【結婚相談所での離婚率】知りたい効果的な婚活の方法とポイント

【結婚相談所での離婚率】知りたい効果的な婚活の方法とポイント

LIFE STYLE 2018.07.20

Share :

結婚相談所での結婚事情気になる離婚の現状

結婚相談所を介して結婚すると、恋愛結婚よりも短い期間で結婚することが多い分、離婚率が気になるところです。しかし、恋愛結婚だと結婚と恋愛が別に考えれず、結婚してから嫌な部分が見えてつらくなる場合があり、意外と良いところばかりではありません。
逆にお見合い結婚だと最初から結婚に対して本気で考えており、お互いの条件を知ってから合うかどうか決めることができます。よって、離婚率もお見合い結婚のほうが低いというデータもでているのです。

3組に1組離婚している現状

実は、日本人夫婦は3組に1組は離婚しています。その内訳は恋愛結婚が40%ですが、お見合い結婚の割合は10%です。
恋愛結婚のほうがお見合い結婚より長く相手と過ごしていることが多いため、ミスマッチが少ないのでは思われますが、恋愛をしているときは周りが見えておらず、結婚してから相手の嫌な部分が見えるケースも多いようです。
その点、お見合い結婚ははじめから結婚を目標としており、冷静に相手を見ることができるため、離婚率が低いのです。

離婚率を下げる為のポイント

日本の離婚率は年々上昇しています。1970年、日本の離婚率はわずか0.93%とかなり低かったのですが、その後年々離婚率は上昇しており、1983年には1%を大きく超え1.51%です。
その後のバブルの時期の1990年頃までは一旦離婚率は下がりますが、バブルがはじけた後また上昇し2014年には1.77%まで上がり、その後も上昇し続けています。離婚率が上昇し続ける原因は、一体なんでしょうか。

離婚の主な原因を把握する

離婚の原因1位以外は男女で違っており、お見合い結婚と恋愛結婚の離婚の原因もそれぞれ違ってきます。1位は男女ともに性格の不一致です。
女性側の2位以降は暴力や精神的虐待などDV関係や家庭を省みないといった理由が並びます。それに対し、男性側は家族と折り合いが悪いことや同居に応じないことなど家族ぐるみの問題や、相手の浪費や性格異常などが挙げられ、男女に大きな違いが見られます。

お見合い結婚の時は本心を隠さないこと

お互い結婚に真剣で、条件を良く見て進めるお見合い結婚でも離婚する人は離婚します。その原因は価値観の不一致が多いです。
お見合いはまず条件を見られるので見栄をはってしまいがちですが、条件で選ぶお見合いだからこそありのままの自分を見てもらう様にしましょう。結婚相談所でのお見合いは3カ月など短期決戦になることが多いのですが気になることはしっかり見極め、本心は隠さず背伸びはしすぎないようにしましょう。

恋愛結婚の時は冷静さを失わないこと

恋愛結婚の場合、離婚率がお見合い結婚の約4倍です。恋愛だと好きだから故に相手の嫌な部分から目を背けてしまいがちです。それ故に性格の不一致での離婚が多いと考えられます。
恋愛からの結婚だと、相手のことが好きということが第一で結婚する場合が多いですが、その気持ちが冷めてしまうとなにも残らず、離婚してしまうことが多いようです。
好きな気持ちも大切ですがそれだけでなく、冷静に相手を見て一生共に過ごしていくにはどうか考えてから婚約に進みましょう。

現代の出会いの形

最近では、お見合いは堅苦しいものばかりではなく、バスツアーやバー、居酒屋などでも開催されており気軽に参加できるものが増えてきています。
趣味が明確な人はスポーツや趣味、お料理コンなどがおすすめです。なぜなら、共同作業をしながら相手の様子を見ることができるうえに、趣味が合う人と知り合うチャンスがあるからです。
一度にたくさんの人に出会いたいならパーティ形式がおすすめです。順番に異性と話すお見合い回転寿司があり、1回の参加で多くの人と話せます。
少人数で交流を深めたいなら定番の合コンタイプが良いでしょう。一度に出会える人数は少なくなりますが、相手のことを良く知れて連絡先も交換しやすいのがメリットです。
たくさんある出会いの形のなかから、自分に合ったものを選びましょう。

結婚相談所でのお見合い結婚の現状

結婚相談所でのお見合い結婚は恋愛結婚より離婚率が低いのが最大のメリットですが、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。メリットとデメリットを理解して、結婚相談所でのお見合いを有効活用しましょう。

メリット

恋愛より短期間で結婚を決めるケースが多いため、デートのコストが低い

  • お互いが結婚に前向き
  • 自分だけでなくお互いの家族も納得した条件で結婚に進める
  • 冷静に相手を見れて幻想を抱かない
  • 離婚率が低い

お互いが結婚に対して本気なため、コストも時間も無駄にならず、相手を冷静に見られるのが魅力なようです。

デメリット

  • 周りからのプレッシャーが気になる
  • 条件だけ見てしまいがちで、内面までしっかり見れないことがある
  • 条件ばかり見て決めたらしたらそれが崩れたらすぐ離婚に繋がる
  • 性格を見抜けなかった

お見合いは交際期間が短くなりがちで条件を重視してしまうため、内面をしっかり見ておらず、条件が崩れたときに離婚に繋がる可能性が高いです。短い交際期間のなかで、見栄を張らず、お互いにありのままの自分を出しておくことが大切です。
また、まわりのプレッシャーに負けて焦るのではなく、相手をじっくりみるようにしましょう。

恋愛結婚の現状

恋愛結婚のほうがお見合い結婚よりも離婚率が高いデータがありますが、好きな人と結婚できることが最大のメリットです。恋愛だと盲目になり冷静になりにくいですが、相手の性格を良く見れることも魅力です。

メリット

  • 好きな人と結婚できる
  • 性格を良く知ってから結婚できる
  • ドラマティックな結婚ができる

お見合い結婚よりも交際期間が長いため、相手の性格を良く知ることができます。また、好きで交際してきた相手なので絆も深まっており精神的にも満たされた状態で結婚できるのが魅力です。

デメリット

  • 性格はわかったが条件が合わなかった
  • 結婚を前提に付き合っている事ばかりではないので障害がある

恋愛しているうちは気にならないことでも、結婚して一生連れ添うには条件に合わなかったり、100%結婚を見据えて交際しているわけではないので結婚への道が遠かったり、障害がある可能性があります。
このように、確実に早く結婚したいなら、お見合い結婚がおすすめです。

パートナー選びで注意したい事

自分ひとりで婚活していると、冷静になれず判断に困ることもあります。そこで、第3者のアドバイスを聞くことがおすすめです。友人や家族に相談するのも方法のひとつですが、結婚相談所ではプロのカウンセラーが相談に乗ってくれます。
偏見や差別なくマイナスな点についても的確なアドバイスをくれるので、周りに相談するよりもおすすめです。パートナーを探すときは、自分だけで抱え込まないようにしましょう。

最良のパートナーを見つけ人生を楽しもう

恋愛結婚にも、お見合い結婚にもメリット、デメリットがあります。しかし、できるだけ早く理想の相手と結婚するにはお見合い結婚が近道になるケースが多いです。
結婚相談所なら条件をもとに相手を探しながらプロに相談に乗ってもらえるため、一人で抱え込まずに婚活をすすめることができます。最近では、形式ばったお見合いだけでなく、趣味のお見合いやパーティ形式など気軽に参加できるものも増えているので、新しい出会いの形式にチャレンジするのも良いでしょう。
数ある出会いの形から、自分に合ったものを選んで最良のパートナーに出会いましょう。

category

記事カテゴリー