FXの相場の読み方について。分析方法の基本と注意点をご紹介

FXの相場の読み方について。分析方法の基本と注意点をご紹介

BUSINESS 2018.09.02

Share :

FXの相場の読み方についての紹介

FXに興味がある人は多いでしょうが、実際にチャレンジできている人は少ないです。これはさまざまな知識が必要で、やみくもに挑戦するのはリスクが高すぎるからであり、基本が分からないために断念してしまう人がたくさんいます。

特に難しいのが相場の読み方であり、これができていないために失敗する人も数知れません。FXは相場を読むのが非常に重要であり、正しく読み切ることができるかが、成否を分けるとも言えます。相場の読み方にはポイントがありますので、基本的な知識を身に付けて、FXへの理解を深めていきましょう。
電卓 データ

FXの相場の動きに影響するもの

FXの相場は日々変動していますが、なぜ変化が起きるのかを知らない人は多いのではないでしょうか。FXの相場の動きに影響するものは、実はたくさんあり、さまざまなものが関係して相場が変動しています。相場の読み方を理解するためには、何が影響するのかを知っておくことが大切です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

為替が経済によって相場が動く場合

為替相場は各国の経済によって変動するものであり、これをファンダメンタルズ要因と言います。変動のパターンはさまざまですが、景気がよければ相場は上昇、不景気になれば相場は下落というのが基本です。

チャートによって相場が動く場合

チャートの動きによっても相場は影響され、これはテクニカル要因と言います。チャートの変動は、人為的なものであり、誰が何を買ったか、売ったかによって動きます。買いや売りのサインを見て、第三者が行動を決定するため、群集心理が相場に大きく影響すると言えるでしょう。

巨額の決済がされた時の相場

巨額の決済も、経済に大きな影響を与えますので、FXの相場にも影響します。輸出決済や外資決済、海外企業による買収など、要因はさまざまですが、基本的には結果そのものではなく、決済時における金額によって相場が影響を受けると考えましょう。

金融当局が相場に関わる時

FXの相場は金融当局が関与することもあり、この場合も相場の変動に大きく影響します。金融当局の介入には、基本的には相場の安定が目的です。相場の変動率が大きいなど、荒れた状態になっている場合に、沈静化の目的で市場介入をおこなうことが多いです。

戦争などで政治の動き影響

FX相場は各国の経済動向だけではなく、戦争や国内における政権の動きなど、政治的な状況によっても影響を受けます。政治の動きは通貨価値に強く関わるからであり、影響力としては大きいでしょう。世界情勢によって、相場が大きく変動することも少なくありませんので、経済だけではなく政治にも関心を持っておくことが大切です。
電卓 データ

ファンダメンタルズでの相場の読み方

FXの相場が変動する理由はさまざまありますが、基本的には2つの要因に分けられます。その中のひとつがファンダメンタルズであり、この分析は相場を読むためには欠かせないものです。ファンダメンタルズでの相場の読み方にはさまざまなポイントがありますので、正しく理解して、上手に相場を分析しましょう。

経済指標を知る

ファンダメンタルズ要因は、基本的には経済動向によって相場が変動するものですので、経済指標は注意深くチェックしておくことが大切です。GDPや小売売上高、景況感指数などをはじめとして、見ておくべきポイントはたくさんあります。経済指標はくまなくチェックし、それぞれの動きを見逃さないようにしましょう。

金融政策を知る

経済に強く関わるものとしては、政府や銀行による金融政策も挙げられるため、これを知っておくことも大切です。金利、景気、為替相場の3つは密接に関係しているものであり、それぞれの働きによって相場は変動しています。

現在取られている、あるいは今後予定されている政策が、市場の縮小と拡大どちらを目的としているかを知り、政策内容については細部まで理解しておきましょう。

ニュースから読み取る

ファンダメンタルズ分析では、政治にも注目が必要であり、主要なニュースは必ずチェックしておきましょう。各国の政治政策によって、為替相場は大きく変動しますので、要人の発言には特に注目が必要です。実際に政策的な動きがあるかどうかだけではなく、各国の要人がどのような発言をするかによっても、相場には影響が現れます。
特にアメリカなど、力の強い国の発言は、相場への影響力も強いため、細かいニュースであっても見逃さないようにくまなくチェックしておくことが大切です。
電卓 データ

テクニカル分析での相場の読み方

FXの相場が変動するもうひとつの要因としては、テクニカル要因も挙げられ、ファンダメンタルズと合わせて分析しておくことが大切です。テクニカル要因は、その場に応じて変化するものであり、ファンダメンタルズと比べれば変化のスピードも速いので注意が必要です。テクニカル分析の難易度は高いですが、ポイントを押さえて的確な分析をおこないましょう。

チャートで相場の傾向を読む

テクニカル分析は、チャートを読むのが基本であり、過去と現在の相場を照らし合わせて、将来的な相場の傾向を読まなければなりません。簡単に言えば過去のデータと比較して、動きを予測するというものであり、データは細かく、たくさん読み込んでおく必要があります。

必ずしもデータ通りに相場が変動するとは限りませんが、同じ流れで同じ動きをすることは、意外にも多いです。過去と現在のチャートから情報を集めて、どんな傾向に変化していくのかを、イメージすることが大切です。

時間を区切ってチャートを読む

チャートは時間を区切って読むのも大切であり、ローソク足チャートという方法が一般的です。ローソク足チャートとは、始値、高値、安値、終値のデータをチャートにして繋げたものであり、1日や1週間、1カ月など、期間を区切って計測します。

1日の始値、高値、安値、終値をチャートにしたものを日足、1週間であれば週足、1カ月であれば月足と呼び、それぞれのデータを比較することで、チャートのトレンドを見抜きます。

実践例としてチャートはこうやって読む

チャートを読む際に最初に見るのは、まずは週足です。1週間単位でどのような動きがあるのか、全体像をつかみ、次に日足を見てより細部の動きを確認します。短期的な取引であれば、基本的には週足と日足だけでも問題はありませんが、長期的に考える場合は、月足もチェックしておきましょう。

どのチャートを目安にする場合でも、トレンドを見極めるタイミングが重要であり、これまでの傾向から予測して、機が熟したと感じるタイミングで、素早く取引をおこなうことが大切です。

自分に合うツールを使用する

テクニカル分析は非常に難しく、初心者ではうまく分析できない場合も多いです。そこでおすすめなのが、分析ツールの利用であり、自分に合うツールを利用すれば、より便利にテクニカル分析がおこなえます。ツールはさまざまありますが、あくまで分析の手助けをするものです。

完璧な分析ができるわけではありませんので、ツールを用いながらも自身で勉強を進め、ツールだけに頼りきりにならず、さまざまな観点からの分析を心がけましょう。
硬貨

読み方を学んだところで実践しよう

FXは相場の読み方が難しいですが、分析方法やポイントさえ理解していれば、基本的な予測は立てられます。予測を立てても、実際に取引をしてみないことには分かりませんので、とにかく実践することが大切です。分析は実践の中で磨かれますし、何度でも挑戦し、分析する回数を増やして経験値をためなければなりません。

相場の読み方の基本はありますが、より正確に読み取るためには、ある程度の経験が必要です。基本を理解すれば実践してさらに分析力を磨き、上手に相場を読み取ってFXを攻略しましょう。

category

記事カテゴリー