スマホでの株の始め方を知りたい。アプリの選び方とメリット・注意点

スマホでの株の始め方を知りたい。アプリの選び方とメリット・注意点

BUSINESS 2018.08.26

Share :

いまやスマホで株式取引ができる時代

株式取引と言えば、パソコンの前で取引をするイメージが強いと思います。しかし、今ではスマホを使って株式取引ができるようになりました。スマホがあればいつでもどこでも、簡単に株式取引をはじめることができます。スマホでの株式取引はどのように始めるのか、やり方を見ていきましょう。
 タブレット

こんなに手軽にスマホで株取引ができる

いまスマホでは、数々の株アプリが配信されています。今までよりも手軽に株取引がおこなえるようになりました。この機会にスマホで株取引をする方法を学びましょう。

スマホだけですべての取引が行える

スマホやタブレットの普及により、PCがなくても株式取引を手軽に始められるようになりました。多くの証券会社がスマホ用の株式取引アプリを開発したこともあり、注目を集めています。また、従来の証券会社だけでなくネット証券会社が増えたことも影響しています。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

操作や管理が簡単

スマホでの株式取引は、操作が簡単で管理も分かりやすいのが特徴です。スマホを数回タップするだけで購入でき、こまめな株価チェックや売買の面倒がありません。アプリ内で、保有している全ての株式のポートフォリオ円グラフで確認ができます。グラフを指で動かして配分を変えるだけで、不要な株式を売却できます。また、スマホの処理能力や容量が増えるので、PCと同じような働きができます。

手数料が安い

株取引をおこなうときは、手数料がかかります。スマホでの株取引の場合、この手数料が安くなります。通常であれば、店舗運営にかかる費用や人件費があるため手数料が高くなります。スマホの取引の場合、店舗を用意する必要がない分、手数料を安くしても大きな損失がなく運営できるためです。
スマホ チャート

知っておきたいデメリット

スマホでの株式取引は、デメリットもあります。デメリットも理解した上で、スマホ取引をおこなうようにしてください。

分析のしやすさではPCに負ける

スマホの画面の大きさでは、チャートやマーケット情報が見にくいことがあげられます。PC画面のようにモニターを複数展開できないので、チャートやデータの分析などがしにくくなります。ディーラーやトレーダーは、スマホのみでの取引はしていません。PCとスマホの両方の強みを活かして取引をおこなっています。

誤発注をしてしまう可能性

スマホでの株式取引は手軽にできる分、操作には注意が必要です。画面が小さいため、勘違いや間違いなどのご発注をする可能性があります。画面に触っただけで反応してしまう、スマホならではの特徴なので気を付けましょう。

アカウントの乗っ取りやウィルスの危険性がある

スマホで取引をする場合、セキュリティ対策を万全にしなくてはいけません。その携帯性ならではの、紛失や盗難のリスク。アプリを通してのウィルス感染のリスクが非常に高くなります。また、アカウントの乗っ取りなど危険がつきまといますのでセキュリティ対策を忘れないようにしましょう。
スマホ

スマホで株式取引を始める際の注意点

スマホで株式取引を始める際の注意点です。こちらを抑えて、スマホでの株式取引をはじめましょう。

自身の取引に合った証券会社やアプリを選ぶ

証券会社やアプリは数多くあります。扱う銘柄や手数料、チャートなどの表示方法から対応機種までさまざまです。資料請求や各証券会社のウェブサイトを見て、自身の取引に合った証券会社やアプリを選ぶようにしましょう。

必要な手続きを理解する

株アプリをダウンロードしたあとは、口座開設をします。口座開設には、アプリ内で生年月日、氏名、住所、メールアドレス、マイナンバーなどの入力をします。早ければ、申し込み後2営業日で口座の開設が完了します。また、身分証明書や申し込み書類のやり取り等も必要な場合もあるので確認しましょう。
スマホ

スマホ用株取引アプリの選び方

株の取引に最も重要なのは情報収集です。情報収集のしやすいアプリを選ぶことがポイントの一つです。企業の情報や分析情報はアプリによって違いがあります。複数のアプリを使用するのもおすすめです。次に、チャートの見やすさも重要です。スマホの画面が小さい分、他銘柄とチャートをならべて比較する機能や指でトレンドラインを引けたりする機能もあります。

売買のタイミングを逃さない、注文のしやすさも大切です。1タップで売買が成立するアプリもあるので、発注の速度にこだわりたい人におすすめです。株アプリは、使いやすさと自身の取引スタイルに合ったものを選びましょう。
パソコン ノート

おすすめの株取引アプリやツール

使いやすいと評判でランキング上位にある、初心者でも使いやすい株取引アプリをピックアップしました。これから株アプリを使いたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

楽天証券 iSPEED

楽天証券iSPEEDは、androidとiPhoneそれぞれに便利なツールがそろっています。株価や市況、ニュース、注文照会など30種類以上の中から、好きな情報を自由に組み合わせてMyPageへ表示できます。最大1,000銘柄お気に入り登録することも可能です。発注、取り消し、修正もスピーディーにおこなえます。

SBI証券 HYPER

SBI証券 HYPERは、登録銘柄も豊富で使いやすさに力を入れています。注文はマウスで動かすだけのらくらく注文です。投資情報が満載で、株価や市況を教えてくれるアラート機能などで取引をサポートします。表示形式が豊富で、最大20銘柄の相場状況が一度に確認できます。

One Tap BUY

One Tap Buyは、3回タップするだけで取引が完了する分かりやすい株アプリです。株数単位でなく、1,000円単位で取引が可能です。銘柄を選択し、金額を指定。「買う」をタップして取引完了です。取扱い銘柄が、米国株と日本株をそれぞれ30銘柄に厳選しています。初心者でも簡単に取引を開始することができます。

岡三オンライン証券 岡三かんたん発注

岡三オンライン証券 岡三かんたん発注は、初心者でも使いやすくダウンロードの必要がありません。PC、スマホ、タブレットに対応しているのでどこにいても取引をおこなうことができます。ボタンが大きく字も見やすいので押し間違いが減ります。シンプルな簡単発注と投資情報も充実しています。
タブレット 

スマホ取引は手軽に簡単に始められる

スマホでの株取引は手軽で簡単に始めることができます。自身の取引スタイルに合った株アプリをダウンロードしたら、口座開設をして投資を開始できます。スマホならではのセキュリティ対策や押し間違いなどの誤発注に注意することで、手軽に投資を楽しむことができます。

またPCでの取引の前に、最初はスマホ取引から練習をする方法も一つの手段かもしれません。株取引に興味があるけどまだ始めていない人は、ぜひスマホの株式取引から始めることをおすすめします。

category

記事カテゴリー