比較で知るETF|投資で資産とステータスの運用を図る

比較で知るETF|投資で資産とステータスの運用を図る

BUSINESS 2018.07.03

昨今、投資は個人の資産運用として一般的な手段となりつつあります。今後は、嗜みとしても経験を問われる場面が出てくるかもしれません。かと言って何から検討したら良いのか悩んでいるという方に、『ETF』をご紹介します。

Share :

ETFは投資信託と違う

投資信託とは、資金をプロの投資家に預け、そのプロの判断で取引されます。それとは違い、ETFは、株式などと同じように個人投資家が自分の判断で取引します。ETFなら「預けている」ではなく「取引している」と言い切れるのです。
投資を経験するからには自分自身で運用してみた方が、より知識・技術そして自信がつき、また投資以外にも通用する感性が発見できるかもしれません。

ETFの基礎知識

数ある金融商品の1つ、ETFとは何なのか。

日本語で上場投資信託

ETF(Exchange Traded Fund)は、日本語では上場投資信託といいます。名前から分かるように、ETFは投資信託の上場企業バージョンです。

インデックス型の投資信託を株のように個人で売買できる

先述したように投資信託を上場企業でということは、市場平均の指数に連動する安定したインデックス型の投資法をそのまま、東証一部上場の企業で行えるということです。また株と同じ東京証券取引所などで扱われているので、株のようにリアルタイムで指数の動きを確認でき、取引所の営業時間内ならいつでも個人で取引できます。

ETFのしくみ

ETFはインデックス型です。株式は特定の会社に投資し、その会社の株価に連動して価値が上下します。そして、その会社が倒産すれば株は一気に紙切れです。
一方でETFの価格は日経平均やTOPIX(東証株価指数)に連動します。TOPIXのETFを1口買った場合、東証一部に上場している約2,000銘柄をまとめて買う、言い換えれば分散投資するような形になります。1つの会社が株価暴落や倒産したところで、極端な価格変動を起こすことが少ないのです。
投資する企業に悩む必要がないので、初心者でも投資しやすいですね。さらに、日経平均やTOPIXの指数はどんな経済ニュースでもほぼ確実に扱われているので、確認ツールに困ることもないでしょう。

ETFと投資信託の比較によるETFのメリット

なぜ良いのか。投資信託と比べるとよく分かります。

信託報酬が割安になっている

投資をすると基本的に保有コストがかかります。ETFと投資信託も信託報酬という保有コストを支払わなければいけません。ただ投資信託は販売会社・受託会社・運用会社の3社に信託報酬を支払うのに対して、ETFは販売会社には信託報酬を支払う必要がなく、その分投資信託より保有コストが少ないというメリットがあります。

値動きをリアルタイムで確認できる

証券取引所に上場しているETFは、株式と同じく証券コードが付与された銘柄です。ですから株式と同じように価格が取引所の営業時間中公開されており、値動きがリアルタイムで確認できます。
投資信託は非上場で未公開株も含まれるため、基準価額で取引されます。基準価額はその日の取引終了後に1日1回決められて公表されるだけです。買付注文をする時点ではまだ基準価額が決まっていません。自分で大体の額を計算するか、前日までの値動きで予想して注文を入れます。

相場の動きを見ながら売買もリアルタイムでできる

株式と同じということは、もちろんETFの売買も値動きの確認と一緒にリアルタイムで可能です。営業時間中に変動する価格に合わせて、何度も売ったり買ったりを繰り返すことができます。しかし投資信託は、1日1回算出される基準価額だけの取引なので、売買も1日1回です。

ETFと投資信託の比較によるETFのデメリット

必須項目。できる人ほど知っている。

自動積み立てができない

投資信託はプロの投資家に買付注文をして、代わりに運用をしてもらう仕組みです。金額だけ自分で設定し、定期的に自動で買付けて積み立てることもできます。
ETFの場合は自動積立ができません。これまでに出た通りリアルタイムで動く価格に対して、自分自身でタイミングを見て購入し、自分自身の判断で売却します。完全に自力です。そうなると個人ごとのメンタルな部分もかなり結果に反映されます。投資が続くかどうかは、コスト云々よりもこういった面のほうが影響があるかもしれません。また単純に面倒というのもあります。

適切な価格で買えないこともある

実はETFの取引はとても偏った状況です。ETF市場で1日の平均売買代金が100億を超えているのは数%のみで、半数以上は1,000万にも達していません。流動性が低いと、出来高が悪くなります。金融商品とは、頻繁に売買されることで出来高が上がります。
出来高が悪いETFを売りに出したとしても、こちらが希望する価格で買いたい人がいない状態が起こり得るのです。買いたい時でも同様に、希望価格で売りに出ていないことがあります。売買したい分がその出来高に占める割合が多いとなおさらです。希望する時に希望する価格で売買が成立しない、流動性の低いETFに注意が必要です。
対して投資信託は、運用自体をプロに預けているので、流動性リスクはETFに比べると少ないと言えます。

海外ETFの場合は為替手数料がかかる

ETFは国内だけでなく海外の銘柄も買えます。しかし海外ETFは対象国の通貨で売買するため、円をその国の通貨に替える際に手数料がかかります。海外ETFは為替手数料分のコストを忘れないでください。

ETFのメリットを活用して投資しよう

ETFのような分散投資は資産運用の基本と言われています。数万円から購入でき、そのメリットからもETFで投資を始める方が多いようです。
ただ金融商品の種類に関係なく投資をする上で最も重要なのは、デメリットを理解しておくことです。それでこそ自力で取引している投資家と言えるのかもしれません。
そして色々な金融商品をご自身でも調べてみてください。そのほうが、ETFの良さがもっと見えてくるでしょう。

当てはまったら要注意。仕事を変えたほうがいいと思うポイント

仕事を辞めたいと思う3つのタイミング

仕事を辞めたいと思う瞬間っていくつもあると思います。

「仕事が面白くない」 「仕事ができないので、上司から怒られる」 「人間関係が最悪だ」 など仕事を辞めたい理由があります。

そのままストレスを抱えて、仕事を続けるのは辛いことも多く、 仕事に身が入らない、失敗を繰り返して、怒られるなどの悪循環に突入することがあります。 仕事を辞めたいと思うときはこんなのではないでしょうか。

まず自分の市場価値を知りましょう

いきなり転職活動をしてはいけません。まずは自分の市場価値を調べてみることです。

自分の市場価値を調べる意味とは?

転職するには自分の市場価値を把握しておくことが重要ということがわかりました。 今すぐに転職する意思がないとしても、いつ仕事を辞めたくなるかわかりません。 不安になったらセーフティネットを張る意味でも、自分のスキルの洗い出しと、市場価値を把握しておくことだけでもしておくべきだと思います。 いつでも転職できると思っていた方が、気持ちが楽になるのです。

どうやって自分の市場価値を調べるのか

無料の転職診断を使う

もう一つは、転職サイトが出している自分診断で把握すること。 おおよそ10分くらいで、登録できるのでおすすめです。適正年収や、強みや弱みを理解できることも大きなメリットです。 別に今すぐ転職をしなくても良く、結果だけを知ることができるので、おすすめです。 他の転職者と比べて自分がどうなのか、そもそも自分の現在の市場価値はどれくらいかを客観的に判断してくれます。

【完全無料】市場価値をチェックできる転職サイトMiidas

ミイダス

ほとんどの方が、転職先のマッチ度が低いと感じている理由は、自分の得意な分野や市場価値を知らないことでミスマッチが発生します。 10分程度の簡単な質問に答えていくだけで、「適正職種」「業務遂行能力」「マネジメント資質」「上司とのマッチ度」「ストレス条件」など5つの項目を診断。 その後、最適な仕事を紹介してくれます。Miidasで転職した方は、転職先とのマッチ度が高まっています。



無料で市場価値をチェック

typeの適職診断

typeの適職診断は、簡単なアンケートを答えるだけで、自分の適職を診断してくれる機能があります。5分程度で簡単にチェックできます。





詳細を見る

転職エージェントで聞いてみる

転職エージェントに相談をすることです。まだ転職の意思が明確でなくても、 相談してみても良いでしょう。その際に、転職の意思がすぐにないことを最初に伝えておけば大丈夫です。 転職のプロに1対1で話せる時間が作れるので、客観的に分析してもらうのが良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートが運営するエージェントです。



詳細を見る

マイナビエージェント

非公開案件が豊富で様々な職種があります。特に、エージェントの対応で評判がよく、しっかりとキャリアプランを考えてくれます。



詳細を見る

スキルを高める方法

英会話

英会話を身に着けてスキルアップをしていきましょう。 外資系企業だけでなく、最近はグローバル化の流れで英語を使う企業が増えています。 転職の際にも、プラスになるでしょう。

自宅で簡単!オンライン英会話【エイゴックス】


自宅で簡単にオンライン英会話ができます。パソコンやスマートフォンがあれば、英会話レッスンが受けられます。 講師も選べるので、無料体験で相性の良い講師を見つけていきましょう。 また、レベルに合わせたレッスンがチョイスできるので、自分のスキルに合わせて検討してみましょう。 時間単位なので、長続きできるか心配な方や、初心者の方はこのサービスがおすすめです。



無料で体験してみる

ECCの【大人が楽しい英語】


ECCというとキッズ向け英会話のイメージがありますが、大人が学べるを英語をテーマにしたサービスです。 日常の何気ない会話からビジネスでの活用まで幅広く選べます。



詳細を見る

24時間オンライン英会話EFイングリッシュライブ


初心者から上級者まで対応しているオンライン英会話です。初めての方でも安心して学べるようにステップに応じたカリキュラムが選べます。



詳細を見る

プログラミングスクール

プログラミングを習得して、転職や年収アップを目指しましょう。 最近では、エンジンアのニーズが高まっています。 プログラミングは難しいと思われがちですが、最初はこうしたプログラミングスクールを通って、基礎的な考え方をマスターしていきましょう。 全く違う業界からの転職も目指せます。

3ヶ月で身につくTECH BOOST


CSS/HTMLなどの基礎的な技術から、AIやブロックチェーンを学べるプログラミングスクールです。 初心者が取り組みやすいようにカリキュラムが組まれています。



まずは無料のカウンセリングを受ける

category

記事カテゴリー