ケトルベルを使ったダイエットで効率よく全身を引き締めよう

ケトルベルを使ったダイエットで効率よく全身を引き締めよう

LIFE STYLE 2018.07.27

Share :

ケトルベルというトレーニング器具

いま注目を集めているトレーニング器具「ケトルベル」。ケトルベルは、金属製のケトル(やかん)の形をしたウエイトトレーニングをするための器具のことを指します。
用途はダンベルにも似ていますが、ダンベルにはない持ち手がついており、重心が持ち手より離れていることから、ダンベルより幅広いトレーニング方法があります。
ケトルベルは、トレーニング初心者でも簡単に使え、腕、腹筋や背筋、体幹など全身を使ったトレーニングができるので、ジムなどでも取り入れられています。ダイエットにも適していることから、ケトルベルを使ったダイエットが人気となっています。

ケトルベルがダイエットに適している理由

ケトルベルがダイエットに適しているのは、トレーニング初心者でも扱いが簡単にできるから。簡単な動作が多いので、初心者でも取り組みやすいことから人気が高まっています。それ以外にもケトルベルにはダイエットに適している点が多くなります。詳しくみていきましょう。

ケトルベルのダイエットの効果

効率的なダイエットを行うためには、無酸素運動である筋肉トレーニングで代謝を上げ、有酸素運動で脂肪を燃焼させる必要があります。そのため、最近のダイエットでは腹筋や腕立てなどをしたあとに、ランニングなどのトレーニングをするのがよいとされています。
このようなトレーニングを行うのはなかなか大変ですが、この無酸素運動と有酸素運動を同時に行うことができるのがケトルベルの魅力です。

全身の筋肉を強化する

ダンベルなど一部の筋肉を鍛えるウエイト器具と異なり、ケトルベルは全身の筋肉を使ったトレーニングを行うことができます。ダイエットを行う際に筋肉を鍛えていないとせっかく痩せられても皮膚がたるんでしまったりリバウンドしやすかったりしますが、筋肉を強化することによって代謝が上がり、たるみを引き締めスタイルのよい体を作ることができます。

体幹を鍛える

その独特の形状から重心が持ち手から離れているケトルベルは、動かすときに強く遠心力がかかります。この遠心力に負けないようしっかりと踏ん張ったりバランスを取ろうとすることで自然に体幹が鍛えられます。体を芯から支える体幹が鍛えられることで筋肉量がアップするだけでなく、姿勢が改善され血行がよくなり代謝も上がるといわれています。

重くすればよいというわけではない

ケトルベルの重さは4〜40kgまで、さまざまな重さのものがあります。重ければ重いほど効果があるというものでもありません。無理のない重さでトレーニングすることが大切です。
ダイエットの場合には、筋トレではないので比較的軽いものを使用した方がいいでしょう。。筋肉痛になるほど負荷がかかるものよりも、軽量のもので継続しやすいものを選びましょう。一般的に女性は4〜8kg、男性は8〜12kgのものがおすすめです。

ケトルベルを使ってダイエットしよう

ケトルベルを使ったダイエット方法にはどんなものがあるのでしょうか。ダイエットに効果的な動作とその効果についてみていきましょう。

有名なスイング動作

ケトルベルのトレーニングでは基本と呼ばれているのが、スイングです。ケトルベル特有の持ち手を活かしたトレーニング方法のひとつです。動作自体は簡単なものですが、腕の力だけでケトルベルを持ち上げないようにすることが重要です。
腕の筋肉に大きく負担をかけるだけでなく腰を痛める原因になります。腿の筋肉、股関節、体幹を意識し全身を使ってスイングしましょう。

  • 1.ケトルベルより一歩下がったところに足を広げて立ち、背中が丸くならないよう前傾し膝を曲げる
  • 2.ケトルベルを両手で持ち、足の間から後ろへ持っていく
  • 3.反動を使って腰を前に出しながら膝を伸ばし、ケトルベルを持ち上げる
  • 4.足の間から胸の高さまでスイングする                         

スクワットスラストでトレーニング

ケトルベルを用いた負荷のあるスクワットもダイエットに効果的です。ケトルベルを用いることで少ない回数でも効果的にトレーニングが出来ます。 

  • 1.足は肩幅よりもやや広いぐらいに開けて立ち、ケトルベルを両手であごの位置で持つ
     (このとき、脇はしっかりしめてケトルベルが体から離れないように気を付ける)
  • 2.体は前に倒れないよう真っ直ぐを常に意識して腰を落とす
  • 3.立ち上がるときはスッと一気に立ち上がる
  • 4.2.3をくり返す

トレーニングをよりよく効果的に行う方法

ケトルベルの魅力は無酸素運動と有酸素運動を同時にできるところにありますが、トレーニング中に息を止めてしまっては無酸素運動のみになってしまいます。トレーニング中はきつくても息を止めないようにしましょう。
慣れるまでは呼吸を意識して行うとよいでしょう。また、飽きてしまわないようトレーニングの種類を変えたり組み合わせたり、もしくはトレーニング中に音楽をかけたりなど工夫することも大切です。

ケトルベルはトレーニングにも適している有用な器具

ダイエットに効果的なケトルベルですが、もちろんトレーニングにも有効な器具です。ケトルベルは全身を使った筋肉トレーニングと有酸素運動の掛け合わせによって、スタミナの向上も期待できます。また、遠心力を用いてバランスを強化し、体幹やインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。
ケトルベルを使ったトレーニングには、ダイエットや健康維持のための軽いものから、負荷を大きくしたアスリートにも通用するトレーニングまでさまざまな種類があります。自分に合ったトレーニング方法を見つけましょう。

category

記事カテゴリー