ドローン720xの特徴とは|簡単操作でスタイリッシュに楽しもう

ドローン720xの特徴とは|簡単操作でスタイリッシュに楽しもう

LIFE STYLE 2018.07.20

Share :

ドローン720xの魅力

最近では家電量販店にもドローンコーナが作られるほどの人気ぶり。幼少の頃に心掴まれたのは地上を走るラジコンカーですが、今は宙を飛ぶ無人飛行機ドローン。大空の中を自分が操縦するドローンが飛ぶさまは、想像するだけでもワクワクします。
ドローン720xは実にコンパクトで、4つの羽を折りたたんでしまえばジーンズのポケットに収まってしまうサイズ感。いつでもどこへでも持ち歩くことができるので、気軽に憧れの空撮を楽しむことができます。
ドローン 写真

 

スマホで操縦することができる

ドローン720xはスマホを操縦機として連動させ、簡単に飛行制御ができるためビギナーでも安定したフライトを楽しむことが可能です。セットアップも実に簡単

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 1.スマホに「JY UFO」というアプリをインストールする。→「App Store」検索、もしくは説明書内のQRコードを読み取り、ダウンロード &インストール
  • 2.ドローン720xとスマホのwifi接続 → 設定 &wifi を onにして「ネットワークの選択」を表示させる
  • 3.ドローンの電源onにして、スマホと同期させる

操作範囲は70mとあり、上空からも十分満足がゆく距離で撮影が可能。また、ドローンに内蔵されているカメラで撮影したライブビデオを、スマートフォンで直接ストリーミングすることができるので手間もかからずとても便利です。

重さはたったの85g

機種にもよりますが、昨今のスマホの重さはだいたい110-180gと言われている中でドローン720xはたったの85g、Mサイズのみかん1個(約120g)よりも軽いです。さらにポケットサイズのミニドローンなので、文字通りポケットへ忍ばせればどこへでも簡単に持ち運び可能で今すぐにでも持っていきたいところ。

連続飛行時間は8分

機体の裏側に挿入されたバッテリーを十分に充電しておけば、最大8分間の飛行を楽しむことができます。ちなみにフル充電にかかる時間は約90分程度と言われているので、開封後すぐに充電し、その間にセットアップを終了させてしまうのが効率的。

720p30fpsの解像度

720pとは解像度で画面内にあるピクセル数のことで、この数が多さが画質の鮮明さと比例していきます。30fpsはフレームレートのことで、1秒間に30枚の画像を再生させているということになり、この数が多いほど映像は滑らかでより快適に。
ドローン720xはiPhoneカメラのデフォルト設定とほぼ同じクオリティであるので、撮影した画像も申し分なく鮮明で、ストレスなく静止画も動画も撮影を楽しめるでしょう。
ドローン スマホ

ドローン720xのおすすめ活用方法

ドローンの歴史は意外と古く第二次世界大戦時に軍事用に開発されたが、近年にかけては空撮/点検/測量/農業/運搬など民間でも幅広く利用されています。
ドローンは今やアートやファッションとも融合し、平昌冬季オリンピックの開会式で「インテル」が、1,200機ものLED搭載ドローンを使用し幻想的な光のショーを創り出し、ミラノコレクションでは「ドルチェ&ガッバーナ」がドローンにバッグをぶら下げてランウェイを浮遊させる演出まで披露しました。
また、身近なところでも大人が楽しめる玩具としても人気です。ドローン720xは操作もシンプルで価格もリーズナブル。これからドローンを始めたいというビギナー用や、本格的なドローン購入前のお試し用としても最適な機器でしょう。

練習用として使う

セットアップも簡単で初心者でも手軽に飛ばせるため、初めてドローンを飛ばす際の練習機として活用可能。ドローン720xのような200g未満のものは「ホビードローン」と呼ばれ「無人航空機」に該当せず航空法の規制を受けません。しかし「模型航空機」の扱いに該当するため基本的に以下の規制があります。

地上/水面から150m以下の高さで操縦する

ちなみに国の許可があれば可能だが、許可なしに違反した場合は最大50万円の罰金が科せられることもあるので注意が必要です。

室内用のおもちゃにする

ドローンの独特な操作に慣れるまでは外での操縦は不安だ、という場合は室内用にするのもアリ。制限のある室内であれば操縦ミスしても行方不明になることはまずありません。万が一墜落となってもドローンへのダメージや他のものを破損させる危険も屋外と比べ軽いはずです。
また、サイズが小さいドローンは大いに風の影響も受けやすく機体も軽いため思わぬ方向で飛んでいってしまうことも。よって室内専用機にするのは合理的です。操作に充分慣れてきたところで屋外飛行というのも悪くないでしょう。

snsにアップする写真を撮る

ドローンの醍醐味はもちろん空撮。ドローンからの雄大な風景や疾走感のある映像は、見ているとあたかも自分も飛行しているような気分を味わえます。
ドローンのそのダイナミックな画は多くの人から注目を浴びることとなるでしょう。自分で操縦し撮影した動画や画像をSNSを通して世界中の人とシェアすることで、多くの人と繋がることも可能で、夢が広がりますね。

ドローン720xを購入する時に知っておきたい注意点

基本的にはコンパクトで使いやすいオススメのドローン720x。実際の注意点がいくつかあるので、それらを攻略した上で納得して購入すれば問題なく初めてのドローン飛行が楽しめるはずです。

別売りのプロペラが必須

まだ操縦に慣れない時には、ぶつけた衝撃などでプロテクターの付いていないドローン720xのプロペラは壊してしまうことも。海外輸入商品のため手間を省くためにも、本体を購入する際にあらかじめ別売りのプロペラをスペアとして一緒の購入しておくのがよいでしょう。

マニュアルが英語

ドローン720xは海外輸入品のためマニュアルは全て英語表記です。しかし英語が苦手でもユーザーインターフェイスにデザインされており、なおかつシンプルな操作方法なので感覚的に対応できることも多く、実際のところさほど心配はいらないでしょう。

ホバリングが不可能

ホバリングとは航空軍事用語で空中停止という意味ですが、ドローン720xはその場所を飛行し続けるホバリング機能が弱く横や上へと移動してしまいます。そのため滞空し続けるにはずっと方向を修正し続ける操縦テクニックが必要ですので、楽しみながら自由に飛ばせるように練習しましょう。
ドローン

特徴を十分理解した上で購入を決めよう

日本では売られていない海外輸入品のため、レアな感じもあるドローン720xはいかがでしたか。さまざまな特徴を踏まえ納得したら即購入しましょう。これでまた一つ、あなたの新しい世界が広がることは間違いないはず。休日はぜひ、カッコイイ大人の遊びを楽しみましょう。

category

記事カテゴリー