ケトルベルは効果なし?そう感じる理由を知って正しいトレーニングを

ケトルベルは効果なし?そう感じる理由を知って正しいトレーニングを

LIFE STYLE 2018.07.25

Share :

ケトルベルは効果なしなのか

ケトルベルは、球体に取っ手がついたウエイトです。ジムなどで持ち上げたり、回したりトレーニングに使用している人もいらっしゃるでしょう。しかしながら、あまり効果を感じられないという声もあります。このページでは、ケトルベルには期待できない効果や誤ったトレーニング方法について説明していきます。

ケトルベルには効果が期待できないこと

ケトルベルには、期待できないいくつかの効果があります。筋肉を増やすことや下半身の強化、スタミナアップには向いているトレーニングではありません。こうした期待できない効果について具体的に解説します。

筋肉の増強

ケトルベルは筋肉の増強には向いていないトレーニングです。重量的にはダンベルなどよりも軽く、重量を少しずつ重くしていくやり方を実践できません。形的にもトレーニングしづらいです。体の部位によってはケトルベルの方がトレーニングしやすいですが、「腕の筋肉量を増やしたい」「胸の筋肉を大きくしたい」という願望を叶えることは難しいでしょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

持ち上げられる重量のアップ

ケトルベルには、重量に制限があり、持ち上げられる重さは限られてきます。両手で80kg程度までしか扱えないため、筋力に自信のある人は物足りないと感じるかもしれません。バーベルなどであれば、自分の体重をはるかに超えるような重さでトレーニングすることができます。そして何kg持ち上げたという記録更新も楽しめるものです。

下半身の強化

脚を鍛えるために、ケルトベルを持ちながらスクワットすることもあるでしょう。しかしこのトレーニング方法では、下半身を強化することができません。ケルトベルは手で持つトレーニングアイテムですので、脚ではなく腕に負荷があります。バーベルであれば肩に乗せるため、スクワットしても全身を鍛えることが可能で、重量がさまざまあることもメリットです。

スタミナのアップ

ケルトベルはさまざまな効果を期待できるトレーニング方法として、紹介されることもありますが、スタミナはそれほどアップできないかもしれません。なぜならトレーニングの時間が10分程度と短いからです。もちろん、全く効果がないワケではありませんが、効率的なやり方とは言い切れないでしょう。持久力をアップさせるためには、別のトレーニング方法を推奨します。

ケトルベルの効果がなくなる間違ったやり方

ケトルベルの誤ったトレーニング方法について解説します。まずは、姿勢が悪いままトレーニングすることでしょう。息を止めることもNGです。筋肉痛がある時に無理やりトレーニングすることも避けてください。こうした間違ったやり方について具体的に説明します。

姿勢が悪い

悪い姿勢のままケトルベルを使用しないでください。例えば、腰を曲げている状態でトレーニングしてしまうと、そこに負荷がかかりますので、腰痛になってしまいます。腰を痛めてしまえば、トレーニングを続けられない可能性があるだけではなく、歩くのもままならない状態になる危険性もあるでしょう。姿勢は腰をすっと真っ直ぐにしてください。また両手で持ち上げる器具のため、腕の筋力に頼って上げ下げすることがあります。これも腕を傷めてしまう原因となりますので、全身を使ってトレーニングするようにしてください。

息を止めながら動いている

息を止めながらトレーニングしても、効果的とは言えません。重いものを持つ時などは、力むためについつい呼吸を止めがちですが、脂肪燃焼効果を期待できる有酸素運動の妨げになる可能性があるでしょう。もちろん、単に息を吐けば良い話ではありませんし、適切な呼吸方法があることも頭に入れておいてください。トレーナーについてトレーニングする際は、呼吸に関してもレクチャーを受けましょう。

筋肉痛があるのに無理をする

ケトルベルでトレーニングしているときに、筋肉が痛みを感じることがあれば、すぐに止めるようにしましょう。勢いよく上げ下げするトレーニングでは、痛みが出がちです。トレーニング中に痛みが出ても、中断するような大きな痛みでない場合、続けてしまう人がいます。しかし小さな痛みでも止めることをおすすめします。長い期間トレーニングできなくなることを防止するためにも、無理をしないようにしましょう。痛みで腕力が弱まり、汗で滑ってケトルベルを落としてしまう可能性もあります。

正しいトレーニングを身につけよう

ケトルベルのトレーニングでは、筋肉の量を増やすことやスタミナアップなどにおいて、あまり高い効果を望めないでしょう。下半身強化にもそれほど向いていません。また重量にも制限があるため、「○○kg上げた」という筋トレのモチベーションアップも図れないでしょう。
注意点としては、姿勢の悪いままスウィングしたり、筋肉痛を無視してトレーニングしてしまうと、体に大きな負担がかかります。ケトルベルを使って筋トレする際は、正しいトレーニング方法を身につけて、効率良く全身を動かしてください。

category

記事カテゴリー