キャンプ用にランタンが欲しい。選ぶポイントとおすすめ商品を調査

キャンプ用にランタンが欲しい。選ぶポイントとおすすめ商品を調査

CAMP 2018.07.31

Share :

キャンプ用ランタンを選ぶポイント

夜のキャンプや活動でランタンは必須のアイテムです。暗闇をどのような光で照らすか、テント内ではどのようなランタンがよいのか?ランタン一つでその場の雰囲気や作業効率が変わります。
ランタンには使用する場所に適した燃料や特徴がありますので、しっかりと覚えておきましょう。また、大人数なのかソロキャンプなのかなど、ご自分のキャンプスタイルがどうかを想像しながら選んでいきましょう。

ランタンの種類と特徴

ランタンの種類は燃料別に3種類あります。それぞれの特徴やデメリットを知ることが大切です。早速、確認していきましょう。

一番明るいガソリンタイプ

ガソリンを燃料としてマントルという袋のようなものを焼いて灰のようにしたもので灯りをとります。昔は、灯油を燃料に使用していましたが、近年ではホワイトガソリンを使用するものが主流となっており、燃料費も比較的低価格帯で手に入ります。
ガソリンタイプのランタンは、ランタンの中でも光量が大きく、外気温に左右されにくく寒冷地でも安定して使用できるのが特徴です。
しかし、ガソリンを気化して使用するため、ポンピングという作業が必要となったり、使用後は毎回とまでいかなくても手入れを行なったりと少し手間がかかります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

初心者でも扱いやすいガスタイプ

ガスカートリッジを燃料として使用します。ガソリンと違い面倒なポンピングが必要なく、スイッチをひねるだけで点火ができるので、初心者でも簡単に扱えるのが特徴です。
燃料であるガスカートリッジは比較的価格が高く、燃費もあまりよくありません。アウトドアブランドのガスカートリッジは高価になるので、家庭用のカセットコンロのガスカートリッジを使用できるランタンを選べば、燃料費を抑えることも可能です。
ガスの特性上、寒冷地での使用では灯りが安定しないので注意してください。また、安定しないからとガスカートリッジを無理に温めたりする行為は大変危険なのでやめましょう。

テント内での使用に最適LEDタイプ

手軽で身近に使えるのは、LEDタイプのランタンではないでしょうか。電池式で火を使用しないので安全です。光源にLEDを使用しているので、昔の電球と比べて電池の消費も軽減されたことで、さらに使いやすくなりました。
火を使わないので、テントの中や小さな子どもがいても安心して使用できます。家庭内でも災害時に使用できるので1つ持っていると便利でしょう。
一方、光量が小さく、広い範囲を照らすことはできないのでメインランタンには向かないのでサブランタンとして使うのがおすすめです。スイッチやつまみを回すことで点灯できるので、手間も知識も必要ないので初心者に人気があります。

配置場所によるランタンの選び方

使用する場所ごとに向き不向きがランタンにはあります。それぞれの場所に応じたランタンを知り、自分に必要なランタンを選べるようにしましょう。

テント内で使うならガスとガソリンはNG

ガスタイプとガソリンタイプのランタンはガソリンやガスを燃料としているので、テント内で使用すると一酸化中毒や火事の原因となります。
テント内であれば、それほど光量も必要ないため、安全なLEDタイプを使用するのがおすすめ。明るさが必要であれば2つ3つと個数を増やして使うのもおすすめです。そうすることで、一定方向にできる影を打ち消しあうことができるので目の疲れも軽減できます。

メインランタンにはガスとガソリンがおすすめ

メインランタンとしてしようするには、キャンプサイト全体を明るく照らす必要があります。そのため、メインランタンとしては光量の多いガスタイプかガソリンタイプがおすすめです。もし、安全面を気にしてLEDタイプを使いたい場合は光量が強めのランタンを2つ使用すれば明るくできます。
メインランタンを明るく照らしておけば、その光に虫が引き寄せられるのでテントの中やテーブルまわりに虫が寄ってこなくなるので虫よけとしても重宝します。
明るく照らせばよいというわけではなく、まわりの隣接しているテントへの配慮も忘れないようにしましょう。

卓上用にはガスが最適

食事を囲むテーブルでは、料理や身の回りの物を照らすのに向いているガスランタンやキャンドルランタンがおすすめです。
LEDタイプにはない、本物の炎の灯りはどことなく落ち着き、屋外で味わう醍醐味でもあります。1つのみ設置したり、いくつかのランタンを組み合わせて使用してみたりと明るさや使用個数で雰囲気も変わるのでいろいろと試してみるのもよいでしょう。
あまり明るくし過ぎてメインランタンよりも明るくなってしまうと、虫が寄ってきてしまうので注意してください。卓上用は、メインランタンよりも暗くするのが鉄則です。

おすすめのキャンプ用ランタン商品

十分な明るさを確保でき、安全で価格も初心者向きのランタンをピックアップしてみました。ランタン選びの参考にしてください。

コールマン パワーハウスツーマントルランタン


定番のコールマンのガソリンランタン。190W相当とテントサイトを照らす明るさとして十分です。メインランタンとしての使用に最適です。燃料タンクは940cc、燃焼時間は7時間〜14時間です。マントルを2個使用する大型のランタンです。

コールマン ワンマントルランタン


ホワイトガソリン使用のランタンで、130W相当の明るさがあります。燃料タンクは590ccで、7.5時間〜15時間使用することができます。コールマン定番の中型のワンマントルランタンです。

キャプテンスタッグ フィールドガスランタンL


手頃な値段がアウトドア入門の方にはちょうどいいモデルのガスタイプのランタンです。明るさも150Wと十分な光量がありメインランタンとして使用も可能です。

コールマン ルミエールランタン


テーブルランタンとしておすすめのコールマンのガスタイプのランタンです。マントル不要で使用できるのでより簡単に使用できます。また、キャンドル風の炎が揺れるのが特徴的です。

コールマン CPX6トライアゴLEDランタン


500lm=40W相当の明るさとなるランタンなので、テーブルランタンやテント内のランタンにおすすめです。本体は、エリアライト3つとボディに分割できそれぞれ単独で使用することができます。

コールマン CPX6リバーシブルLEDランタン


温かみのあるウォームカラーのLEDランタンなので、テント内のランタンとしておすすめです。逆さまに吊るすことができるので、テント内全体を照らすことが可能です。

目的に合ったランタンを選ぼう

ガソリン、ガス、LEDと3種類のランタンがありますが、それぞれに特徴や使用するのに最適な場所がありましたね。それぞれの光量や灯が違うので、ご自分のキャンプスタイルに合わせて選びましょう。
使用場所によっても変わるので、テント内でも安全に使用できる電池式のLEDのランタンを1つとメインランタンでガソリンタイプやガスタイプを1つの最低2つのランタンがあると困らずにすむのではないでしょうか。
お気に入りの光で夜のキャンプ生活を快適に過ごしましょう。

category

記事カテゴリー