株の投資初心者が初めにしておくべきこと|ポイントを抑え賢く選ぼう

株の投資初心者が初めにしておくべきこと|ポイントを抑え賢く選ぼう

BUSINESS 2018.07.27

Share :

初心者のための株式投資の基本

みなさん、株式投資についてどういったイメージをお持ちでしょうか。多くの人が難しいと感じていると思います。しかしきちんと知識を身に付けて、株式投資を行えば資産を上手く増やすことができます。さらに社会情勢にも詳しくなるので、ビジネスマンとしての成長につながると思います。この際に株式投資を一から学び初めてみてはいかがでしょうか。

株式投資の基礎知識

株式投資の大前提となる基礎知識からご紹介します。

株は企業が資金を集める手段

そもそも、「株」とは何かご存知でしょうか。「株」とは会社が事業を行うにあたって、必要な資金調達をするためにとる手段の1つです。では株をもっていることでどんなメリットがあるのでしょうか。それは会社が得た利益を分け与える配当金と、テレビでも取り上げられことがある株主優待です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

株式投資で利益を出す仕組み

では株式投資でどのようにして利益をだすのでしょうか。方法として大きく2つに分けることができます。1つめは先ほどを説明した配当金を得ることです。株主はもっている株数に応じて配当金をもらうことができます。なので、もっている株数が多いほど、配当金を多くもらうことができます。
また配当の利率も企業によって様々で一般的には2%以上あれば高いと言われています。そして配当される回数も一般的に、年2回といわれています。しかし企業によっては配当を行わずに、投資活動を行うので配当金を狙うのであれば予め注意しておく必要があります。
2つめは株の売買によって生じた売却益を得る方法です。通常株を購入する時は、証券取引所を通して買うことになります。株価は企業の業績や景気によって多様に変化します。なので売るときの株価が、買ったときの株価よりも高ければその分の利益を得ることができます

株式投資にはリスクもある

次は株式投資においてのリスクを紹介します。リスクについて知識をたくわえることでリスクを回避し株を安全に運用できます。株式投資のリスクは大きくに3つに分けることができます。
1つめは値下がりリスクです。このリスクは簡単に言うと株価が下がるリスクのことです。株価は常に変動するので、下がることもあります。例えば、業績が悪化したときや不正事件など問題が起きた時です。
2つめは流動性リスクです。流動性リスクは株を現金に換金するまでのリスクのことです。保有している株の通常取引が活発でない場合、買い手が見つからないことがあります。株価が下がり続け早く売りたいときは元値よりも安く売ることになります。なので、株を買う場合は通常どのくらい取引されているか注目する必要があります。
3つめは倒産リスクです。このリスクは文字通り会社が倒産してしまうリスクのことです。会社が倒産してしまった場合は、もちろん会社は配当金を払うことができません。一定期間以上を過ぎると上場廃止になり、もっている株を売ることができません。なのでもっている株の会社の経営状況など、常に意識する必要があります。

株式投資を始める前にすべきこと

次に株式投資を実際に始める前に必要な3つのことを詳しく紹介します。

株式投資について勉強する

株式投資を始める前にまず株式投資について勉強する必要があります。最近では書籍やインターネット、セミナーなどで株式投資の知識を簡単に学ぶことができます。例えば、インターネットだとYouTubeやTwitterなどのSNSで有名投資家をフォローしてみたり、メルマガに登録して情報を収集したりするのもいいかもしれません。必要最低限の知識を学べば簡単に株式投資を始めることができるので、始める前は情報を集め勉強してみてください。

目的を明確にする

次に必要なことは目的を明確にすることです。株式投資の目的はもちろんお金を稼ぐことが目的になるのですが、どのくらい稼ぐのかは人によって異なると思います。例えば、お小遣いを増やしたいから始めるという人もいれば、個人投資家になり生計を立てていこうと考えている人もいるかと思います。必要以上のリスクをとって、誤った投資方法を選ぶことがないようにあらかじめ目的を明確にしましょう。

資金を用意して証券口座を開設する

最後に必要なのは資金を用意して証券口座を開設することです。まず資金に関していうと、日本の株式は一株ずつ買うことができず100株などまとまった状態で買わなければなりません。そして、1株の値段は幅広く高いものであれば1万円ほどするのである程度の資金を用意しなければなりません。
ですから10〜30万ほど用意しておいたほうがいいかもしれません。次に証券口座を開設するということです。まず証券口座とは自分が買った株を預けておける口座のことです。証券会社によってメリット、デメリットが異なるので自分にあった証券会社を選んでみてください。

株初心者が注意すべきポイント

株初心者が注意すべきポイントをおさえておけば、失敗する可能性を下げることができる。

自己資金を超える投資はしない

まず一番はじめに注意しなければならないのが自己資金を超える投資をしてはいけないということです。初心者のうちは経験が浅いので、お金を借りたりして自己資金を超えた投資をして失敗してしまった場合あとがなくなってしまいます。また1つの銘柄に大金を投入してはいけません。
今まで安定して利益をだしていた企業も、東芝のように不正が発覚して株価が大暴落してしまうかもしれませんし、日本は地震や津波など災害が多い国なのでその影響をうけてしまうかもしれません。なので利益が出ると確信していても、自分で上限を決めて複数の銘柄に分散してお金を投入するようにしましょう。

株価が下がっている時には損切り

次に注意するポイントは株価が下がっている時に損切りするということです。損切りとは買った株価がなかなか上がらず元値よりも低くなってしまった時に、売ってしまって損失を確定させることです。初心者の多くの人は株価が下がり続けている時に、株を手放さず保持し続けて大損をすることが多いのです。
またその株価が上がる可能性もあるかもしれませんが、最悪の場合そのままさらに株価が下がる可能性もあるかもしれません。なので損失が少ないうちに、思い切って手放すことも大切なのです。

株初心者におすすめの入門書

ここでは書籍を勉強するにあたって、オススメな本をご紹介します。

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾


この書籍は株式投資を漫画で解説しているため、いきなり活字で学ぶのには自信がないという人にオススメです。投資初心者から中上級者の方にも満足できる内容になっているので長く使うことができる入門書といえるでしょう。さらに、すべて最新のデータに改訂されているので安心して読み勉強することができます。

いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版


この書籍は一冊で株式投資の基本をおさえており、オールカラーで読みやすい入門書になっています。口座の作り方や実際の売買の仕方など初心者に必要な情報がのっており、さらに最新の株主優待情報、NISA情報などものっているので即戦力になる入門書といえるでしょう。株主優待を狙って株式投資をはじめる人にもオススメです。

株の学校(CD-ROM付)


この書籍は書籍の解説だけでなくCDでも株式への理解を深めることできるというところが魅力的です。この書籍では元手30万円から1億円まで伸ばしたトレーダー兼スクール講師が初心者の知っておくべき考え方や利益を伸ばす方法を教えてくれます。さらにCDだけでなくウェブでも解説してくれるので通勤時など隙間時間を使って勉強できるので忙しい方にオススメです。

世界一やさしい 株の教科書1年生


この書籍は基本的な用語から初心者向けに分かりやすく、ポイントをおさえて解説してあります。銘柄選ぶポイントや管理や売買のタイミングなど実践的なことを教えてくれていて、口コミでは何回も読み直して実践しているという方もいました。そして多くの人が株の入門書として選んでいるので信頼できる一冊であるといえます。

株をしっかり理解して賢く投資しよう

今までの説明を見てどうでしたか。初めは分からないことが沢山あると思います。しかし株についての理解を深め目的を定めしっかりとした準備をすれば。簡単に株式投資を行うことができると思います。なので初心者が注意すべきポイントに気をつけながら、賢く株式投資を行い自分の資産を増やしみてください。

category

記事カテゴリー