは、デザイナーである創業者ローランド・シュベルトナーが、三人の時計職人と1990年にドイツで創業した約28年程度の比較的新しいブランドです。
新しいブランドとはいえ、1992年にノモス初期モデルが発表されて以来、その高いセンスと繊細な技術力により、国際的なデザイン賞を数多く受賞しています。伝統的な時計技術と優れたデザインセンスにより、こだわりのある独創的で高性能な時計のブランドです。

DODA

時計産業が盛んなグラスヒュッテのブランド

ノモスが、本社を構えるドイツの南にある小さな町グランドヒュッテは、1845年当時にザクセン王が、この地に時計産業を興じることで新しい時代を作る使命を、時計技師マイスターに与えたことから始まり、時計作りの手法や、スイスでイメージする時計産業を伝えるべく、グランドヒュッテに派遣したことから、現在では「ドイツ時計の聖地」と呼ばれるようになり、格式高い時計の町グランドヒュッテの始まりとなります。
グランドヒュッテは、19世紀半ばに時計産業が発展し、グランドヒュッテで生まれた時計産業の伝統的な技術力や斬新なデザイン性は、ドイツだけでなく世界的にも注目を集め20世紀初めには、世界最高水準に達する成長を遂げました。現在では、一流と呼ばれるドイツ時計の数多くのメーカーが、グラントヒュッテに本社を構えるほどです。
グランドヒュッテ製と名乗れるには、時計部品の50%をグランドヒュッテで製造していることが条件ですが、ノモスの場合は、グランドヒュッテで時計の95%を製造している、時計ブランドの中でも数少ない正真正銘のグランヒュッテ製といえます。

2005年には自社開発のムーブメントを搭載

ノモスの時計は、もともとエタブリスールと呼ばれる組立方法で、外側デザインとは別に時計内部の駆動装置であるムーブメントは、ムーブメントメーカーから購入したものを使用していましたが、2005年には、ノモスの自社開発による独自のムーブメントを採用し、マニュファクチュール(自社開発ムーブメント)の時計メーカーとして独自の進化を得ています。
自社開発のマニュファクチュールである「アルファキャリバー」は、2005年にノモスで初めて開発されたオリジナルムーブメントであり、丈夫で正確、そして信頼性が高く、現在でも多くのノモスのシリーズの動力源として採用されるノモスの代表的なムーブメントの一つです。

ノモスの腕時計の特徴

ノモスの腕時計は、ノモス独自の姿勢が頑固としてあり、他のブランドやデザインにも属さない独立性や、マニュフェクチュールにもみられる一貫したオリジナルの時計製造と、ノモスが発する時計へのこだわりが感じられるシンプルで個性的な腕時計です。

デザインは至ってシンプル

ノモスの腕時計は、時代や流行に左右されない一貫性のあるデザインのシンプルさにつきます。「手首にフィットする設計」であり、「30万回みても、いつもあなたの腕元に歓びをもたらしたい」という時計に対するノモスの姿勢が、シンプルイズベストという表現に相応しい腕時計に仕上がっています。

見やすい文字盤

ノモスの腕時計は、とてもシンプルなデザインであり、ごちゃごちゃしたデザインのファッションで身に付けるだけの腕時計と違い、シンプルだからこそ文字盤がみやすく、時計の本来の機能といえる「時間を読む」ことが、一番に考えられている腕時計です。
シンプルだからこそ、時計本来の目的や用途が雑になることがない、一流のグランドヒュッテ発の時計といえます。みやすくシンプルな文字盤は、ノモスが創設された当初からのブランドの基本ともいえます。

高級な革ベルトを使用

ノモスの腕時計のベルトには、時計と同じくらいのこだわりがある、最高水準の革ベルトが使用されています。
シカゴの100年以上の歴史をもつ老舗タンナーである、ホーウェン社の「シェルコードバン」のなめし皮が、革ベルトとして多く使用されています。シェルコードバンという革は、一頭の農耕馬から一割程度しか採れない貴重なお尻の革をなめしたもので、農耕馬として日頃から鞭で打たれていた箇所の革なので、非常に丈夫な革であり、きめ細かく厚みがあるのが特徴です。
使えば使うほどに、味が出てくる世界一と呼ばれるシェルコードバンは、腕に自然にフィットするだけでなく、アフターケアもほとんど必要ないほどの最高水準の馬の革ベルトです。

ビジネスシーンで使いやすい

ノモスの時計は、「シンプルさの贅沢」ということにふさわしく、ゴテゴテしたブラントイメージが先に立つ物でなく、時計そのもののシンプルさをモットーとしたシリーズが多く制作されています。上品なそのデザインは、ビジネスシーンにおいても控えめでお洒落な使いやすい腕時計です。
デスクワーク中心でも邪魔にならないそのフォルムは、とても薄く軽いため、仕事をしていても煩わしく感じません。どんなビジネスシーンでも、老若男女に合わせやすいシンプルで上質なノモスの腕時計です。

高級腕時計の中でもリーズナブル

ノモスの腕時計は、一流時計メーカーの多くが名前を連ねる最高水準グラスヒュッテで生産され、その自社開発ムーブメントも最高級なマニュファクチュールの腕時計であるにもかかわらず、多くのシリーズの腕時計の販売価格は、20万円前後で購入することができます。
ノモスと同じような最高水準と呼ばれる高級腕時計の中には、販売価格が数百万円といわれる時計も多くあるにもかかわらず、ノモスの腕時計は、最高水準の腕時計でありながらもリーズナブルな価格設定で、入手しやすい高級時計といえます。

ノモスのおすすめ腕時計

最高水準のノモスの腕時計の魅力を確認したところで、では、ノモスという知る人ぞ知るブランドの腕時計は、何処に行けば購入できるのでしょう。
日本国内のノモス取扱店舗は、21店舗あります。ノモスの日本サイトから、近くの取扱店舗を調べることもできるので、取扱店舗に訪れて実際にノモスの時計をみてから購入するのもよいでしょう。近くに取扱店舗が無い場合は、アマゾンなどの通販サイトからの購入が可能です。ここでは、アマゾンサイトから購入する場合のおすすめのノモス腕時計を、いくつかご紹介いたします。

ノモス タンジェント Ref.TN1A1W2


ノモスの代表腕時計とされるタンジェントは、生まれてから約25年間変わらないデザインを保ち、スタイリッシュで調和のあるシンプルなデザインです。そのデザインと品質は、多くの賞を受賞した実績が証明する世界が認める腕時計です。
ノモス社独自のコート・ド・ジュネーブ・ムーブメントといわれる内部構造の金属部分や地盤、ブリッジに施された研磨仕上げが採用され、手作業で作業された手巻きのアルファキャリパーは、高い精度で評価される世界最高水準の魅力的な腕時計です。

ノモス オリオン 38 OR1A3GW238


38mmのケースを使用し、ドーム型クリスタルバックケースからは、手巻きのノモス自社開発のアルファキャリパーをみることができます。一つ一つ手作業のグラスヒュッテ・ストライブの仕上げの美しさは、いつまでも眺めていたい美しさです。
シームレスに仕上げられたケースに対して、表面と裏面のドーム型サファイアクリスタルガラスは、オリオンシリーズ特有といえる滑らかなラインを現わし、際立ったシンプルさを誇るおすすめの腕時計です。

ビジネスシーンで活躍するノモスは要チェック

ノモスの腕時計は「シンプルイズベスト」という言葉が、ぴったり当てはまるデザインが多く、ビジネスシーンでも休日やデートでも、時計自体が主張しすぎることが少ない、飾らないお洒落なデザインが魅力です。
シンプルなデザインの中には、世界最高水準のオリジナルムーヴメントと繊細な加工のキャリパーが覗き、その美しさと、精巧緻密に組み立てられた内部構造は、グラスヒュッテの名前が付くノモスの最高の腕時計です。
その世界最高水準の腕時計は、こだわりのある職人が作り上げた最高級品の贅沢でありながら、ビジネスシーンでも活躍できるリーズナブルさで、持ち物にこだわりのあるお洒落な男性には、要チェックな腕時計といえます。

category

記事カテゴリー