ノンシリコンのオーガニックシャンプーでワンランク上の髪を

ノンシリコンのオーガニックシャンプーでワンランク上の髪を

LIFE STYLE 2018.08.15

Share :

自分にピッタリのノンシリコンオーガニックシャンプーをみつけよう

「ノンシリコン」であるという理由で、近年テレビなどではこの種類のシャンプーが大きく扱われているそうです。確かにコマーシャルをみても、いろいろな芸能人の方が宣伝をされています。
しかしノンシリコンだけでは、髪がキシキシすることもあり得ます。それは成分中に含まれている「界面活性剤」が大きく関係しています。中にはこれを取り除いて、100%天然素材を使ったものもあります。「オーガニック」と書かれてあるものがそうですね。
では、そんな「ノンシリコンオーガニックシャンプー」について詳しくみていきましょう。
ヘア ボトル

置くだけで一目おかれるノンシリコンシャンプーを

しかし、実をいうと「シリコンが入っていないかどうか」はシャンプーのよしあしには関係がありません。「じゃあ、なぜ何故ノンシリコンをあんなに推しているんだ」と疑問に感じる方も居るかもしれませんが、おそらく「シリコンが体に悪い」というイメージが先行してしまった結果だと考えられます。
シリコンは人体にとって限りなく無害な素材です。実際、美容整形で体内に入れられることもありますからね。あれで有害だったら訴訟ものです。そしてこのシリコンが、実は髪の手触りをよくする役割があるのです。
界面活性剤の力で髪の油分が抜けることにより、髪はキシキシします。それを補うために入っていたのがシリコンなのですが、これがなくなると髪の毛がキシキシします。髪質をよくしたいのに「ノンシリコンだけ」では、残念ですが逆効果に終わるのです。

まずは洗浄力と使い心地

ではなぜ、ノンシリコンシャンプーが売れているのか。「シリコン=悪」という図式を刷り込まれ、「髪はキシキシするけど、これでよい」と感じるように洗脳されているからです。髪の毛や頭皮には適度な油分が必要であり、これが完全になくなると髪や頭皮のトラブルの原因となります。

DODA

しかしよく考えてみれば、そもそもシリコンを入れるのは、界面活性剤の強すぎる脱脂作用で髪がキシキシするのを抑えるためです。つまり洗浄成分を見直せば、おのずとどれを選択すればよいかがみえてきます。
つまり、界面活性剤などを使用しない「天然素材のシャンプー(オーガニックシャンプー)」を選べば、一切の人工素材を使っていないため、頭皮や髪にとってもよい効果が期待できるのです。

やっぱり香りは大切

しかし、いくら洗浄成分を見直してもただ髪の質をよくするだけでは、不十分と考える方も居るでしょう。男性にとっては、30代半ば〜50代半ば頃に発生する加齢臭があるからです。
これは「ミドル脂臭」とも呼ばれますが、その原因成分は「ジアセチル」と呼ばれます。これは汗の中に含まれる乳酸という成分が、皮膚にあるブドウ球菌に代謝、分解されることによって発生します。これと「皮脂臭(中鎖脂肪酸)」が混ざって嫌な臭いを発するのです。汗をかきやすい箇所には特に気を付ける必要があり、もし気を付けないと使い古した油のような臭いを漂わせることとなります。

これを防ぐためには、「ジアセチル」の発生原因菌を殺菌、「ミドル脂臭」に対策することのできるシャンプーを選ぶ必要があります。そのことに適切なオーガニックシャンプーもあるのです。

置くだけで気分がアガるボトルに注目

出費を抑えるため、そして環境への配慮という点から詰め替えボトルを手に入れ、それにオーガラックシャンプーを入れるという選択肢もあります。
これは買ってから詰め替え、そのまま浴室に置くだけでもサマになるので、少しお洒落な気分を味わいたい方にもおすすめできます。
ボトル

メンズにおすすめのノンシリコンオーガニックシャンプー

ではここからは、30代半ば〜50代半ばの男性におすすめのノンシリコンオーガニックシャンプーを提示していきます。
価格帯は2,000円~5,000円(一般では700円~1,000円程度)。一部のものは1万円になるものもあります。そして薄毛や抜け毛対策ができるスカルプ成分があるかどうかも基準になっています。

モンゴ流シャンプー EX

頭皮の内側と外側の両方から頭皮のダメージ補修します。髪はふんわりとまとまった感じに仕上がります。
【参考:http://www.mongoryu.com/mongoryu02/

DINOMEN 薬用スカルプケアリンスインシャンプー

1,000円以上から2,000円以上のものなど、比較的安い割には1000mlという大容量なので、長くご愛用いただけます。薄毛や抜け毛、皮膚の臭いやふけ、かゆみを予防するそうです。
【参考:https://dinomen.jp/haircare-scalp-shampoo/

アデランス ヘアリプロ

これは4,000円近くはしますが、皮脂の汚れを落とし、頭皮の環境を整える効果があるそうです。アデランスの製品です。
【参考:http://www.aderans-shop.jp/shop/pages/hairrepro_detail_shampooNO.aspx

アンファーストア スカルプDディグニティ

有名なスカルプDの最上級シリーズ。価格は1万円を超えているので、「シャンプーにこれは……」と感じる方も居るでしょう。その分ボトルはかっこよく、リンゴ果実の培養細胞エキス、キャピキシル、モウソウチクたけのこ皮エキス、ケラミン-1とアナゲインシトラスといった天然成分も多数配合されています。落ち着いたハーブの香りでリラックス効果もあるそうです。
【参考:https://www.angfa-store.jp/ITEM/SDDGS000A1

ポリピュア スカルプシャンプー

3,000円超えのもので高価格ですが、皮脂やスタイリング剤をごっそりと除き落とし、詰まった汚れをしっかりと落とすことができるそうです。
【参考:https://529270.com/products/#other01
バスセット

ノンシリコンオーガニックシャンプーで髪と頭皮のケアを

脱脂成分で髪がキシキシしないように入れられていたシリコンですが、いつの間にか悪者にされるようになってしまいました。それを分かっていても、やはり人工素材というだけで嫌悪する方も多いのかもしれません。
美容専売品のシャンプーは、わざわざノンシリコンとはいいません。シリコンを初めから入れていなかったからです。
天然素材にこだわっており、髪質をよくするという点からいえば、ノンシリコンのオーガニックシャンプーを選ぶのもよいでしょう。自然由来の成分である以上、同じく自然から生まれた人間にとっても無害な成分はよいでしょうから。

category

記事カテゴリー