快適な自転車ライフにはリュックが最適。選び方やおすすめの商品とは

快適な自転車ライフにはリュックが最適。選び方やおすすめの商品とは

CYCLING 2018.08.22

Share :

自転車に快適に乗るにはリュックがおすすめ

自転車をより快適に乗るためには、リュックがおすすめです。自転車のリュックを選ぶポイントだけではなく、高機能、防水、通勤用、デザイン性に優れているバッグについても触れていきますので、「どのリュックを選べばよいのかわからない」という人などは、ぜひお役立てください。
ロードバイク

自転車のリュックを選ぶポイント

自転車に乗っている際に便利なリュックを選ぶポイントは、いくつかあります。「快適なタイプがよい」という人は、高機能なリュックを選びましょう。雨の日でも安心な防水タイプもおすすめです。通勤に最適な種類やファッション性に優れているリュックもありますので、それぞれについて詳しく解説していきましょう。

快適さを重視するなら高機能リュック

「長時間背負っていても疲れないタイプが欲しい」、「収納スペースが多いリュックがベスト」という人は、高機能タイプのリュックを選ぶようにしましょう。すぐに物を出し入れできるバッグや背中に違和感を覚えないタイプであれば、便利かつ快適です。
夏場であれば、背中の蒸れを防止する通気性もチェックしておきましょう。どのようなシチュエーションにも対応できるリュックは、自転車ライフをより快適にするものです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

雨の日も安心して使いたいなら防水リュック

「急な雨降りでカバンの中が濡れてしまった」というリスクを回避するために、防水リュックもおすすめです。防水機能は、雨や雪にあたったとしても、水分をはね返す力があります。
防水リュックは、自転車に乗っているときだけではなく、キャンプやアウトドアなどでも活用できるでしょう。防水性が高ければ高いほど、カバンの中身を濡らすことはありません。

仕事に必要な機能を搭載した通勤用リュック

ビジネスシーンでも使用できる通勤用リュックもあります。通勤用ですので、パソコンやタブレットなどを入れやすく、しかも故障させないような作りになっています。また、基本はシンプルなデザイン性であり、スーツなどにも合わせやすいデザインでしょう。リュックでありながらも、手提げに変形できる種類もありますので、状況に合わせて形を変えることができます。

ファッション性も重視するならおしゃれなリュック

高機能リュックは、デザインがスポーティーであったり、通勤用リュックは、シンプルすぎたり、ファッションに合わない可能性もあります。そのため、ファッション性を重視してリュックを選ぶことも悪くありません。さまざまなブランドからオシャレなリュックが販売されていますが、自分の普段のスタイルに合うようなデザインを選ぶようにしましょう。
街中 ロードバイク

おすすめ高機能自転車リュック

高機能自転車リュックのおすすめブランドを解説します。定番の「deuter」、ドイツの「ERGON」、アウトドアブランド「mon-bell」、自転車でおなじみの「シマノ」、それぞれのおすすめリュックについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

deuter レースX


deuter(ドイター)は、登山・自転車・バイク用などのリュックを販売しているドイツのブランドです。軽さ、通気性、デザイン性、サイズ感など申し分なく、多くの自転車ユーザーから愛されているリュックです。多機能ながらも、安い価格対も魅力的です。

ERGON BX2


ERGON(エルゴン)もドイツブランドであり、自転車好きの間では有名です。人間工学を活用したリュックの機能性は高く、重量やサイズ感も抜群です。「BX2」であれば、通気性に優れているだけではなく、背中にもしっかりとフィットし、リュックのブレを防ぐことができるでしょう。

mon-bell サイクールパック20


mon-bell(モンベル)は、日本のアウトドアブランドです。「サイクールパック 20」は名前の通り、自転車用のリュックであり、通気性や防水機能を備えています。また、背負い心地もよく、ヘルメットホルダーもあり、使いやすさ・機能性ともに優れているといえるでしょう。

シマノ R-16サイクリングバッグ


シマノは釣り具のメーカーとして有名ですが、自転車用具なども手掛けています。「R-16サイクリングバッグ」はブリーザブルメッシュという素材を採用し、背中の透湿性は抜群。快適なフィット感もありますので、長い時間・距離を走行しても、無駄な疲労は感じないでしょう。
ロードバイク 背景

おすすめの防水自転車リュック

防水自転車リュックは、完全な防水を成し遂げた「ORTLIEB」、アウトドアでおなじみの「Patagonia」、「THE NORTH FACE」などがおすすめのブランドです。各々のおすすめの防水リュックをみていきましょう。

ORTLIEB コミューターデイパックシティ


ORTLIEB(オルトリーブ)の「コミューターデイパック シティ」は、小物をしまうスペースは少ないものの、圧倒的な防水性は、パソコンなどの故障の心配がありません。シンプルなデザインですので、通勤用に使用しても問題ないでしょう。

Patagonia ストームフロントスリング


Patagonia(パタゴニア)の「ストームフロントスリング」は、フィッシング用などに最適な完全防水機能のカバンです。ジッパーを開けやすく、外部ポケットなど、収納性も優れています。

THE NORTH FACE アイティナラント


15インチのパソコンをすっぽりと収納できる防水リュックです。リフレクター素材が採用されていますので、夜の走行も安心でしょう。シンプルかつオシャレなデザインは、街乗りにも最適です。
ノートパソコン

おすすめ通勤用自転車リュック

通勤用自転車リュックは、メッセンジャーバッグを取り扱う「TIMBUC2」、「CHROME」、カナダの「ARC’TERYX」、アウトドア用のバックパックを作る「Osprey」などがおすすめです。

TIMBUC2 レイダーパック


TIMBUC2(ティンバック2)は、メッセンジャーバッグのブランドとして有名です。「レイダーパック」はサイズこそ小さいものの、ポケット機能などが充実しており、洗濯も可能。シンプルなデザインは、通勤用にもぴったりです。

ARC’TERYX グランヴィル


ARC’TERYX(アークテリクス)の「グランヴィル」は、スリムなデザインで重量が軽いことがポイント。アウトドアでも使用できるような機能性を備えた高機能リュックです。高次元複合構造技術による防水性は、パソコンや書類をしっかりと守ります。

ARC’TERYX ブレード


ビジネスリュックとしてさまざまな機能を備えている「ブレード」。パソコンやタブレットを入れやすいだけではなく、スマホを守るメッシュポケット、電源コードを入れやすいダンプポケットなど、収納性は抜群です。手提げに変形することもできますので、状況によって形を変えるようにしましょう。

CHROME ロストフ


アウトドアブランドであるCHROME(クローム)の「ロストフ」は、自転車以外でも使用できるシンプルデザインのリュックです。軽い重量・高い防水性を持ち、使い勝手のよいカバンでしょう。

Osprey ピクセル


Osprey(オスプレー)の「ピクセル」は、電源コードなどの収納に便利なポケットを備え、パソコンの出し入れがしやすいリュックです。何が入っているのかわかりやすいように、中が鮮やかなカラーになっています。
マウンテンバイク

おすすめおしゃれ自転車リュック

オシャレなデザインの自転車リュックは、「nari-furi」、「BROOKS」、「INCASE」の3ブランドをみていきましょう。デザイン性に優れながらも、高い機能性を誇るアイテムばかりです。

nari-furi バレットバッグパック

【参考:https://www.narifuri.com/blog/22500.html
nari-furi(ナリフリ)の「バレットバッグパック」は、高密度ナイロンを採用し、高い防水機能を備えているリュックです。手軽にパソコンを入れることができ、サイドポケットで飲み物などを収納可能。シンプルながらも、スタイリッシュなデザインで、普段使いにもおすすめです。

BROOKS ピックウィック

サドルでも有名なブランドBROOKS(ブルックス)の「ピックウィック」は、シックなデザインであり、キャンバス素材が魅力的。豊富なカラーバリエーションですので、好きな色をお選びください。
【参考:http://www.diatechproducts.com/brooks/pickwick_backpack.html

INCASE シティコンパクトバックパック


Apple公認のINCASE(インケース)は、シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力ながらも、収納性に優れ、パソコンなどを入れるのに最適なサイズです。
ロードバイク サイクリング

自分に合ったリュックで自転車ライフを楽しもう

自転車に快適に乗るには、リュックがおすすめです。リュックの選ぶポイントをおさえ、状況や用途に合わせた種類を選ぶようにしましょう。防水性や収納性だけではなく、容量や価格帯も無視できません。自分に合ったリュックをみつけ、自転車ライフを楽しんでください。

category

記事カテゴリー