「結婚相談所」のおすすめとは。地域別・年代別に厳選して探そう

「結婚相談所」のおすすめとは。地域別・年代別に厳選して探そう

LIFE STYLE 2018.07.27

Share :

結婚相談所はどんなものがあるのか

そろそろ本腰をいれて結婚相手を探したいと思った際に、近道になるのが結婚相談所です。結婚相談所を利用しようと調べてみても、全国で数千社が登録されているので、実際どこを選べばよいのか迷ってしまいます。
全国にある結婚相談所の中にはどのようなものがあるのか、自分にはどの結婚相談所が合うのか調べることから始めてみましょう。

結婚相談所の種類はどのようなものがあるか

結婚相談所は、結婚相手を紹介してくれるところでありますが、現在の結婚相談所では、特徴や探している条件に優れているところや、本格的なお見合いシステムのもの、ラフな出会いを紹介してくれるものまで種類が豊富です。ここでは、種類別にどのような相談所があるのかみていきましょう。

データマッチング型結婚相談所を利用する

結婚相談所に登録している方の中から、自分の希望に合った相手をデータマッチングによって紹介してもらえるシステムの結婚相談所があります。
入会時に自分のプロフィールを登録し、希望の相手の条件を登録することで、条件のあった者同士をオンラインで紹介してくれるので、何度も結婚相談所に出向く必要なく結婚相手を探すことが出来ます。料金的にも比較的低料金で利用出来ることも、手軽に始めたい方にはおすすめです。
オンラインでデータマッチングを探すシステム上、結婚相談所のスタッフによる手厚いフォローはありません。フォローがない分、マッチング後は自分で動かなければなりません。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

仲人型結婚相談所を利用する

仲人型結婚相談所とは、相談所側に自分専用の担当者がいるので、相手とのやり取りの相談やお見合い後の進行方法など、分からないことは担当のコンサルタントに相談できるシステムです。
自分専用の担当コンサルタントなので相談しやすく、自分からは動けない人見知りの方や、恋愛に対して消極的な方の場合も、コンサルタントがフォローしてくれるので安心です。手厚いフォローが受けられるかわりに、料金は高めの設定となっている場合が多いようです。

年代別でお勧めの結婚相談所はどこか

結婚適齢期は、年々高くなっています。一昔前は、20代前半が適齢期であるといわれていましたが、現在は30代でも結婚適齢期といわれるほど、結婚する平均年齢が高くなっています。年齢が高くなっているということは、結婚できる年代の幅が広がっているということです。考え方では、婚活者には優位といえるでしょう。年代別にみた結婚相談所のおすすめを知りましょう。

20代におすすめな結婚相談所とは

20代で婚活する人は、最近では少なくなってきているようです。なぜならば、仕事を始めたばかりで恋愛をしている時間がないとか、自分の時間を楽しみたいという人が増えたからという理由もあります。ただし、結婚はまだまだと思っていても、20代のうちに、結婚相談所に登録しておくことでお得になる場合もあります。
20代には、お得な料金プランが設定されている結婚相談所も多く、30代になってから入会するよりも、20代で入会する方がお得な場合もあります。

30代におすすめな結婚相談所とは

仕事も落ち着いて自分の時間も楽しんできた30代は、そろそろ本腰を入れて婚活したいと思う人も多くなる年代です。結婚相談所の利用者数が最も多い年代でもある30代には、成婚率が高く、安定している相談所がおすすめです。
結婚、出産という大きなイベントがある30代の女性は、結婚成婚率が高い結婚相談所で、確実な結婚につながる出会いを求める場合が多いのです。30代で結婚したいと思う男性も、成婚率の高い結婚相談所に登録することで、本気で出会いを求めている女性と出会える確率が高くなります。

40代におすすめな結婚相談所とは

40代の婚活は、まわりでも結婚している人が多くなり、なかなか自然に出会うことは望めなくなるのが現状です。また一般的な結婚相談所は、20代30代の会員数がもっとも多く、40代で入会しても、同じ年代の会員数が少ない場合もあり、なかなか紹介してもらえないこともあります。
40代におすすめな結婚相談所は、40代以上の会員数が多いことがあげられます。40代以上の会員数が多いということは、同じ世代の結婚したい会員の数が多いということなので、紹介率も高くなるでしょう。
店舗設計

地域別でお勧めの結婚相談所はどこか

都市部であれば、結婚相談所へ登録している人数が多いため、紹介数も多いですが、地方では会員数が少なくて紹介されることも少ないのではないかと不安に思われるかもしれません。ですが、地方には、その地方ごとに相談所があり、多くの地元の会員数を保持しています。

東京でおすすめの結婚相談所を知ろう

人口が多く大都市である東京で、日本結婚相談所連盟に登録されている企業は374社あります。374社の中から自分に合う結婚相談所をみつけるには、時間も労力も必要ですが、納得いくまでリサーチをしてから決めましょう。
結婚相談所によっては、登録だけさせてあとは一切連絡なし、などという場合もあります。登録後も親身になって相談に乗ってくれるのか、アドバイスしてくれるのか、フォローしてくれるのかという点をポイントに、探してみるのもよいでしょう。

大阪でおすすめの結婚相談所を知ろう

大阪の日本結婚相談所連盟に登録されている結婚相談所数は177社です。この177社の相談所の中には、全国的に展開している結婚相談所もあり、大阪で登録しても会員数が少ない場合もあります。
大阪で結婚相談所を選ぶポイントは、大阪を拠点としている結婚相談所を選ぶことです。拠点としている地域になるので、大阪の登録者数が多い可能性が高いです。

横浜でおすすめの結婚相談所を知ろう

神奈川県の県庁所在地でもある横浜で、結婚相談所を探してみましょう。横浜限定での結婚相談所は、大手結婚相談所の分室などもあり少なくはありませんが、中でもおすすめといわれている結婚相談所は、「エールマリアージュ」です。
エールマリアージュは、入会後のフォローが手厚く、利用者からの口コミもよく、感謝の評価も多くあります。担当者の丁寧なアドバイスやフォローがうかがえる内容も多く、登録した人全員に幸せな結婚をしてもらうためにフォローするというエールマリアージュの本気度が分かります。親身になってもらえるサポート体制が、人気の理由です。

長野でおすすめの結婚相談所を知ろう

長野には、大手結婚相談所の店舗を構えている場合も多く、地元の結婚相談所もいくつかありますが、会員数からすると、やはり大手に比べ少ないのが現状です。そのため、長野市に支社を置いている「楽天オーネット」に無料体験してみるのもひとつの方法です。
入会してみて、自分に合うかどうかを判断して、合う場合には本登録することもよいでしょう。初めての利用する方などには、無料体験はおすすめです。

浜松でおすすめの結婚相談所を知ろう

静岡県浜松でおすすめな結婚相談所は、大手の結婚相談所や地域密着型の企業になります。浜松は、全国的にみても若年未婚率が高く、20代など若い年代の婚活者数が多いので、静岡駅や浜松駅付近に地域密着型の相談所も多くあります。
婚活している人の人数が多いことは、地元で出会う確率が高いということになります。若い年代から婚活する人が多いため、出会うチャンスが多い地域なのです。

再婚やシングルマザーにおすすめは

婚活者の中には、結婚した経験はあるけれど、何らかの理由で離婚して、再度婚活をする人や、以前のパートナーとの間に子供がいて、シングルマザーやシングルファザーとして、第2の人生の為に婚活する方もいます。
再婚希望者や子供がいる片親は、一般的な相談所では、相手の数が少なくなかなか出会うことが難しい場合もあります。しかし、同じような境遇同士の方の結婚相談所もあります。同じような境遇同士の出会いなら、再婚に結びつく確率も高くなります。

事前にフォローがあるツヴァイを利用する

子供がいるシングルマザーやファザーの中には、婚活を初めから諦めてしまうこともありますが、そんな不安を打ち消してくれるサービスが、結婚相談所のツヴァイにあります。
料金を支払っても子持ちじゃ出会いなどないのでは、知り合えても子供が相手に受け入れられるか、小さい子供がいるから活動時間があまり取れないなどの不安は、入会前に事前カウンセリングサービスやマッチングシミュレーションなどのサポートやフォローがあるので、子持ちやバツイチでも安心して利用することが出来ます。

再婚カップルが多い楽天オーネットを利用する

楽天が運営する楽天オーネットは、年間の成婚者数の内、約30%は再婚カップルであるというほど、再婚を希望している利用者が多い結婚相談所です。楽天オーネットは、ネットでのマッチングサービスのほか、直接の紹介サービスなどプランも豊富で、婚活パーティーなども多く開催されています。
ただし、楽天オーネットからの直接的なフォローがないので、紹介後は自分で動ける方や、数多くの相手と知り合いたい方には、おすすめの結婚相談所です。

特徴を知り自分に合う場所を選びましょう

結婚相談所は、結婚相手を紹介してくれるだけではありません。登録後の手厚いサポートやフォローの違い、地域に密着型や大手結婚相談所など、タイプや種類も多くあります。自分の環境や希望に合った結婚相談所を選ぶことは、婚活の重要なポイントです。自分に合う結婚相談所を探して、よい出会いをみつけましょう。

category

記事カテゴリー