プロテインを美味しくアレンジしよう|手軽に飲みやすくする方法とは

プロテインを美味しくアレンジしよう|手軽に飲みやすくする方法とは

LIFE STYLE 2018.07.15

Share :

プロテインをアレンジして飲みやすくする方法

プロテインの種類は多く、飲み始めたばかりの初心者は味や飲みにくさ、匂いでつまづき諦めてしまうことがあります。大抵のプロテインは大きい袋で1kgから販売されているので、合わない商品を手にしてしまうと、飲み切れず無駄にしてしまうかもしれません。
せっかく買ったプロテインが飲めないときは少し手を加えてアレンジしてみましょう。割るものを変えてみたり料理に使ってみたりして、手軽に美味しく上手にプロテインを摂取する方法を教えます。

プロテインのお手軽アレンジ

水で溶かしただけでは、粉っぽさや味が苦手なときに簡単に試せるので味の変化を楽しんでみましょう。

相性のいい牛乳や豆乳と混ぜる

ホエイプロテインはもともと牛乳の成分の「ホエイ」からできているので、牛乳との相性がよいです。カロリーを抑えるには、低脂肪乳や豆乳がおススメです。牛乳や豆乳で飲むと、タンパク質以外の栄養素も一緒に摂ることができます。水で溶かして飲むよりも濃厚になり、美味しく感じられるでしょう。しっかりと溶かせるようにプロテイン用のシェイカーを使用するとより飲みやすくなります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

ヨーグルトと混ぜて朝ごはんの代わりに

プロテインを飲むのに飽きてきたときは、ヨーグルトに混ぜて食べるのがおススメです。ヨーグルトも牛乳からできているので相性はよいです。またプロテイン特有の粉っぽさもトロっとしたヨーグルトで気になりにくくなります。ただし溶けにくいこともあるので少しずつ溶かすのがポイントです。

オレンジジュースと混ぜて疲労回復

ミルク系のプロテインなら柑橘系のオレンジジュースに混ぜても飲みやすくなりおススメです。オレンジジュースに含まれる疲労回復を促してくれるクエン酸や、たんぱく質の吸収を助けてくれる糖質も一緒に摂れるのでプロテインの効果アップも期待できます。
プロテイン自体にフレーバーが付いている場合は、合わないこともあるので注意してください。

プロテインを食べるアレンジ料理レシピ

簡単にできるアレンジ料理をご案内します。材料も手に入りやすく、料理の苦手な人でも大丈夫です。

ゼラチンで固めるだけプロテインゴマ

材料【2人分】

  • プロテイン…大さじ3
  • ゴマ…大さじ3
  • ゼラチン粉末…1袋
  • 浄水…250cc
  • わさび、醤油…お好みで

作り方

  • 1.ゴマをすりごまにして、プロテインは半分の浄水で溶かす。
  • 2.残りの浄水でゼラチンを温めながら溶かす。
  • 3.ゼラチンが溶けたら火からおろし、1のプロテインとすりごまを入れ混ぜる。4.容器に入れ、冷蔵庫で固まるまで冷やす。

ゼラチンを溶かすときは鍋底に付くのを防ぐため、よくかき混ぜながら加熱するのがポイントです。
【参考サイト:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1630005810/?l-id=recipe_list_detail_recipe

混ぜて焼くだけプロテインホットケーキ

材料(2人分)

  • 薄力粉…大さじ10(カップ150ml)
  • 砂糖…大さじ2
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • 豆乳または牛乳…100〜120ml
  • プロテイン…大さじ2
  • サラダ油…大さじ1

作り方

  • 1.サラダ油以外の材料を全てボールに入れて混ぜる
  • 2.フライパンを温め、スプーンで好きな大きさになるよう生地を入れる。(火加減は弱火〜中火
  • 3.生地の表面に気泡ができたら裏返し、両面焼けたら完成。(火加減は弱火〜中火)

ベーキングパウダーは無ければ入れなくてもよいです。プロテインのフレーバーは限定せずにお好みのフレーバーで試してみてください。材料を混ぜたときは、ポタっと落ちるくらいの固さに調整するのがポイントです。
【参考サイト:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1690010649/?l-id=recipe_list_detail_recipe

朝ごはんにコーンポタージュ

材料(1人分)

  • 市販のコーンスープの素(牛乳と合わせるタイプ)…1袋
  • 牛乳…適量
  • プロテイン…適量

作り方

  • 1.カップにコーンスープの素とプロテインを入れる。
  • 2.牛乳をレンジで温め、1に注いでよく混ぜたら完成。

溶けにくいプロテインのときは、ミキサーなどで撹拌しないとダマになり飲みにくい場合があるので注意してください。

アレンジしやすいプロテインを探す

たくさんの種類があるプロテインですが、時と共に進化しています。いろいろなフレーバーが楽しめたり、ホットで飲めるものもあります。気分や好みで試してみてお気に入りを見つけましょう。

DHCのプロテインダイエットは味次第

ダイエット置き換え食として人気の高い「DHCのプロテインダイエット」は何と言ってもフレーバーの種類が豊富です。冬の寒い時期に嬉しいホット仕様のプロテインも5種類のフレーバーがあります。
全て個包装になっており、1箱で5種類のフレーバーが楽しめるセットもあります。毎日違う味を試すことができ、マンネリ化の防止に役立ってくれそうです。
DHCのプロテインは、乳たんぱく質と大豆たんぱく質の両方が配合されており、すっきりとした口当たりも特徴です。
【参考サイト:https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32627

ザバスのホエイプロテイン100は液体に溶けやすい

ホエイたんぱく質100%のザバスホエイプロテイン100は、プロテインの溶けにくさを改良し、水にも溶けやすく、粉っぽさを感じにくいのが特徴です。プロテインの飲みにくい原因が改善されているので、プロテインを始めたばかりの方や、どれにしようか悩んでいる方は試してみる価値ありです。
味は、「リッチショコラ味」「香るミルク味」の2種類です。どちらも定番でアレンジしやすいフレーバーなので、いろいろなレシピにも使えそうです。
【参考サイト:http://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/whey100_2.php

DNSのホエイプロテインジープラスは飲みやすい味を追求

ホエイたんぱく質とグルタミン配合のDNS ホエイプロテインG+。G+はグルタミンの「G」です。グルタミンは筋肉アップ、疲労回復効果などが期待できます。この商品には、通常のプロテインよりもグルタミンが多く配合されているのが特徴となります。
味は4種類「チョコレート風味」「ストロベリー風味」「エスプレッソ風味」「バニラ風味」で、溶けやすく飲みやすくされている商品です。どれも美味しく飲みやすいようですが、アレンジのしやすさで、チョコレートやバニラから試すのがよいですね。
【参考サイト:http://www.domeshoppingzone.com/dns/SearchItem?FREE_WORD=WheyProteinG%2B

FIXITのDAILY BASIC ホエイプロテインはすっきりとした味わい

ホエイプロテインの含有量を80%にし、糖質をできるだけ抑えた細マッチョを目指す人向けのプロテインです。プロテインの味をよくするため、1年以上かけて「水で美味しく、毎日飲むのが楽しみになる味」を目指し開発したそうです。また、溶けやすく工夫されており、プロテイン30gに対して水は100〜130mlと少なめがおススメです。
味は、「ナチュラルバニラ」「ナチュラルストロベリー」の2種類です。どちらもすっきりとした風味になっているようですが、バニラの方がアレンジはしやすいかもしれません。
【参考サイト:https://fixit-ec.com/products/detail/6

飲みにくいプロテインを上手にアレンジしよう

たくさんあるプロテイン、それぞれに特徴や味が違います。自分の好みを見つけるのは大変です。万が一、合わない商品を買ってしまったときは、レシピもたくさんあるので、料理に使ったりとひと手間掛けて楽しみながら乗り切りましょう。
健康維持や筋力アップは、毎日の努力と継続が必要です。その助けになるプロテインをできるだけ美味しく摂取して、 1日でも早く理想の体型を手に入れましょう。

category

記事カテゴリー