奥多摩のキャンプ場で最大限楽しもう|そのメリットとおすすめの施設

奥多摩のキャンプ場で最大限楽しもう|そのメリットとおすすめの施設

CAMP 2018.08.22

Share :

仲間同士で奥多摩キャンプを楽しむ

みなさん、夏休みの予定はもうお決まりでしょうか。夏なのでキャンプに行こうと考えている方は多いのではないでしょうか。そこで、今回は友人同士でキャンプを予定はしているもののまだどこのキャンプ場にするか決めていない人におすすめの奥多摩のキャンプ場を詳しくみていきたいと思います。
アウトドア ハイキング

奥多摩キャンプ場は遊びと癒しの宝庫

まず奥多摩の魅力について、大きく2つに分けてそれぞれみていきたいと思います。

自然の中で貴重な1日を過ごせる

奥多摩は都心から近いにもかかわらず、とても自然が豊かであり、さまざまなアクティビティが楽しめます。キャンプや釣りはもちろん、仲間同士でBBQなども存分に楽しむことができます。また、レンタル品が充実しているのでわざわざ買うことなく、手ぶらでも楽しめてとても便利ですね。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

絶景ポイントで癒しを体験できる

奥多摩はアクティビティのほかに観光地も充実しています。キャンプ場の近くには、奥多摩湖や渓谷といった大自然を満喫できる場所も点在していて、景色を眺めながら温泉も楽しめる場所もあるので幅広い年代の人が楽しめるスポットとしても人気が高いのです。
アウトドア キャンプ

駅近でアクセス良好の奥多摩おすすめキャンプ場

ここでは最寄りの駅からアクセスがいいキャンプ場を4つピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

奥多摩駅から徒歩5分の氷川キャンプ場

「氷川キャンプ場」にはテントサイト、ロッジタイプ、バンガロータイプの3種類あります。大きな特徴としてはロッジタイプではトイレ、冷蔵庫、キッチン、敷布団、毛布が完備しているところです。さらに最大35人までロッジ泊でき、事前に予約することでBBQもすることができます。

また、近くにはスーパーや肉屋、青果店に加えてコンビニも近くにあるので、何か必要な物を買い忘れてしまっても問題ありません。さらに、キャンプ場から徒歩約12分のところには、管理釣場である氷川国際ます釣場があります。一方で電車で行く場合は、新宿駅より約2時間、奥多摩駅を下車して徒歩約5分で行くことができます。車の場合は新氷川トンネルから5分ほどで到着します。
【参考:http://www.okutamas.co.jp/hikawa/#

川井駅から徒歩7分の川井キャンプ場

川井キャンプ場にはさまざまな宿泊タイプがあります。日帰り専用のドックサイトやBBQサイトからログハウスやバンガローなどの宿泊施設までありますので、自分の目的にあったタイプを選び楽しみことができます。特にドッグサイトは自分のペットも連れてくることができるので、家族全員で奥多摩の自然を満喫することが可能な場所といえます。

ただし小型犬から中型犬(15キロ未満)までの案内になっているので注意してください。キャンプ場ではBBQ以外にも、マスのつかみ取りやザリガニ釣りもすることができます。アクセスについては、電車で行く場合は新宿駅から約90分。川井駅から徒歩約7分で行くことができます。車の場合は青梅I.C.から約21kmのところにあり、30分ほどで行くことができますので、目安にしてみてください。
【参考:http://www.okutamas.co.jp/kawai/

奥多摩駅から無料送迎バスがある山のふるさと村

山のふるさと村ではテントやケビン泊など楽しむことができます。さらに、約7種類の散策コースがあり、コースによっては20分のものから3時間を超えるものまであります。奥多摩の自然を存分に味わいたいという人は、ぜひトレイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、トレイル以外にも木工教室や陶芸教室などが楽しめる、クラフトセンターやレストランや売店があります。アクセスですが、山のふるさと村は奥多摩駅から車で約40分のところにあります。方法は車以外に事前に予約することで奥多摩駅から無料送迎バスを利用することができますので、団体や大人数で楽しみたいという人にもおすすめです。
【参考:https://www.yamafuru.com/

奥多摩駅から約25分歩いてアメリカキャンプ村へ

アメリカキャンプ場ではログハウス、ペンションビラ、ツリーハウス泊などが楽しむことできます。特にツリーハウス泊はアメリカキャンプ場ならではのものなので、少し特別な宿泊スタイルを楽しみたい人には特におすすめです。

しかし、最大5人までの利用となりますので、5人以上のときは1人につき追加料金が発生しますので注意が必要です。また寝具やBBQのレンタルも行っていますので、あまり大荷物で来る心配も不要ですね。さらにキャンプ場内にはアスレチックや釣り堀があります。

また団体用にはなってしまいますが、事前に予約することでキャンプファイヤーも楽しむことができますよ。アクセスに関しては、電車の場合は奥多摩駅から徒歩25分かかります。車の場合は八王子I.C.から約1時間かかります。
【参考:http://www.xn--ccksg2ovbo0c7dt270e.com/index.html
キャンプ テント

コテージとバンガローを満喫できる奥多摩キャンプ場

ここではコテージとバンガローに焦点をあてて厳選したキャンプ場をみてみましょう。アウトドアライフが手軽に楽しめる施設で、気軽に利用できる特徴があります。

レンタル品が充実した中茶屋キャンプ場

中茶屋キャンプ場ではレンタル品がとても充実しています。なかでも限りはありますが、冷蔵庫もレンタルすることができ、大量に保冷剤を持っていく必要がないところが便利ですね。バンガローの大きさは4.5畳から32畳のものまであるので、少人数から大人数まで奥多摩を満喫しながら宿泊することができるのです。

アクセスに関しては、電車の場合は川井駅から西東京バスを使っていくことができます。車の場合は最寄りの八王子I.C.から1時間半ほどで到着します。
【参考:http://www7a.biglobe.ne.jp/~nakachaya/index.html

自然豊かな水根沢キャンプ場

水沢根キャンプ場は今までと異なりキャビン・コテージ11棟の昔ながらのこぢんまりとしたキャンプ場になっております。周りには湖が近くにあり、渓流釣りや川遊びも楽しめることができるので家族でいこうと考えている方にもおすすめです。
クチコミでは登山をするためのベースキャンプとして利用することにも便利といわれているので登山を考えている人にもおすすめです。電車で行かれる場合は奥多摩駅からバス15分ほどで行くことができます。
【参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_13308ca3430055366/?screenId=OUW3701&influxKbn=0

花火OKでWi-Fiも使える百軒茶屋キャンプ場

百軒茶屋キャンプ場はバンガローが計8棟あり、日帰りでも楽しむことができるキャンプ場です。周辺には大丹波川が流れておりマス釣りやニジマスの掴み取りなどを楽しむことができ、川苔山・棒の折山の登山も楽しめるので、雄大な自然を満喫したい人におすすすめです。

また、このキャンプ場ではWi-Fiが完備してありますので、スマホやタブレットを持って行く人にはうれしいですね。さらにロケット花火以外の花火もすることが可能です。このことから、学生や家族連れの人におすすめのキャンプ場です。電車で行く場合は川井駅からバスで15分。清東橋で下車し徒歩5分のところにあります。
【参考:https://www.hyakkenjaya.com/blank

寝具付バンガロー泊も出来る鳩の巣バンガロー

鳩の巣バンガローでは通常タイプ・別荘タイプのバンガローがあります。別荘タイプのバンガローでは寝具類・ガス・水道・冷蔵庫・シャワーなどの施設があるので、誰でも安心して宿泊することができます。また、BBQ場は屋根付きなので急な雨が降っても問題ありません。

しかし、マキや炭等の燃料の持ち込みはできないので、レンタルする必要があります。さらに花火は9時までであれば行うことができます。アクセスにかんしては、電車の場合は鳩ノ巣駅で下車し、411号線の信号からすべて階段歩き200mほど多摩川に下ったところにあります。
【参考:http://www.hatonosu.com/index.html
池 釣り

キャンプ場近くの釣り場と温泉

ここではキャンプ場周辺の釣り場や温泉を取り上げていきます。参考にしてみてください。

手ぶらで餌釣りとルアー釣りが楽しめる氷川国際マス釣場

氷川国際マス釣場では手ぶらで釣りはもちろん、BBQをすることができます。駐車場は無料で50台まで収納可能になっています。奥多摩駅から徒歩5分のところにありアクセスもとても良いです。
【参考:http://www.okutamas.co.jp/kokusai/

100%源泉が魅力もえぎの湯

もえぎの湯は奥多摩駅に近くアクセスが楽な温泉になっています。源泉100%の温泉で露天風呂もあるので、登山や釣りで疲れ切った身体を癒すのにぴったりな場所になっています。
【参考:http://www.okutamas.co.jp/moegi/
湖 キャンプ

無料で遊べる奥多摩キャンプ場周辺観光スポット

ここではキャンプ場から近い無料で楽しめる観光スポットをチェックしてみましょう。

奥多摩の代名詞奥多摩湖

奥多摩湖は小河内ダムによってできた人造湖です。周りは自然が豊かで四季折々の景色を見ることができます。無料の駐車場もあり、奥多摩駅からバスで15分のところにあります。奥多摩に行く際はぜひ行ってみたいスポットの一つですね。
【参考:http://www.okutama.gr.jp/spot.php
【参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_13308ab2030004436/?screenId=OUW3701

トレッキングで自然を感じる東京都檜原都民の森

東京都檜原都民の森の特徴は多彩なトレッキングコースがあるという点です。また野鳥観察小屋があり、野鳥を観察することができます。他にも木材工芸センターや木工教室などがあるので奥多摩にきた思い出として何かつくってみてはいかがでしょうか。
【参考:https://www.hinohara-mori.jp/
【参考:http://park.wakwak.info/hinohara.html

雄大な景色と吊り橋が魅力氷川渓谷

氷川渓谷は奥多摩駅から徒歩6~7分のところにあります。氷川渓谷には遊歩道や歩いて渡れるつり橋があり、雄大な景色を満喫することができます。キャンプ場に行く前によってみてもいいかもしれません。
【参考:http://www.okutama.gr.jp/spot.php
【参考:https://airoplane.net/2015/12/17/okutama-walking.html

休日は奥多摩キャンプ場に遊びに行こう

これまで奥多摩の魅力やキャンプ場や観光名所について、ここまで取り上げてきました。奥多摩は電車でのアクセスも良い上に、とても自然にあふれているのでキャンプやアウトドアにも最適な場所ですね。

このことから、心身ともにリフレッシュするときにはピッタリな場所ではないでしょうか。
夏には奥多摩のキャンプ場でBBQやさまざまなアウトドア活動をして、気軽に友人や家族と自然を満喫してみてみることをおすすめします。

category

記事カテゴリー