キャンプにはタープを活用しよう|種類や機能を理解してより快適に

キャンプにはタープを活用しよう|種類や機能を理解してより快適に

CAMP 2018.08.08

Share :

タープで個人の空間を作ろう

夏はキャンプやバーベキューといったアウトドアに最適な季節です。アウトドアを行うにあたって道具を揃えることは大切です。バーベキューをするならバーベキューコンロや網、鉄板といった道具、キャンプなら寝袋やテントといった道具は必要不可欠になってきます。
そんなアウトドアで有効活用したいアイテムがタープです。タープがあると日よけに使ったり、急な雨が降ってきたときに雨よけに使ったりと非常に便利です。また周りからの視界を遮ることもできるので、個人の空間を作れます。非常に便利で役に立つタープですが、どのようなタープが売られているのでしょうか。
キャンプ

タープとは何か

キャンプやバーベキューなどのアウトドアにタープあると便利で助かりますが、どのような効果や弱点があるのでしょうか。

タープの効果

まず、タープの効果は二つあります。一つ目に日陰を作り熱中症の予防や日焼けを防ぎます。そして二つ目が突然の雨から体を守ることです。キャンプやバーベキューといったアウトドアは屋外で行います。夏の屋外は非常に気温が高く、熱中症の危険性が高まります。タープを使うことによって日陰ができ、熱中症を予防できます。また、夏の天気は変わりやすいので、突然の雨でもタープがあることによって雨に濡れなくて済みます。
そのほかにもタープで日陰を作ることによって悪くなりやすいバーベキューの食材を管理するにも役立ち、スクリーンタイプのタープを使うと、4面フルメッシュのサイドウォールがついているので虫対策などにも活用できます。タープがなくてもキャンプやバーベキューなどアウトドアを楽しめますが、タープを有効活用することによってより充実したアウトドアを楽しめます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

タープの弱点

日陰が作れたり突然の雨でも雨よけになる便利なタープですが、唯一の弱点が風です。タープは数本のポールとロープで簡単に組み立てを行えます。しかしその反面、風の影響を受け安く、強風が吹くと飛ばされてしまう可能性が高いです。
タープを設営するときはしっかりと固定して、風に飛ばされないように設営する必要があります。また、テントのように周りが囲まれていないため、蚊取り線香など蚊の対策は必須になってきます。ロープとペグを上手く使って風に飛ばされないようにしっかりと固定するようにしましょう。
タープ

タープの種類

キャンプやバーベキューなどのアウトドアにあると便利なタープですが、一言にタープといっても5つのタイプのタープがあります。それぞれのタイプのタープにはどのような違いがあるのでしょうか。

もっとも主流のヘキサタープ

現在発売されているタープの中でも最も主流なのがヘキサタープです。非常に簡単な作りで、なれれば一人でも設営できるタープのタイプです。
六角形の中心を山折りに折り、山折りの山になったところをポールで支えて設営するタープです。非自立式のタープで、タープの張り方を変えられるためアレンジ性が非常に高いです。

大人数におすすめのレクタタープ(スクエアタープ)

大人数でタープを利用する必要がある場合におすすめなのがレキタタープです。ヘキサタープに比べて日陰を多く確保できるのでおすすめです。長めのメインポールと短めのサブポール4本で支える非自立式のタープです。
開放感があり、広いスペースが確保できるので大人数で使用でき、タープの張り方を変えるなどアレンジ性が高いのも特徴です。

設営の手間は少ないウイングタープ

設営の手間を省きたい人におすすめなのがウイングタープです。非常にコンパクトなタープで、持ち運びも非常にしやすいです。設営方法はヘキサタープとほぼ同じですが、形がひし形で設営が非常に簡単です。
ツーリングやシングルキャンパーに人気があります。少し手狭ですが、タープの弱点となる風にある程度強く、防雨性も高いのも特徴です。

天井部分のフライシートとサイドウォールのあるスクリーンタープ

スクリーンタープは天井部分のフライシートとサイドウォールがあり、完全にサイドウォールを閉めることによってテントのような使い方もできます。また、すべてを閉めることによって周りの視線を遮ったり風雨の侵入を防いだりと活躍します。
設営が他のタイプのタープに比べて大変ですが、居住性は抜群です。プライベートな空間を作りたいときに活躍します。

ワンタッチで簡単に設置できる自立式タープ

タープの中でも一番のおすすめは自立式タープです。自立式タープは設営の手間も省け、値段も手ごろなことからキャンプ初心者の人におすすめです。
自立式のタープのほとんどがアルミ製のフレームを広げて設置し、そこにフライシートを乗せてロープで固定して設置完了になります。設置時間も少なくて済見ます。
キャンプ

おすすめのタープの紹介

キャンプやバーベキューなどのアウトドアのときにあると何かと便利なタープですが、どのようなタープを使えばアウトドアを楽しめるのでしょうか。2万円以内で買えるおすすめのタープを5つ厳選しました。

FIELDOOR 組立て簡単!! ワンタッチタープテント G03 スチールフレーム


おすすめのタープ一つ目はFIERDOORのワンタッチタープテントです。ワンタッチで簡単に組み立てることができるので、初心者の人におすすめのタープです。フレームには耐久性の高いスチールフレームを採用しており、アルミフレームよりは重量がありますが、強度が強いので安定して設置ができます。
テント部分には夏の大敵紫外線から肌を守る優れたUVカット加工と高耐水性加工が施されており、夏のアウトドアには欠かせない商品です。

FIELDOOR ヘキサ/スクエア タープ 防水 UVカット


タープの主流ヘキサタープ型のタープです。真夏の強い日差しや天気が急変して突然降りだす大雨に対応するために、UVカット加工と高耐水性加工が施されたタープです。大きさは4人〜6人が入る大きさで、家族でキャンプやバーベキューをするときにはおすすめのタープです。
2本のポールを上手く使うことによって日陰の大きさを変えることができ、追加で別売りのポールを追加購入することによってレイアウトを自由に変えられます。

YUEDGE 防水タープ 天幕シェード タープUV 日焼け紫外線カット


続いてのおすすめタープはYUEDGEのタープですす。耐水性に非常に優れたタープで、突然の強い雨でもこのタープがあるだけで濡れずに済みます。
また、紫外線カットに優れたUVカット加工がほどこされており、真夏の強い紫外線から肌を守り、日焼けを防ぎます。夏のアウトドアには欠かせないアイテムです。。

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ 3m


複雑な組み立てが必要なくワンタッチでひもを引くだけで設営できる初心者にやさしいタープです。天井部分にはしっかりとUVカット加工が施されており、真夏の強い日差しから守ってくれます。
4面メッシュのサイドウォールがあり、完全に締めきれます。4面のうち2面は解放可能なのでさまざまな使い方ができるタープです。

ワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント


キャンプやバーべーキューなどのアウトドアのとき以外にも運動会やさまざまなイベントのときに活躍する適度な大きさのタープです。UFカット加工や防水加工、遮熱シルバーコーティング加工が施されており、夏の屋外でも快適に過ごせます。
ワンタッチで設営でき重量も5.6kgと軽量のため、持ち運びがしやすく女性やアウトドア初心者の人におすすめなタープです、
キャンプ

タープを使ってキャンプを快適に過ごそう

夏になるとキャンプやバーベキューといったアウトドアに出かける機会が増えますが、強い日差しや天気が急変して突然降ってくる雨など、夏のアウトドアには大敵が潜んでいます。タープを使えば強い日差しや突然の雨から守ってくれるので大変便利です。タープにはヘキサタープやウィングタープ、ウォールタープなど5つのタイプのタープがあります。
5つのタイプのタープの特性をしっかりと理解しておくことでタープを有効的に使えます。タープが一つあるだけで、日差しを遮ぎったり雨よけとして使ったりなどの以外にも、荷物置き場やさまざまな使い方ができ、より充実した楽しいキャンプが行えます。タープを有効活用して楽しく快適にキャンプを過ごしましょう。

category

記事カテゴリー