ダンベルウォーキングで効率的にカロリーを消費する方法とは

ダンベルウォーキングで効率的にカロリーを消費する方法とは

LIFE STYLE 2018.07.29

Share :

ダンベルでダイエット効果を上げる

ダンベルを持ってウォーキングを行うと、通常よりも負荷がかかり、より効率的に全身を運動することができます。ダンベルウォーキングの効果や正しいやり方を押さえて、自分のワークアウトに活かしてみましょう。ダンベルを持って時短トレーニングをしてみるのも忙しい時間を効果的に使うコツです。おすすめのダンベルを使用して、効率的にダイエットをしてみましょう。

ダンベルウォーキングの効果

ダンベルウォーキングの効果とはどのようなものなのでしょうか?メリットをいくつか挙げてその効果を見てみましょう。

効率よくカロリーを消費できる

負荷をかけないウォーキングでは、下半身の筋肉を主に使っています。ダンベルを持つことで上半身を積極的に使うことになり、上半身の筋肉にも負荷をかけて、全身運動により近くなること。とりわけ効果的なのは背中の肩甲骨付近にある褐色脂肪細胞を刺激することで、これによって効率的にカロリーを消費します。
褐色脂肪細胞は特にダンベルウォーキングで後ろに手を引いてから戻すときに使われるので、普通にウォーキングするよりも効率よく脂肪を燃やせます。同様の運動として水泳などがあるのですが、同じようにダンベルウォーキングでは全身に負荷をかけることで、カロリーを消費する率が高くなり、効果的なダイエットが可能です。

インナーマッスルを鍛えられる

ダンベルウォーキングは上半身と下半身を支えている体幹を鍛える運動を自然に行うことができます。上半身、とりわけ腰の部分には小さなインナーマッスルが数多く存在し、普段していない運動をすることで、この部分を鍛えることが可能です。
インナーマッスルは運動をしていないときでも内臓脂肪を燃やすなどの働きが強く、鍛えておくと脂肪を積極的に燃やしてくれるなどの効果が見込めることから、トレーニングでは積極的に鍛えたい部分です。またインナーマッスルが強くなることで、怪我などの予防に繋がったり、より負荷をかけたトレーニングができることから、鍛えておくことに損はありません。

ダンベルウォーキングの正しい方法

ダンベルウォーキングの正しい方法を覚えて、正しいフォームなどを身に付けてみましょう。

ダンベルの重さ

ダンベルの重さですが、重いもののほうが効果があるのはもちろんです。しかしある程度軽く負荷をかけるだけでもダンベルウォーキングには効果があり、あまり重いものを選ぶとフォームが崩れてしまったり、時間を継続することが困難になることから、1kg以下程度のダンベルを選ぶようにしましょう。
女性やあまり筋力に自信のない人の場合には200g〜500gくらいのものでも十分に負荷をかけられます。普通のトレーニングで使うものなら一番小さなものか、ダンベルウォーキング用に購入してもよいでしょう。

正しい歩き方

ダンベルウォーキングの歩き方はひじを軽く曲げ、自然な姿勢で目線を前に、そしていつもより歩幅を大きくするとより効果的です。歩幅に関しては一足分大きめにとるようにすると、特にお尻や背中の筋肉が使えるようになり、脂肪が燃えやすくなります。
歩く際には姿勢を注意するようにし、目線を下げないようにして、背筋を伸ばしましょう。軽く周囲の景色などを楽しむことや、複数で歩く場合には会話を楽しむなどの余裕があってもよいです。

20分以上歩く

ウォーキングでもダンベルウォーキングでも歩く時間は20分以上歩かないと、効果的なダイエットには繋がりません。体脂肪を効率的に燃やすためには深部体温をある程度上げる必要性があるため、時間はなるべくとって行いたいです。
運動の効率から言うと通常のウォーキングよりダンベルウォーキングのほうが、同じ時間歩くならよりカロリーを使います。20分以上の時間で続けられる範囲が目標のダンベルウォーキング時間です。
ウォーキング

ウォーキングにおすすめのダンベルを紹介

重さと値段が適当で持ちやすさを追求しているダンベルを3つおすすめします。

SINTEXダンベル ウォーキングダンベル


汚れに強く外でのワークアウトに向いているダンベルです。握りやすい独特のデザインもダンベルウォーキングに向いています。ダンベルウォーキング目的などに購入されている方が多数おり、人気のあるダンベルです。このメーカーのハンドグリップなどはその握りやすさを追求しており、ダンベルにもその製品のノウハウが生きています。

LITECウォーキングアレー 0.5kgX2 MN112


ダンベルウォーキングのときに持つのに便利なダンベルで、手に持ったときのフィット感がとても好評なダンベルです。男性用には1kgのものもありますので、どちらか選んでみてもよいでしょう。外見からではダンベルを持って歩いているように見えないのが大きなメリットです。

HOMETRY ソフトウォーキング ダンベル


手にはめて使うことができるタイプのウォーキング用ソフトダンベルです。長く握っていても疲れにくいのが大きなメリットで、長時間のウォーキングをする方におすすめ。ソフトタイプなので、落としても傷ついたりしないのもよい点です。

いつものウォーキングにダンベルをプラスしよう

ダンベルをプラスしてウォーキングをすると普通のウォーキングの効果がより増して、ダイエットや健康維持になります。同じ時間トレーニングに費やすなら、ダンベルを持って効率的に時間を使ってみましょう。いつもしているウォーキングに軽くプラスする感覚で行うとより効果的です。

category

記事カテゴリー