キャンプ用の食器はどう選ぶべき?アウトドア向けアイテムの選び方

キャンプ用の食器はどう選ぶべき?アウトドア向けアイテムの選び方

CAMP 2018.08.24

Share :

アウトドアの食事頻度が多いなら食器にこだわろう

アウトドアの食事で、いつも紙皿を用意している人は少なくありません。そして、それを不便だと感じている人もいるのではないでしょうか。ここでは、アウトドア用の食器について解説します。メリットや素材などについて理解を深め、自分のスタイルに合うアイテムを見つけましょう。

使い捨てと専用食器のどちらが経済的かを把握

キャンプやBBQで使用する食器は、使い捨てタイプと専用食器があります。どちらが経済的なのかを知ることで、選びやすくなるでしょう。アウトドアの頻度によって、どちらを選べばよいのか把握できますし、素材によっては、安値で購入することもできます。

キャンプやBBQの頻度で考えてみる

「それほどキャンプやアウトドアをしない」という人であれば、使い捨ての方が経済的な可能性が高いでしょう。これから何年間アウトドアをするのか、そして年間どれくらいの回数なのかを知り、使い捨てと専用食器のどちらかを選ぶようにしましょう。長期的にキャンプする予定がなく、1年に1回程度であれば、100円ショップで販売されている紙皿や紙コップの方が持ち帰りの手間がかかりません。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

素材により安価な物から揃えることができる

素材の詳細は後述しますが、プラスチック製の食器であれば、それほど高い価格ではありません。それほどアウトドアをしない人でも、紙皿や紙コップに対して「使いずらい」「風で飛んでいってしまう」と感じている人は、プラスチック製などの比較的安価なアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。プラスチック製の食器ならば、持ち運びも簡単であり、風の影響もほとんどありません。

アウトドア用食器のメリット

アウトドア用食器はとても便利なアイテムです。破損しにくく長期間使用することができるでしょう。収納性に優れているものや自分らしいコーディネイトを楽しめることもメリットとして挙げられます。また、使い捨てではありませんので、ゴミも出ません。こうしたメリットについて具体的に見ていきます。

傷みにくく壊れにくいものは長く使える

プラスチック製の食器は、安価で軽量というメリットがあるものの、割れやすく油などが落ちにくいというデメリットがあります。アウトドア用食器の素材によっては、こうしたトラブルは少ないでしょう。頑丈な作りで長期間使用できるアイテムも少なくありません。アウトドアを頻繁に楽しむ人は、傷みにくく壊れにくい食器を選びましょう。

重ねて収納できるものは持ち運びが容易

コップやお皿、プレートなどがセット販売されているものは、スタッキングできるように作られていることが多いです。食器のかさばりなどがなくなり、重ねて収納できるアウトドア用食器セットは大変便利でしょう。また、袋も一緒についてくる商品が多く、より収納性に優れ、持ち運びに手間がかかりません。

自分らしいコーディネイトを楽しめる

アウトドア用食器の中には、デザイン性に優れたアイテムもあります。セット販売されているものであれば、食卓のコーディネートに統一感を出すこともできるでしょう。アウトドアでの食卓も、より食事を楽しめるように、見た目で美味しそうな空間を演出しませんか。食器の素材によって、高級感を演出できたり、あたたかい雰囲気のコーディネイトなども実現できます。

環境に優しくエコロジーになる

使い捨てではないアウトドア用食器を選ぶことにより、ゴミが減ります。ゴミの減少は、自ずと環境への配慮になるでしょう。紙皿・紙コップであれば、安値ではあるのものの、使い回しすることが難しいため、ゴミが増えてしまう一方です。自然を満喫するキャンプやBBQは、エコロジーを意識するようにしましょう。食器の素材によっては、すぐに汚れを落とすことができ、洗剤の量をコントールすることも可能です。

自分のスタイルに合うキャンプ用の食器を選ぶ

キャンプ用の食器には、さまざまなタイプがあります。洗い物を減らし、食器のかさばりを防ぐワンプレートタイプは、キャンプやBBQにうってつけでしょう。ファミリー用の食器セットであれば、コップやお皿などを家族全員分揃えることができます。

洗いものを減らすワンプレートタイプ

ワンプレートタイプは、アウトドアにもってこいの食器です。ひとつのお皿にいくつか区切りがついており、それぞれに食べ物を乗せることができるでしょう。ユニークなデザインのアイテム、BBQなどで使用する串をはめこむことのできる商品など、さまざまな種類があります。また、ワンプレートタイプは洗い物しやすいメリットもあるでしょう。使いやすくエコでもある便利な食器です。

使用する人数分をセットで用意できる

家族で使用する際は、ファミリー用のキャンプ用食器セットを選びましょう。同じデザインの箸、お皿、コップなどがセットになっており、コーディネート的に統一感があります。デザイン性、収納性に優れているアイテムや素材にこだわりを持つ食器など、幅広い種類がありますので、自分のスタイルに合うものをお選びください。

素材にこだわって選んでみよう

キャンプ用の食器は、さまざまなデザインや形があるだけでなく、素材の種類も豊富です。素材にこだわって食器を選ぶこともおすすめです。耐久性のあるチタニウム製、傷がつきにくいメラミン製、デザイン性の高い木製など、素材によって特徴が異なります。

熱先導率が低く換熱性能が良いチタニウム製

チタニウム製の食器は、高い強度を誇り、とても軽い素材です。持ち運びに便利なだけではなく、海水による錆びにも負けませんので、海辺での使用にもおすすめです。さらに耐熱性にもありますので、さまざまなシーンで活用することができます。そして、金属によるアレルギーの心配もありません。

温かい食材でも容器が熱くなりにくいメラミン製

メラミンは、プラスチックの種類ですが、熱に強く、割れにくい特性を持っています。プラスアルファで軽量でもありますので、お子さまでも使いやすいでしょう。高いデザイン性やオシャレな形のアイテムが豊富にあり、食べ物などの匂いもつきにくいです。デメリットとしては、強い衝撃があった場合、割れてしまう可能性があることでしょう。

汚れが容易に取れて傷に強いステンレス製

ステンレス製の食器は、とにかく頑丈な作りをしています。コンクリート地面などに落としても破損の心配はなく、錆びにくい特性もあり、洗い物にも手間がかかりません。耐久性を追求するのであれば、ステンレス製がおすすめです。デメリットとしては、熱伝導率が良く、熱々の食べ物を乗せると、食器全体にその熱が伝わってしまうことです。
また、重量面を考えると、決して軽量とは言えません。お子さま向きの素材ではなく、多少値段も高いですが、「長期的に使用したい」「すぐに買い替えたくない」という人は、ステンレス製がおすすめです。

料理を引き立たせるデザインが多い木製

木製の食器もあります。「軽い」「割れにくい」というメリットがありますが、デザイン性にもっとも優れている素材は、木製でしょう。この素材のお皿に料理を盛り付けるだけで、ものすごくオシャレな見栄えになります。アウトドアの空間にもマッチする素材です。
木製の食器は収納性や耐久性に多少のデメリットがあるものの、料理フォトを満喫できる素材です。扱いの注意点としては、水分などが染み込むと劣化スピードを速めてしまいますので、すぐに乾燥するようにしましょう。

エコから生まれた新素材の生物分解プラスチック製

地球に優しい生物分解プラスチック製の食器は、自然生まれのエコな素材です。再利用できるものですので、地球環境やエコロジーを気にしている人におすすめ。オシャレなデザイン性のアイテムが多く、肌ざわりなどが快適でしょう。自然を満喫できるのは、自然あってこそですので、こうした素材選びもわるくありません。

食器と一緒に揃えたいカトラリー

カトラリーとは、食事に使用するスプーンやフォークなどのことです。アウトドア用カトラリーには、さまざまな種類があり、デザイン性や価格など、何を重視するのかによって、素材などが異なるでしょう。カトラリーについてやカトラリーの選び方のコツを解説していきます。

アウトドア用カトラリーの種類は豊富

アウトドア用カトラリーは、アウトドアメーカーなどから、さまざまな種類のアイテムがリリースされています。自分の好きなデザインのカトラリーを選ぶことも、家族全員でお気に入りのアイテムを選ぶことも、なんでも叶えてくるでしょう。ファミリー用であれば、フォーク、スプーン、箸、ナイフがセットになっている商品がおすすめ。持ち運び便利なセット商品もありますので、アウトドアに最適です。
またカトラリーは、コンビニなどでお弁当を購入したときに付いてくるスプーンのような使い捨てのグッズではありません。何度でも使用することができますので、ゴミを増やさないエコなアイテムです。自然を満喫するからこそ、エコを意識することは大切なことです。

何を重視するか慎重に素材選びをする

耐久性を重視するのであれば、ステンレス製のカトラリーがおすすめです。錆びにくい特性もありますが、デメリットとしては、比較的値段が高くなってしまいます。キャンプの雰囲気をより楽しみたいのであれば、木製のカトラリーが良いでしょう。
しかし、水分などによって痛みが出てしまう可能性があります。アウトドアの食卓を華やかにするためには、シルバー性のスプーンやフォークがおすすめですが、比較的重量があり錆びてしまうリスクもあるのです。
このように、何を重視するのかによって、どのような素材を選べばよいのか決定されてます。「できるだけ耐久性のあるものが良い」「持ち運びを考えて軽いものを」「高価なアイテムは入らない」「オシャレな色合いのカトラリーが好み」など、家族と相談しながら選ぶことをおすすめします。

食器と揃えると統一感があり上級者気分

キャンプの食卓をよりオシャレにするためには、フォークやスプーンなどのカトラリーと食器を、同じ素材やデザイン性のものに揃えてみることをオススメします。そうすると統一感のあるコーディネートになり、料理が引き立ちおしゃれな雰囲気がでてきますね。
また、同じようなデザイン・素材でコップやお皿、フォーク・ナイフなどがセットになっている商品もあります。こうしたアイテムであれば、アウトドア上級者のようなハイレベルなキャンプ空間を演出できます。さらにデザインやカラーを選択する際には、自分の好みやキャンプに行く季節などに合わせると良いでしょう。

キャンプの食器を充実させて野外の食事を楽しもう

アウトドアの食事頻度が多い人は、食器にこだわりましょう。キャンプやBBQの頻度が多ければ多いほど、紙コップ・紙皿よりも、アウトドア専用の食器が経済的でおすすめです。素材にもよりますが、安価な食器から揃えることができますので、自身の年間のアウトドア回数をチェックしてみることをおすすめします。
アウトドア用食器のメリットは、丈夫な作りの商品は、長期的に使用できることです。食器のかさばりなどがなく、収納性に優れているアイテムもあります。ワンプレートタイプであれば、洗い物が手軽になり、使用する人数分をセットで購入できるファミリー用のアイテムも豊富にあるでしょう。アウトドアの食事をより楽しむために、キャンプの食器を充実させてみてはいかがでしょうか。

category

記事カテゴリー