マウンテンバイクのおすすめ人気メーカーとは|スポーツや街乗りなどに

マウンテンバイクのおすすめ人気メーカーとは|スポーツや街乗りなどに

CYCLING 2018.08.23

Share :

自分好みのマウンテンバイクをみつけよう

マウンテンバイク選びにおいて、その種類やどのようなシチュエーションで使用するのかを確認することは大切です。この記事では、自分好みのマウンテンバイクを見つけるために、さまざまな角度からマウンテンバイクについて解説します。
サイクリング

マウンテンバイクには種類がある

マウンテンバイクには、メンテナンスが手軽なフルリジット、後輪にサスペンションがないハードテイル、前輪後輪両方にサスペンションのあるフルサスペンションなど、多彩な種類があります。それぞれについて具体的に見ていきましょう。

サスペンションの無いフルリジット

フルリジットというマウンテンバイクの種類は、クッションの役割があるサスペンションが前後にないタイプです。サスペンションがないということは、地面からの揺れなどを直接感じることになり、乗り手にとって「道によっては乗りにくい」「操作が大変」「乗り心地が悪い」と思うことがあるでしょう。しかしながら、軽量で簡素な作りをしており、メンテナンスも難しくありません。

DODA

前輪のみサスペンションのあるハードテイル

ハードテイルというマウンテンバイクの種類は、前輪のみにサスペンションがある自転車です。「テイル=後輪」ということになり、そこがハード(固い)からこそ、この名称になっています。上り坂などは乗りやすい傾向にあり、比較的メンテンナンスが容易なタイプです。平地であっても、スムーズに運行することができるでしょう。

前後両方にサスペンションのあるフルサスペンション

フルサスペンションは、文字通り、前輪にも後輪にもサスペンションがあるマウンテンバイクです。クッション性に長けており、飛んだりしても、それほど衝撃を感じることはありません。「メンテナンスの難易度が高い」「ヘビーな重量」「比較的高値」というデメリットはありますが、機能性や乗り心地は抜群の種類でしょう。
サイクリング

楽しみ方でマウンテンバイクを選ぼう

マウンテンバイクの選び方のコツは、楽しみ方を目安にすることです。スポーツとして楽しむタイプ、ツーリングを満喫する種類、街乗りなどを快適に過ごす自転車など、シチュエーション別にマウンテンバイクの選び方が異なりますので、以下で詳しく解説していきます。

スポーツとして楽しむ

スポーツとしてマウンテンバイクを楽しむためには、フルリジットは不向きかもしれません。「レースに出てみたい」「専用のコースを楽しみたい」「山道を乗りこなしたい」という人は、ハードテイルを選びましょう。より困難なコースや道にチャレンジしたい人は、フルサスペンションを選ぶことによって、快適に走行することができます。

ツーリングを楽しむ

マウンテンバイクを乗って、ハードなアウトドアではなく、ツーリングを楽しみたい人も多いのではないでしょうか。ツーリングを満喫するためには、フルリジッドで問題ありません。しかしながら、山など道の状況によっては、フロントサスペンションのほうが良いこともあるでしょう。どのような道を走るのかによって、マウンテンバイクの種類を変える必要があります。

街乗りや通勤を楽しみにするため

スポーツやツーリングではなく、会社へ通う時や街乗りには、どのようなマウンテンバイクが最適なのでしょうか。住んでいる場所などによって異なりますが、山道などでない限り、街中は、平坦なロードが多い傾向にあります。こうした道路では、フルリジッドが適していると言えるでしょう。他の種類では、操作が難しく、重量が重くて快適な走行が難しい可能性があります。
カラフル 自転車

スポーツにおすすめなマウンテンバイクのメーカー

スポーツに最適なマウンテンバイクの種類について解説してきましたが、メーカーについても理解を深めましょう。名のはせている「GT」や「KONA」、豊富な種類のある「TREK」、ブリジストンの「ANCHOR」などが主だったメーカーです。各々のメーカーについて詳しく説明します。

マウンテンバイクの代名詞的なGT

GT(ジーティー)は、「マウンテンバイクで有名なメーカーは」という問いに対して、真っ先に答えとなるメーカーでしょう。アメリカで誕生したメーカーであり、はじめはBMXの領域で圧倒的な地位の高さを確立しました。重量や操作性に優れたアグレッサーシリーズや安定性のあるパンテラコンプ、フルサスペンションの人気自転車・ヴァーブコンプなどさまざまな自転車があります。「マウンテンバイクらしいマウンテンバイク」のラインナップですので、スポーツにおすすめと言えるでしょう。街乗り用に使用したい人などにも、もちろん対応しています。

通にも好まれるKONA

KONA(コナ)も、GT(ジーティー)同様に高い人気を誇るメーカーです。KONA(コナ)であれば、マウンテンバイク初心者から、激しい走行を求める人まで、幅広い自転車を取り揃えているでしょう。「プロセス153 DL」というモデルは、スポーツとしてのマウンテンバイクにうってつけです。「オペレーター DL」というモデルは、激しい岩場であっても、スムーズに走行することが可能でしょう。

ラインアップが豊富なTREK

TREK(トレック)は、米国のメーカーです。幅広い種類の自転車があり、マウンテンバイク以外のタイプもリリースしています。プロも認めるほどのクオリティーを担保しているメーカーであり、デザイン性にも優れているでしょう。マウンテンバイクを選ぶ際は、必ずTREK(トレック)も考慮するようにしてください。
TREK(トレック)は、カーボン技術が優れており、自転車の軽量化は他社の追随を許しません。スポーツ以外の用途に最適な自転車も要チェックのメーカーです。

国内メーカーブリジストンのANCHOR

ANCHOR(アンカー)は、国内メーカーのブリジストンのマウンテンバイクです。スポーツとして楽しめるだけではなく、日本人の体に合うデザインの自転車になるでしょう。「ほとんど疲れを感じない」「操作性に優れている」と評判の「XG6 SPORT」はおすすめの自転車です。
自転車

ツーリングにおすすめなマウンテンバイクのメーカー

ツーリングにおすすめなマウンテンバイクのメーカーも、さまざまあります。80年代にリリースしたマウンテンバイクで大ヒットを飛ばした「SPECIALIZED」、台湾生まれの「MERIDA」、フランスのメーカー「LAPIERRE」それぞれに特徴があります。

現在のマウンテンバイクの礎のSPECIALIZED

SPECIALIZED(スペシャライズド)は、世界ではじめて量産型のマウンテンバイクを販売し、この種類が今のマウンテンバイクの元になっていると言われています。ツーリングとして活用できる自転車だけではなく、スポーツ・アウトドアにも使用できる種類など、幅広くラインナップされているでしょう。ロードバイクメーカーとしてもおなじみのSPECIALIZEDは、現在でも、マウンテンバイク開発に余念がありません。

ロードレースでも人気ブランドのMERIDA

MERIDA(メリダ)はプロ選手なども愛用している台湾のメーカーです。他のメーカーではほとんど実行していない自社工場で作った自転車は、コストパフォーマンスに優れ、デザイン性、クオリティも申し分のないものに。定番のMATTSシリーズであれば、軽量かつ乗りやすいマウンテンバイクですので、自転車にあまり乗らない人にもおすすめです。「ローコスト・ハイスペック」の自転車は、他メーカーと同じ値段でも、機能性に優れているものになります。

フランスの老舗自転車メーカーLAPIERRE

LAPIERRE(ラピエール)は、フランスの自転車メーカーです。創業したのは、1946年。自転車好きの間ではロードバイクのイメージが強いですが、マウンテンバイクも高い評価を得ています。また、電動自転車からお子さま用の自転車も作り、自転車の総合メーカーと言えるでしょう。ハードテイルのエッジシリーズであれば、どのような道にも対応するクッション性を備え、初心者にもおすすめ。機能性・デザイン性ともに一線を画する老舗メーカーのマウンテンバイクで、ツーリングを楽しんでみませんか。
自転車 

街乗りにおすすめなマウンテンバイクのメーカー

「通勤用の自転車が欲しい」「街乗りを楽しみたい」という人にぴったりのメーカーを解説しましょう。イタリアのメーカー「Bianchi」、世界中でもっとも大きな規模を誇る「GIANT」、カナダのメーカーである「LOUIS GARNEAU」などは、街乗りに最適な自転車をリリースしています。

歴史あるメーカーBianchi

Bianchi(ビアンキ)は、1899年創業という老舗中の老舗メーカーです。チェレステという青空カラーが大人気であり、デザイン性の高い自転車だけではなく、初心者にも乗りやすいマウンテンバイクがラインナップされています。「KUMA 27.3 Matt」というモデルは、軽量で抜群の安定性を誇るマウンテンバイクです。街乗りにはもちろんのこと、山道なども走行することができるでしょう。伝統あるメーカーの高い機能性やオシャレなデザイン性は、自転車走行をより一層楽しくしてくれるでしょう。

世界最大自転車メーカーのGIANT

台湾生まれのGIANT(ジャイアント)は、世界中でもっとも大きな規模を誇る自転車メーカーです。特徴は、コストパフォーマンスに優れていること。低価格にも関わらず、ハイクオリティーな自転車をたくさん販売しています。

GIANTのマウンテンバイクの中で、街乗りに適しているのは、ATXというモデルです。厚いタイヤ、フレームは軽量のアルミで、非常に乗り心地がよいでしょう。ブレーキ性能も優れていますので、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りにぴったりです。「マウンテンバイクに乗ったことがない」「できるだけ安値の自転車が欲しい」という人は、GIANTのマウンテンバイクを選びましょう。

街乗りからレースまで対応するLOUIS GARNEAU

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)は、カナダのメーカーです。創業者はもともとプロの選手であり、数々の自転車の賞を受賞しています。ルイガノデザインは大変魅力的でオリジナルカラーもあるほど。また、値段や機能性とのバランスもよく、マウンテンバイク以外の種類も幅広く手掛けています。「LGS CASPER PRO」というモデルは、少し厚めのタイヤで手頃な価格帯が魅力的。

マウンテンバイクで出かけよう

自分好みのマウンテンバイクを見つけるためには、種類を理解する必要があります。クッションの役割があるサスペンションが前後にないフルリジット、前輪のみにサスペンションがあるハードテイル、クッション性に長けているフルサスペンションはおさえておきましょう。

楽しみ方でどの種類を選ぶのか決定されます。たとえば、スポーツとして楽しむのであれば、ハードテイルやフルサスペンションがおすすめです。これらの高いクッション性は、悪路に負けません。ツーリングを楽しみたい人は、フルリジットでも問題ありませんが、シチュエーション次第では、フルリジッドやフロントサスペンションのほうがよいこともあります。街乗りや通勤でマウンテンバイクを使用する際は、フルリジッドが適しています。

楽しみ方別にぴったりの自転車をリリースしているメーカーがありますので、それぞれについて理解を深め、よりマウンテンバイクを楽しめるようにしましょう。

category

記事カテゴリー