キャンプ用品店でアウトドアグッズを揃えよう|必要なものとは何か

キャンプ用品店でアウトドアグッズを揃えよう|必要なものとは何か

CAMP 2018.08.24

Share :

キャンプ用品店にはアウトドアグッズが勢揃い

テント、調理器具、チェアなど、アウトドアグッズを揃えるためには、キャンプ用品店が非常に便利です。そこで、キャンプ用品店について詳しくみていきましょう。店舗数が多い店や人気のアウトドアショップ、おすすめのブランドやメーカーについても併せて説明していきます。
アウトドア キャンプ

店舗数が豊富なおすすめキャンプ用品店

全国に店舗を構えているショップ、都心中心に展開しているキャンプ用品店など、各エリアにさまざまなショップがあります。国内で店舗数が多いLOGOS、Colemanの直営店、都心に店舗を構えるヴィクトリアエルブレス、アウトドアグッズを販売するA&Fについてみていきましょう。

北海道から沖縄まで全国に店舗数が多いLOGOS

テントやBBQグッズなど、さまざまなアウトドアグッズを販売しているLOGOSは、北は北海道、南は沖縄まで、各エリアに店舗を構えています。関東エリアであれば、直営店は8店舗。アウトレットショップもありますので、手頃な価格で購入することができます。
【参考:http://www.logos.ne.jp/logos-shop

DODA

東京や千葉など全国に11カ所の直営店を展開のColeman

Coleman(コールマン)は、アメリカのキャンプブランドです。ストーブやランタンなどに定評があり、アウトドア好きにとっては、なじみ深いメーカーでしょう。全国に11カ所の直営店があり、店舗によっては、レンタルサービスも行っていますので、低価格でキャンプ・アウトドアを楽しむことができるでしょう。
【参考:http://www.coleman.co.jp/stores/outlet/

都心に店舗を構える ヴィクトリアエルブレス

ヴィクトリアのエルブレスは、都心に店舗を構えるキャンプ・アウトドアショップです。アウトドア初心者でも、スタッフによる丁寧なサポートがありますので、安心です。ファッション感覚にも溢れていますので、新しいキャンプスタイルをみつけることができるでしょう。
【参考:http://www.victoria.co.jp/shop/

EXTRYおすすめのキャンプアイテム

編集部おすすめのシングルバーナー

風が強いため防風性能が高いものがおすすめです。高山や冬山でキャンプの場合、付属ガスは、プロパン配合の高出力のものをおすすめします。

編集部おすすめのランタン

ガス式のものもあれば、灯油タイプのものなど様々です。灯油タイプは煤が付きやすいためメンテナンスがやや大変です。

編集部おすすめのテント

最近のテントは初心者でも簡単に設営できるようになっています。人数の目安は人数+1くらいの大きさを選ぶと良いでしょう。

関東や関西に多数の店舗を保有するA&F

アウトドアグッズなどの輸入販売しているA&Fは、本店を東京都新宿に構え、関東や関西にたくさんのショップを展開しています。40年以上もキャンプアイテムを販売している実績があるため、安心して通うことができるでしょう。
【参考:https://www.aandf.co.jp/stores/list/page/1?brand=&area=JP-27&q=
キャンプ たき火

登山などアクティブ系で人気のアウトドアショップ

店舗数が豊富なおすすめキャンプ用品店以外にも、登山などアクティブ系で人気のアウトドアショップはあります。国内ブランドであるモンベル、アウトドアでおなじみのパタゴニア、他にも、好日山荘やICI石井スポーツについて知りましょう。

東京都の至るところに直営店がある モンベル

大阪に本社に構え、アウトドアの総合メーカーであるモンベル。ムーンライトシリーズというテントやストームクルーザーというゴアテックス素材のレインウェアなど、さまざまな人気アイテムをリリースしています。直営店は、東京だけでも14店舗もあり、北海道や沖縄にもショップがあります。
【参考:http://www.montbell.jp/

東京都内に8店舗を構えるアウトドアショップのパタゴニア

登山、アウトドア、サーフィンなどのグッズを手掛けているパタゴニア。本社のあるアメリカだけではなく、世界各国に正規店を構えているショップです。国内でも関東を中心に全国展開し、アウトレットショップもあります。
【参考:http://www.patagonia.jp/home/

日本国内に52店舗を展開している好日山荘

好日山荘は、兵庫県に本社を構える登山・アウトドアグッズの専門ショップです。日本国内に52店舗を展開し、ネット販売もしています。
【参考:https://www.kojitusanso.jp/

関東を中心に32店舗を有するICI石井スポーツ

ICI石井スポーツは、名前の通り、スポーツ用品を販売しているショップですが、キャンプグッズも購入できます。関東を中心に32店舗を有し、有名スキーヤーやクライマーとも契約している企業です。
【参考:http://www.ici-sports.com/
アウトドアグッズ

キャンプ用品を揃える時に知っておきたいブランド3選

アウトドア・キャンプグッズを購入する際、ブランドを知っておくと選びやすいです。有名なTHE NORTH FACEやMSR、マーモットについて解説していきますので、参考にしてください。

キャンプやアウトドアにおすすめTHE NORTH FACE

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は、アメリカのアウトドアブランドです。キャンプ以外にも使用できるようなデザインのウェアなど、多彩なグッズを販売しています。THE NORTH FACE自体は、正規店の他に、ICI石井スポーツやLOFT、東急ハンズ、高島屋などでも購入することができますので、比較的入手しやすいでしょう。

テントやストーブなどキャンプの必需品にMSR

MSR(マウンテンセーフティーリサーチ)も、アメリカのアウトドアブランドです。テントやストーブなど、商品のクオリティーが非常に高く、救護用にも使用されるほど。好日山荘やICI石井スポーツ、エルブレスなどで取り扱っています。

ウェアを探す時はチェックしてみようマーモット

マーモットも米国のアウトドアブランドです。機能性・デザイン性に優れたウェアに定評があり、寝袋やテントなど、キャンプに欠かせない商品もリリースされています。マーモットショップ以外にもさまざまな店舗で販売されていますので、ウェアを探す時はチェックしてみましょう。キャンプ グッズ

日本のおすすめキャンプメーカー

国内のおすすめキャンプメーカーについても理解を深めておきましょう。高品質なテントを販売しているおがわテント、おなじみのスノーピーク、コンロに定評があるイワタニプリムス、それぞれについて知りましょう。

長く愛させる品質のおがわテント

おがわテントは、キャンプグッズやテントを製造しているメーカーです。現在では、キャンパルジャパンにより販売されており、高品質なテントに定評があります。防水性や耐久性が優れているテントは、長持ちするだけではなく、豊富な種類も魅力的。どの季節でも快適に過ごせるテントは、キャンプに欠かせません。

テントにはさまざまな種類がありますが、ドーム型のような設営しやすいアイテムであれば、ビギナーでも安心して使うことができます。
【参考:http://www.store-campal.co.jp/

ワンランク上の品が揃うスノーピーク

スノーピークは、新潟県に本社を置くキャンプメーカーです。国内外に多数の店舗を構え、品質・人気ともにトップレベルであり、オリジナリティ溢れる商品を多数作っています。

テント、タープ、シュラフ、ライト、テーブルなど、機能性やデザイン性に優れ、アイテム選びに悩んでしまうほど、魅力的なグッズが勢ぞろいしています。洗練されたアイテムを使用して、ワンランク上のキャンプを楽しんでみませんか。
【参考:https://www.snowpeak.co.jp/

カセットコンロで親しみのあるイワタニプリムス

燃焼器具の国内メーカーといえば、イワタニプリムスです。ガスストーブやランタンを販売し、ガスバーナーの「P-153」は初心者でも扱いやすいと評判のアイテムです。ロングセラーの商品を多数リリースしながらも、今も新しい商品の開発に余念がありません。
【参照URL::http://www.iwatani-primus.co.jp/
キャンプ 料理

キャンプ用品店で購入しておきたいアウトドアグッズ

キャンプやアウトドアをより楽しむためには、キャンプ用品店でどのようなグッズを購入すればよいのでしょうか。まず、テントやタープは欠かせません。ウェアや小物などもチェックしておきましょう。調理器具やガスも必要です。テーブルやチェアがあれば、より満喫できます。

テントやタープは必須条件で買っておこう

キャンプする際、寝泊まりできるテントや居住空間となるタープは欠かせません。
特にテントは、キャンプサイトなどでもっとも目立つものですので、メーカーや種類などについて理解を深め、慎重に選ぶようにしましょう。テントとタープがセットになったツールームテントであれば、設営が大変なものの、両方を別で購入する必要もなく、大人数に向いているアイテムです。

初心者におすすめのテントは、設営が比較的簡単なドームテントでしょう。価格・サイズ・デザインなど幅広いラインナップがありますので、お気に入りのアイテムをみつけてください。

肌に身に着けるウェアや小物などもチェック

キャンプやアウトドアを楽しむ際、ウェアや小物選びも重要です。ウェアであれば、着心地や動きやすさ、デザイン性も大切ですが、野外だからこそ、雨風に負けない種類を選びましょう。どのような天候にも対応できるジャケットや速乾性・保温性に優れているウェア、撥水加工のパーカーなど、幅広いアイテムがあります。夏場であれば、帽子などをかぶり、日差しや防虫対策にも目を配りましょう。

ストールがあれば、敷物として活用したり、防寒対策もバッチリです。最近では、キャンプやアウトドア以外にも活用できるオシャレなウェアや小物が各メーカーからリリースされていますので、タウンユースにもいかがでしょうか。

調理器具やガスも忘れてはいけないアイテム

キャンプやアウトドアで食事する際は、調理器具やガスは必須です。鍋やフライパンなどがセットになっている商品がありますので、個別に購入するよりも手間がかからないでしょう。鍋などは、素材を確認するようにしてください。ステンレス製であれば、洗いやすく、高い耐久性もあり、長年愛用できるでしょう。

調理器具やガスの他にも、お皿やマグ選びも大切です。紙皿・紙コップなどでも問題ありませんが、キャンプする頻度やエコロジーを考慮しながら、アイテムを選ぶようにしてください。

テーブルやチェアでキャンプを満喫

キャンプやアウトドアをより快適にするためには、テーブルやチェアを購入しましょう。テーブルがあれば、食事を取りやすく、物置としても便利です。チェアは、地べたや石などに腰を下ろすことなく、しっかりと体を休めることができるでしょう。

選び方のコツとしては、どれくらいの人数で使用するのか、収納性に優れているのかなどを確認してください。デザイン性や素材もチェックしておくと、より自分好みのアイテムをみつけることができるでしょう。

キャンプ 資材

近くのキャンプ用品店を探してみよう

キャンプ用品店にはアウトドアグッズが勢揃いしていますので、キャンプ・アウトドアを始める際には、通うべきところです。国内に店舗数が多いLOGOSやアウトドアブランドとして有名なColemanなど、さまざまなショップがあります。他にも、モンベルやパタゴニアなどもあります。近くのキャンプ用品店を探してみましょう。

キャンプ用品を揃える時に知っておきたいブランドは、おなじみのTHE NORTH FACEがあります。テントやストーブなどキャンプの必需品には、MSRがおすすめです。
マーモットであれば、ウェア探しに要チェックのブランドでしょう。国内のメーカーならば、スノーピークで洗練されたアイテムをみつけてみてください。キャンプ用品店で購入しておきたいアウトドアグッズは、テントや肌に身につけるウェア、調理器具、テーブルなどがあります。必需品を揃えるために、最寄りのキャンプ用品店に足を運んでみましょう。

category

記事カテゴリー