育毛剤の効果を発揮させる方法|薄毛や抜け毛を防ぐために必要な知識

育毛剤の効果を発揮させる方法|薄毛や抜け毛を防ぐために必要な知識

LIFE STYLE 2018.08.29

Share :

歳を重ねると薄毛が気になる

歳を重ねるごとに気になるようになる薄毛。男性の場合、早い人で30代、一般的には40代〜50代で抜け毛や薄毛を気にしはじめます。女性の場合は、男性と比べて薄毛が目立つことは少ないのですが、悩みを抱えている人は多いのです。抜け毛やうねり、髪が細くなるなど40代以降に目立ち始める傾向にあります。

では、薄毛になる原因はなんなのでしょうか。男性と女性で違う、薄毛の原因や髪の毛を育てるおすすめの育毛剤をピックアップしました。悩みである薄毛に効果的なことを知って、実践してみましょう。
クエスチョン

男性が薄毛になる原因

男性が薄毛になるのはどのようなことが原因なのでしょうか。まずは、原因を知ることで自分の薄毛の症状が確認できます。思い当たることがないか確認してみましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

ホルモンの過剰分泌による薄毛

男性の薄毛の原因の大半を占めるのは、ホルモンのバランスです。分泌量が多すぎたり少なすぎたりすると、ホルモンのアンバランスにより抜け毛や薄毛などが生じるようになります。
ホルモンのバランスは、ストレスや生活習慣・食習慣の乱れ、運動不足などがあげられます。さらに、筋肉を過剰に付けることもホルモンのバランスを崩す原因となり、薄毛になります。運動不足だからと負荷の高い運動をするのは逆効果なのです。

遺伝による薄毛

一般的に薄毛は遺伝するといわれていますが、実際にはイエスです。父親からも母親からも遺伝要素はあります。見た目では女性の薄毛は分かりにくい場合もありますが、母親が薄毛の遺伝子を持っていることもあります。

薄毛の遺伝とは、主に男性ホルモンが薄毛を引き起こすホルモンに変化してしまうことで起こります。「アンドロゲン受容体の感度が高い遺伝子」は髪が脱毛ホルモンの影響を受けやすくなり、「5αリダクターゼの活性が高い遺伝子」は脱毛ホルモンを増やしやすくなります。この二つの遺伝子の両方もしくは片方の遺伝子があると、薄毛になりやすいといえるのです。

ストレスによる薄毛

ストレスを過度に感じると体が緊張状態になります。その結果、血管が収縮して血行が悪くなり、髪の毛に必要な栄養が届かなくなります。そして、髪の毛は栄養不足によって成長できずにそのまま抜け落ちてしまうのです。
ストレスはそれだけでなく、不眠や食欲減退などさまざまに作用する場合があります。知らず知らずのうちに不摂生となり、ホルモンの分泌に影響を与えることで薄毛を助長させてしまうのです。

偏った食事や生活習慣による薄毛

食事や睡眠時間といった生活習慣も薄毛を引き起こす原因となります。毎日コンビニ弁当を食べている人は要注意です。コンビニ弁当など栄養バランスの偏った食事や睡眠不足、運動不足は頭皮に影響を与えます。
一日に必要な睡眠時間は個人差もありますが、7時間前後といわれています。現代社会では、仕事を遅くまで行ったりと睡眠時間を確保するのが難しい人も少なくないでしょう。7時間以下の睡眠時間しか取れないという人も注意が必要です。時計

女性が薄毛になる原因

男性ほど目立つことはありませんが、女性も薄毛を気にする人が多くいます。薄毛の原因は男性と大きく違います。どのような原因があるのか確認しましょう。

パーマやカラーリングよる薄毛

おしゃれに欠かせないパーマやカラーリング。多くの女性はどちらかおこなっている割合は多いのではないでしょうか。しかし、カラーリングの薬剤が頭皮に合わない場合は、悪化して脱毛を引き起こすことがあります。
もし、炎症やかゆみ、痛みなどが出るようなら、先に肌のパッチテストなどで自分に合わない薬剤の成分を知り、合わない薬剤は使用しないことが大切です。

加齢や女性ホルモンの乱れによる薄毛

女性には女性ホルモンのバランスが崩れる時期が必然と訪れます。出産による女性ホルモンバランスの変化や更年期世代におとずれる女性ホルモンの低下が薄毛や抜け毛を悪化させる原因となります。
20代・30代での出産で抜け毛が増える人も多く、前髪の生え際が薄くなったと聞くこともあります。気にし過ぎると余計なストレスの原因にもなるので、一時的な抜け毛とあまり意識しないのがよいでしょう。

ダイエットによる薄毛

私たちの体は食べたものの栄養素で細胞が活発になり活動できているのです。髪の毛一本一本も同じで、食べたものを栄養としています。
行き過ぎたダイエットでは、栄養が髪に行き渡らなくなります。その結果、抜け毛や薄毛に繋がるのです。ダイエットを行うときは、食事制限には注意しましょう。バランスの取れた食事、適度な運動でボディもヘアも美しく保てるようにしましょう。ランニング エクササイズ

育毛剤の効果と選び方

育毛剤とはどのような効果があるのでしょうか。さまざまな種類の育毛剤がありますが、どれを選ぶのがよいのでしょうか。

育毛剤は髪の毛を育てる

さまざまな育毛剤があり、口コミも無数にあります。効果は賛否両論。誤解されている人も多いようですが、そもそも、育毛剤は薄毛の進行を抑え、髪の成長を促しボリュームアップさせる役割があります。つまり、今現在生えている髪の毛に対して、コシを強く太い髪の毛にしたり、抜け毛を防いだりするのに効果があります。

すでに毛が生えていない場所については効果が感じられないのです。髪の毛を育て、抜け毛の進行を防ぐことはできますが、新しく生やすことは期待できません。

自分の症状に合ったものを選ぼう

薄毛といっても症状は人それぞれ違います。症状にあった成分の配合されている育毛剤を選ぶことが重要です。また、育毛剤には、医薬品・医薬部外品・化粧品の三種類があります。医薬品は副作用が出る場合もあるので、注意が必要です。

食生活の乱れや睡眠不足など、髪の毛に栄養が行き渡ってないときは毛母細胞に栄養を与えられる育毛剤、運動不足などで血行がよくない人は、血行促進できるタイプの育毛剤、家系が薄毛の人は、男性ホルモンの増加が薄毛の原因になっている可能性があるため、男性ホルモンを抑制する育毛剤を選ぶのがよいでしょう。

継続して買える値段を選ぼう

育毛剤は、すぐに効果が感じられる商品ではありません。一本使い切ったが効果を感じられなかったと切り替えてしまうようでは、薄毛をなかなか改善できないでしょう。

半年ほど使用して効果が出てくる場合もあります。長く使うことで効果が現れる製品であるため、長期間使っても経済的な負担にならない価格帯のものを選ぶようにしましょう。もちろん、効果が現れてからも継続して使用することがおすすめです。
統計 データ

育毛剤を選ぶ際の注意点

せっかく選ぶのであれば、少しでも効果を感じやすいものを選びたいですよね。育毛剤を選ぶときに注意してほしいことがあります。

男性と女性は育毛剤選びが異なる

男性も女性も頭皮は同じ、だったら女性用の育毛剤の方が頭皮に優しいのではないかと思っている男性の方も多いようです。しかし、男性と女性では、薄毛の原因が違います。それぞれに合う育毛剤を使用することがよいのです。

男性と女性で大きく違う点は、男性の場合は男性ホルモンを抑制してくれるタイプの育毛剤を、女性の場合は男性とは逆で女性ホルモンを増やすタイプの育毛剤を選ぶようにしましょう。

有効成分や使用感に注意する

育毛剤といっても種類はたくさんあります。まずは、有効成分に着目してみましょう。有効成分によって、症状にあう育毛剤の種類を厳選することができます。自分の症状にあった成分が入っているかどうかチェックしましょう。

使用感については、スーッとメンソール配合で爽快感を味わえるもの、液状・スプレー・塗布など使い方、サラサラ感・しっとり感など使用後の頭皮の感じ方など、毎日使うものなので、少しでも自分のお気に入りをみつけましょう。また、肌が弱い人は肌にやさしいものやアレルギー反応が弱いものを選んでみましょう。
育毛剤

おすすめ発毛効果の高い男性の育毛剤

発毛効果が高く、副作用のリスクが低い医薬部外品の育毛剤をピックアップしました。それぞれに配合されている成分や特徴が違います。

ソーシャルテック チャップアップ


無添加・無香料で低刺激。アレルギーにも対応しています。AGA(男性型脱毛症)、円形脱毛症、M字型なさまざまな症状の育毛に有効な成分を配合しています。返金保証制度もあるので、安心して試すことができます。使用者の評価、調査会社の評価、モンドセレクションなどでも高い評価を得ている人気商品です。

ユーピーエス フィンジア


キャピキシル5%・ピディオキシジル2%・カプサイシン配合。フィンジア独自の技術、頭皮を柔らかくして浸透を高め、有効成分と和漢成分で活性化する、SPEテクノロジーで有効成分を毛根に届け、効果を発揮させます。返金保証制度もあります。人気商品のため、供給が追い付かず予約販売となることもあるので注意が必要です。

アンファー スカルプd 薬用育毛トニックスカルプジェット


シャンプーで人気のスカルプdの育毛剤です。頭皮の厚みに着目し、抜け毛をケアするだけでなく、健康的な頭皮にします。特許取得の波動ジェット噴射で有効成分を毛穴の奥まで届けます。抗酸化作用や代謝促進に働くクロレラ、整肌作用のあるセイヨウニワトコエキス、オリジナルの豆乳発酵液、独自精製のカッコンエキスなどが配合されています。女性

おすすめ無添加で肌に優しい女性の育毛剤

女性のために無添加で肌に優しい育毛剤を厳選しました。天然成分などさまざまな成分が配合されているものが多いので、自分にあった育毛剤を選んでみましょう。

マイナチュレ 無添加育毛剤


2014年から2018年の5年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。無香料無添加で敏感肌や妊婦に向いています。髪の毛によいとされている海藻「ミツイシ昆布」をはじめ、育毛サイクルを支える27種類の天然成分、10種類のアミノ酸が配合されています。180日間の返金保証があります。女性のために開発された育毛剤です。

ベルタ 育毛剤


32成分をナノ化して、1000分の1に凝縮。ナノ化技術で毛穴の奥までしっかりと浸透させます。天然成分のイザヨイバラエキスとヒオウギ抽出物を配合し、ハリ・コシのある髪の毛に育てます。56種類の育毛、頭皮ケア成分配合で女性の薄毛に対応しています。

ハリモア 薬用ハリモア


デリケートな肌に対応しており、育毛と美髪にアプローチ。天然由来成分を25種類、センブリエキス、ニンジンエキス、グリチルリチン酸2Kの3つの有効成分を配合しています。美容・育毛成分だけで99.7%と高濃度で余計なものがほとんど入っていないのが特徴です。
健康食材

薄毛を予防するために必要なこと

お気に入りの育毛剤を手に入れて使用していても、日々の生活習慣が乱れていては元も子もありません。少しでも育毛剤の効果を発揮しやすくするために、自分でもできることを取り入れてみましょう。

栄養素を含む食事を摂取しよう

薄毛に効果的な栄養素には複数あります。髪の毛や頭皮、栄養を運ぶための血管を元気にする栄養素のタンパク質。ビタミンAは不足すると頭皮が乾燥しやすくなり、髪の毛が抜けやすくなります。ビタミンCは、皮膚をつくるために必要なコラーゲンの合成を助けるのに必要です。ビタミンEは、髪の毛の栄養分が通る血管を保護したり、血行を促進させたりする働きがあります。ミネラルは生命の維持には欠かせない栄養素です。

普段の食生活を見直し、バランスのとれた食事を心がけるようにするだけで、髪の毛や頭皮に必要な栄養素を摂取することができます。コンビニ弁当はやめて、バランスのよい食事をするようにしましょう。

アルコールや煙草を控えよう

嗜好品であるアルコールや煙草は、実は髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼします。アルコールに含まれるアセトアルデヒドは体内に残りやすく、薄毛の原因といわれるデヒドロストテロンという物質を増やす働きがあるのです。
タバコに含まれるニコチンは血行不良になりやすくなります。血行不良は頭皮や髪の毛に栄養が行き渡らなくなるので、よくありません。薄毛が気になりだす前から、健康のためにもアルコールや煙草を控えることをおすすめします。
グッド 親指

育毛剤で素敵な自分に生まれ変わろう

さまざまな原因から引き起こされる薄毛。男女でも原因は違ってきます。自分の症状を見極め、普段の生活習慣を見直すことも大切です。それにあわせて、育毛剤を使用するのもおすすめします。症状によって必要な成分は違います。自分に必要な成分が配合されているか、使用感が気に入るかを重点に選びましょう。

健康な髪の毛や頭皮は一日ではつくられません。毎日の積み重ねが大切です。早速、生活習慣の改善やお気に入りの育毛剤をみつけて、素敵な自分に近づく準備をしましょう。

category

記事カテゴリー