薄毛が気になる男性必見|自分にあった治療薬を選んでフサ男になろう

薄毛が気になる男性必見|自分にあった治療薬を選んでフサ男になろう

LIFE STYLE 2018.08.08

Share :

薄毛に効く薬が実際どのくらい効くのか知りたい

最近髪の毛にボリュームがなくなった、薄くなったと悩んでいませんか?男性にとって薄毛の悩みは深刻なもの。思うようにファッションも決まらない、自信が持てなくて恋人もできない、そんな悩みを解決するための救世主は「育毛剤」や「発毛剤」といった薬です。
育毛剤や発毛剤には、どれくらい効き目があるのでしょう?また、薬を使うにあたってのメリットやデメリットも気になるはず。そんな疑問について、詳しくご紹介していきます。
美容液

育毛剤と発毛剤の違いについて

薄毛対策として有名なのが「育毛剤」と「発毛剤」。この2つは具体的にどういった違いがあるのか解説します。

育毛剤は生えている髪の毛に効果があるもの

育毛剤は今ある髪の毛を健やかに保つ薬のこと。抜け毛が気になって、これ以上薄くなりたくない!という人向けの薬です。そのため、今現在髪の毛が生えていない毛根から、新しい髪の毛が生えてくることは期待できません。
育毛剤は「医薬部外品」に分類される薬なので、近くの薬局やドラッグストア・ネットで購入できます。

発毛剤は生えていない部分に毛を生やすためのもの

発毛剤は髪の毛の製造元である毛母細胞に働きかけて、発毛を促す効果が期待できる薬のこと。新しい髪が生えてくれば、ボリューム不足や薄毛の解消に繋がります。
発毛剤は「医薬品」に分類されるため、一般的には病院やクリニックで処方してもらう必要があります。
美容液

薄毛には外用薬と内服薬の2種類ある

薄毛に効く薬は、原因によって外用薬と内服薬に分けられます。具体的にみていきましょう。

外用薬は入手しやすいが効果は薄い

薄毛に効く外用薬は薬局やドラッグストアなどで販売されているので、入手しやすいというメリットがあります。ただし、頭皮の外側から働きかけるため、内服薬に比べると効果は薄いと考えられます。
外用薬の有効成分で、一般的に知られているのが「ミノキシジル」。ミノキシジルの効能は、頭皮の毛細血管を拡張させて、毛母細胞に栄養を届けやすくし髪を健やかに保ちます。また毛母細胞の細胞分裂を促進する効果もあると言われています。そのため、血行不良が原因の薄毛に、効果が高いと考えられているのです。

内服薬は効果が期待できるが副作用が伴う

AGA(男性型脱毛症)には内服薬がおすすめです。AGAは男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストテロン)」の濃度が高いことが原因で引き起こされます。これを改善するには、内服薬を使ってDHTをの濃度を調整することが大切です。
AGA(男性型脱毛症)には「プロペシア」という薬がよく使われます。プロペシアは「フィナステリド」を主成分にした薬で、AGAの原因となるDHTの濃度を下げる効果が期待できます。このフィナステリドには、ジェネリック医薬品(後発医薬品)も出ているので費用を抑えたい人におすすめです。
フィナステリドには肝機能障害や乳がん・鬱病などといった副作用が起こる恐れもあるので、不調を感じたら医師に相談しましょう。
ノート

市販の薬と病院の医薬品の違いについて

市販薬と医師の処方による医薬品には、どういった違いがあるかみていきます。

市販の薬はあくまでも補助的なもの

市販薬は処方薬に比べて効き目が緩やかで、あくまでも補助的な役割を担っています。効果としては、血行促進や新陳代謝を改善し、今ある髪を健やかに保つ育毛が期待できる程度。そのため、AGAなどのホルモンなどの体内環境による薄毛には効果がありません。
薄毛の原因が体の内側にある人は、病院やクリニックを受診して医師の処方による医薬品を使いましょう。

病院の医療品は臨床試験済みの治療薬である

病院やクリニックで処方される医薬品は、臨床試験済みの治療薬です。市販薬よりも高濃度の有効成分が使われているので、効果が高く副作用の心配も低いと考えられます。
AGA治療や発毛を希望するなら、病院やクリニックを受診して自分に合った医薬品を処方してもらいましょう。
美容液

通院せずに自分で治療するメリットとデメリット

通院せずに自分で治療する場合の、メリットとデメリットについて解説します。

費用を安く抑えられる

医療機関にかからず自分で症状を改善するには、市販薬を購入してケアする方法に限られます。そのため、費用は比較的安く抑えられるというメリットがあります。おおよその目安は5,000円〜10,000円といったところでしょう。
長期間を見据えて治療をしていくなら、費用が安くすむのは嬉しいメリットです。

あまり効果は期待できない

頭皮環境を原因とする薄毛は、人によっては市販薬でも効果を実感できますが、AGAのような体内環境が原因の薄毛には、プロペシアなどの内服薬を服用する必要があります。基本的にAGA治療に使う内服薬は、医療機関にかからなければ入手できません。そのため自分でできるケアは、育毛程度が精一杯といったところでしょう。
市販薬は有効成分の配合率も低いので、その分効果は然程期待できないと考えておいた方が賢明です。

副作用が出ても対処してもらえない

市販薬を購入する際に、薬剤師のアドバイスを受ける事はできますが、自分の体質にあった薬を購入できるとは限りません。万が一副作用が起こっても対処のしようがないので、そういった時は医療機関を受診する他ないのです。
アロマ

病院で治療するメリットとデメリット

一方、病院で治療するときのメリットとデメリットはどんなことか、みていきましょう。

費用が高い

現時点での薄毛治療は、厚生労働省の規定外で保険適用外になっています。そのため、治療費は自己負担となり、おおよその目安は1カ月に10,000円〜30.000円かかると考えられます。この費用を高いとみるか、妥当とみるかは人それぞれでしょうが、ある程度の期間通院することを考えれば、安い費用でないことは確かです。

副作用の心配が少ない

病院や薄毛専門クリニックにかかると、始めに検査をしてもらえるので、副作用が起こる可能性が低いと考えられます。また、例え副作用が起こったとしても、検査結果などのカルテもあるので早急に対処してもらうことができます。安心に効率よく薄毛治療をするなら、病院での治療がおすすめです。

病院を見つけるのが難しい

薄毛治療専門クリニックや病院は、大都市でないかぎり多くは存在しません。そのため、地方在住の人は自宅付近に通える医療機関がなく、通院治療そのものが難しくなることも考えられます。
コロン

海外の医薬品の危険性について

ネットを使えば個人輸入という形で、海外製のAGA治療薬を購入することができます。ですが、海外製の薬は日本では未許可なものなので、副作用の危険性が高くなる懸念があります。
また、個人輸入の場合、海外製の品は偽物の可能性が高いと考えられます。例え日本では買えない有効成分が入っていたとしても、添加物が多く効果の得られない薬が届く可能性は否定できません。
こういったことからも、海外製のAGA治療薬を個人輸入して使用するのは避けた方が賢明です。
美容液

薄毛の治療薬は自分にあったものを選ぶ必要がある

薄毛治療には薬局やドラッグストア・ネット通販などで市販薬を購入して自分でケアする方法と、薄毛専門クリニックや病院を受診して医薬品を使う方法があります。
市販薬は低コストですみますが、その分効果はあまり期待できないでしょう。また、副作用の危険性が高いというリスクを伴います。
一方専門クリニックなどに通院すれば、市販薬では改善されないAGAの治療も可能です。どちらも一長一短あるので、自分にあった治療薬を選ぶことが大切です。

category

記事カテゴリー