ホテルの仕事について詳しくなろう|内容を知り素敵なおもてなしを

ホテルの仕事について詳しくなろう|内容を知り素敵なおもてなしを

BUSINESS 2018.08.09

Share :

ホテルスタッフにはいろいろな仕事がある

「憧れのホテルで働きたい」と言う人は少なくありません。ホテルのスタッフには、さまざまな業務内容があり、大変やりがいのあるものです。大変さを感じることもあるかもしれませんが、この記事でホテルスタッフについて理解を深め、就職に活かしましょう。
タオル

ホテルスタッフの仕事について

まずはホテルスタッフの業務内容について解説します。ホテルの仕事は、受付やベルパーソン、客室係などバリエーション豊かです。一般企業とは異なり、1日中開いている場所でもありますので、勤務形態はシフト制が基本です。こうした仕事に関することについて、詳しく見ていきましょう。

ホテルスタッフの業務内容

ホテル内の仕事はたくさんあります。まずはお客様によるチェックインやチェックアウトなどを、フロントで行う業務があります。ほかにも、予約管理やホテル内の案内を担うこともあるでしょう。「ホテルの顔」とも呼べる存在です。ベルパーソンは、お客様の荷物をお預かりして客室まで案内するポジションです。コンシェルジュと呼ばれ、お客様からのさまざまなご要望に応えるスペシャリストも仕事のひとつでしょう。客室をクリーニングするハウスキーピングも重要な役割です。

シフト制が一般的

多くのホテルが勤務形態において、シフト制を導入しています。シフト制は、毎日同じ時間に出勤するのではなく、日によって変わることもある制度です。早番と遅番などに分けられ、夜中に働くことも珍しいことではありません。ホテルは24時間営業しているため、こうしたシフト制を採用しているのでしょう。職種やホテルによって、働く時間帯のルールは異なると認識しておいてください。
貯金箱

ホテルスタッフの給与事情

気になる給与事情を説明します。勤務先やポジションによって異なるのは当然ですが、最終学歴によって月給が異なると言えるでしょう。後ほど平均年収も詳しく解説していきますが、それほど高給取りとは言えません。

ホテルスタッフの給料

所属しているホテルや立場によって給与は変わりますが、目安として大卒新卒社員であれば、月給は約20万円です。短大などであればもう少し低く、約17万円が妥当でしょう。そもそもホテル業界全体で、あまり給与水準が高くありません。競争率が激しいなどの原因によって低収入になってしまうのです。もちろん、ランクアップすることにより給料は上がりますが、すぐに昇給できるとは言い切れないでしょう。

ホテルスタッフの平均年収

ホテルスタッフの平均年収は約250万円です。他の販売職や接客業と比較すると、この業界の年収は高いとは言えません。ボーナスもホテルによってはないこともあるでしょう。しかし比較的若い人が働いていることもあり、フレッシュな環境と言うメリットはあります。お金重視ではなく、やりがいや充実感ベースで働くことにより、長く続けられるのではないでしょうか。
ビジネスマン

ホテルスタッフになるには

ホテルスタッフになるためには、どんなプロセスが必要でしょうか。基本的には、資格を必要としない仕事です。スキルとしては、英語などの語学力が求められるでしょう。一部の学校では、専門的にホテル業について学ぶこともできますのでおすすめです。

必要な資格はない

ホテルで働くためには、入社試験はあるものの、特定の資格を持っていなければなれないと言うことはありません。しかしながら、外資系ホテルなどであれば、応募の条件として、TOEICでの高得点や英検の高い級を指定することもあるでしょう。英語に限らず、中国語などの語学をマスターしておくと就職に有利です。ホテル実務技能認定試験と言う、ホテルでの基礎専門知識を深めることのできる検定は、受験しておいても損はありません。

大学や専門学校で学ぶこともできる

大学や短大の観光学科や専門学校のホテル学科などでホテルについて理解を深めることも可能でしょう。大学や短大・専門学校によっては、こうしたホテルについて学べる学部や学科はありませんので、ご注意ください。語学力を磨くことも就職に有利になりますので、独学で勉強することが苦手な人は、学校で学んでおくといいでしょう。
ビジネスマン

ホテルの仕事の大変さ

ホテルの仕事において大変さを感じることを解説します。上記でシフト制について触れてましたが、この制度は働く時間が不規則になりがちです。また接客・サービス業ですので、クレームなどを対応する仕事も珍しいことではありません。

不規則な勤務時間

一般企業であれば、出社時間や退社時間に決まりがあり、毎日大幅に変わることはありません。しかしホテルではシフト制を採用していることが多く、早朝から夕方まで働く日もあれば、深夜から朝まで働くシフトもあります。こうした勤務時間では、規則正しい生活を送ることは難しいでしょう。時間帯だけではなく、休みの日もバラバラの可能性があります。

クレーム対応が多い

ホテル仕事には華やかなイメージがありますが、実態はクレーム対応に追われ、謝ることが多い職業とも言えます。ホテルとしては、お客様を選ぶことができません。さまざまなゲストの中には、細かいことでもクレームを入れてくることがあるでしょう。その場で解決できないクレームもあり、長期戦になってしまうこともあります。
スーツ

ホテルの仕事の魅力

もちろんホテルの仕事は、大変さはあるものの、メリットもたくさんあります。まずはゲストとのコミュニケーションです。仕事を通して、さまざまなスキルを磨くこともできるでしょう。こうした魅力を具体的に解説していきます。

お客様とのコミュニケーション

ホテルにはさまざまな人が泊まります。もちろんホテルによっては日本人だけではなく、各国の人とコミュニケーションすることも可能でしょう。たくさんの出会いがあり、コミュニケーションを深めることにより、それがやりがいにつながるのではないでしょうか。「人と話すことが好き」と言う性格であれば、より一層楽しさを感じられる職場です。

さまざまなスキルが身に付く

ホテルで仕事する際、マナー力は重要です。マナーを守れなければ、お客様を不快な気持にさせ、ホテルのブランドに傷をつけてしまう可能性があるでしょう。そのため、ホテルでさまざまな人と関わることにより、丁寧なマナーを身に付けることができます。コミュニケーション能力は当然磨けますが、外国人と接することにより、語学力のレベルアップを図れるでしょう。
ベッド

ホテルスタッフとしておもてなしを提供しよう

ホテルスタッフは、マナーやコミュニケーション力の他に、ホスピタリティも重要です。多くのお客様が快適に過ごせるように、おもてなしの精神を発揮して、ホテルのブランド力アップに貢献しましょう。
さまざまな職種があり、語学力などを磨ける職場ですが、不規則な勤務時間などデメリットがあるのも事実です。しかし、「『好き』を仕事にしたい」と言う人であれば、続けていくことは可能ですし、その気持ちがあれば高い年収も望めるでしょう。憧れのホテルで、ぜひ働いてみませんか。

category

記事カテゴリー