神戸のボルダリングスポットはどこ?健康な身体と頭脳をゲットしよう

神戸のボルダリングスポットはどこ?健康な身体と頭脳をゲットしよう

CLIMBING 2018.08.14

Share :

ボルタリングの魅力は

2020年東京オリンピックの公式競技にもなったボルダリング。その魅力は、

  • できなかったことが努力したらできるようになる達成感
  • 課題への挑戦が自分との向き合いに繋がる
  • 見知らぬ人同士、目前の課題を共有することでいつの間にか打ち解けられる
  • 健康的な側面がある一方で、頭脳プレー的な側面もある

つまり、さまざまな観点から魅力があるといえるでしょう。そんなボルタリングが気になってはみたものの、どのように始めればよいのでしょうか。神戸にあるボルタリングスポットや、施設選びのポイントを押さえましょう。ボルダリング

初めてのボルタリングジム選びのポイント

ボルタリング施設を探すには、安全面を考えて、初心者でも通える場所を探すことが大切です。レンタルサービスがあれば気軽に始められるので、その後続けるかどうかを検討しやすいでしょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

初心者にも優しいサービスがあるか

ボルダリング施設では、初心者向けのサービスを提供しているところがあります。ボルタリング用のシューズを買ってから、やり始めたもののやっぱり自分には合わなかったでは無駄な出費になってしまいます。まずは以下の点をチェックしてみましょう。

シューズなどレンタルサービスがあるかどうか

ボルダリングをする場合、「クライミング用」のシューズが必要です。しかし、気軽にチャレンジしてみたい場合、シューズの選択は初心者にとって難しいので、いきなりのシューズ購入は難しいでしょう。そんなときはレンタルサービスを利用しましょう。
レンタルサービスについては、ジムのホームページなどで確認可能です。ある程度続けてみて、これからも継続したい場合は、マイシューズを購入しましょう。ショップが併設されているジムであれば、スタッフから専門的なアドバイスを受けながらアイテム選びができます。

適切なアドバイスをしてくれるスタッフがいる

初心者であれば、ボルダリングジムに適切なガイドをしてくれるスタッフが居るかどうかも重要なポイントです。スタッフの親切かつ丁寧な対応がなければ、最初からやる気がくじけてしまいます。
どのようなスタッフがいるのか、スタッフの熟練度などジムのホームページで確認できます。お子様同伴の場合は、キッズエリアの有無も確認するとよいでしょう。

ボルタリング以外の設備も充実しているか

ジムを選ぶのに、施設面積や、壁の高さ、ルート設定等、自分に合うジムの選択ポイントはさまざまですが、シャワーブースの有無も確認しておきましょう。自宅から近いジムであれば、汗をかいたり汚れても気にする必要はないかもしれません。
しかしながら、自宅より遠方のジムの場合は、汗をかいてからの帰宅に抵抗感がある人もいるでしょう。綺麗な更衣室や、レストエリア、シャワーブースがあれば汗をかいても気持ちよく帰れるでしょう。

まずは見学体験してみよう

自分に合うジムかどうかは、実際肌で感じてみないと分からないことも多いもの。実際に体験したい場合は、事前にボルダリングジムへ直接連絡し、ビギナー向けレッスンの有無を確認しましょう。
また、ボルダリングジムは見学だけも可能なので、自宅から最寄りのボルダリングジムへ一度足を運んでみましょう。トレーニングジム 器具

神戸のおすすめボルタリングジム

では、神戸のどのようなジムがおすすめなのでしょうか。通いやすさ、対応、初心者に向いているなどの点を加味しながら選んでみました。

グラビティリサーチ神戸

登山用品専門店の「好日山荘」が運営し、各線三宮駅から徒歩10分の所にあるジム。初心者向け体験会があり、スタッフ付きで1時間ほど体験可能です。
レンタル品付属なので、手ぶらで参加OK。他にも厚さ30cmのマットを床に敷きつめられており、安全面も考慮されています。ユーザーのレベルに応じて仲間と一緒に登れたりなど、「ユーザーフレンドリー」が特徴のジムです。
なお、初心者体験会参加費は、入会登録料・利用料金分・レンタル用品合わせて、一日利用で一般 3,600円となっています。

ロックガーデン神戸

三ノ宮、元町、ハーバーランドの近くにあるジムで、初心者向け体験会があります。スタッフが利用上の注意事項などルール説明を行ない、その後2〜3カ所一緒にクライミング。よって、動きやすい服と靴下を用意するだけで、挑戦は可能です。
さらに、ロックガーデン神戸の特徴はイベントが豊富なこと。例えば数カ月ごとにジム内での懇親会、毎週毎のセッション、年4回のミニコンペなど。他にもマットの外で登る順番を待つルールを設けているので、接触事故などの心配がほとんど無いという、安全面への配慮も行き届いています。

ロックガーデン神戸の初心者体験会参加費

  • 参加費:登録料+1回チケット+レンタルシューズ(全て込み)
  • 平日の場合:税込(13時~22時)一般 3,100円、休日の場合・税込(10時~20時)一般 3,500円

モンベル六甲店

登山用品、アウトドア用品を取り扱う、モンベル運営のジム。JR六甲道駅より徒歩8分、阪神新在家駅より徒歩8分のところにあります。初心者向け体験会を行っており、動きやすい服装、靴下着用(レンタルシューズの場合)でルート1、2本をクライミング可能です。
六甲店の特徴は、種類豊富な壁とスクールが併設されていることです。例えば、ボルダリングウォールは、着地用に分厚い衝撃吸収用マットを敷いており、安全性にも配慮されています。
他にも、高さがあり登り応えのある壁や、新課題も多数取り揃えられています。さらに、キッズ用やクライミング用スクールなども併設されているので、お子様連れでも楽しめるでしょう。

モンベル六甲店の初心者体験会参加費

  • 日程:土・日・祝12:00〜14:30(ただし受付は14:00まで)
  • 内容:5〜10分程度の簡単な内容説明。気軽にクライミング体験可。1、2本を体験。
  • 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴、保護者は同居の親族のみ)、専用ハーネスが装着可能な体格の方。
  • 料金:大人(中学生以上)900円、子供(小学生)600円

ノボリバSG

垂水区の閑静な郊外エリアの木工センター内に、このジムがあります。ノボリバSGの特徴は種類豊富な壁があることです。
例えば1Fウォールには約10種類の壁があり、初心者から経験者まで楽しめます。2Fウォールには安全な高さの壁があり、子どもや初心者が登れるように設計。もちろん経験者も登れる難易度の高い壁もあるようです。
他にもキッズ向けスクールが有り、おおむねファミリー向けといえます。

BOSSA

JR新長田駅より徒歩10分、山陽電鉄西代駅より徒歩5分、高速長田より徒歩12分のところにこのあるのが、ボルタリングジム「BOSSA」。初心者から経験者まで楽しめるアットホームな雰囲気が特徴のジムです。
経験豊富なスタッフがルールやマナーを丁寧に教えてくれます。床に30cmのマットが敷き詰められているので、安全性にも配慮されています。また、初心者向けの体験会があり、動きやすい服と靴下を用意するだけで参加可能です。
初回登録料、初回講習、90分利用料、レンタルシューズ代、レンタルチョーク代全て込みの料金で思う存分楽しめます。なお、初心者体験会「体験クライミング・スタートパック」は一般2,500円です。平日・土・日・祝日とも同じ料金で利用できます。
ボルダリング

ボルタリングジムに行く前に

ここまで神戸のおすすめジムを見てきました。各ジムの特徴が分かったので、行きたい気持ちが更にアップしたかもしれません。その前に、ジムへ行く前の注意点を確認しましょう。

利用料金を把握しておこう

ボルダリングジムの利用料金は、おおむね2,000円前後です。時間制の料金ではなく、時間帯ごとの料金体系となっています。
初めて参加する場合、初期費用として「登録料」が必要です。登録料の金額はジムによりさまざまですが、おおよそ1,000円前後。以上をふまえると、最初に必要な利用料金は平均して3,000円〜4,000円程。この金額には、登録料・利用料・道具のレンタル代なども含まれます。
なお利用料金については、ホームページや電話で問い合せる等、事前に確認しておけば安心でしょう。

靴下は忘れずに持参しよう

レンタルシューズを借りる場合は必ず靴下を着用しましょう。ボルダリング中、クライミングシューズの中はかなり蒸れます。それに、レンタルシューズは不特定多数の人が履いているため、衛生面的に考えると、自分の靴下を持参することが安心につながります。
なお、ほとんどのボルダリングジムでは、裸足でのクライミングは禁止されています。これは自分がよくても、他の人から見たら衛生上よくないからです。それに、ホールドは多くの人が登るため、ザラつきがあり、足を怪我してしまう可能性もあるからです。

手足の爪は必ず切っておこう

手の爪が伸びたままでは、ホールドが掴みにくくなるのはもちろんのこと、クライミングは手の平だけではなく指先も使うので、指先や爪に負荷がかかったとき、爪が割れてしまう可能性が高くなります。
なおかつ、指がホールドに引っかかった場合、爪が割れるだけでなく、剥がれたりしてしまう恐れもあるため、大変危険です。よって、ボルタリング前には必ず爪の状態を確認してからにしましょう。
また、足の爪が長すぎるときも危険です。自分の足よりやや小さめのシューズを履いていると、爪が長い分、指が痛くなったり、爪に負荷がかかって割れてしまうこともあります。足の爪も必ず切っておきましょう。トレーニング 器具

誰でも楽しめるボルタリングに挑戦してみよう

ボルダリングは、体力のみならず、頭脳を使う個人プレーな側面がある一方で、ジムで見知らぬ人とも課題を通じて仲間になれる、そんな魅力を併せもっています。神戸にあるボルタリングジムでも、各ジムともに特徴がありますので、ご自身の興味に合うジムがあるかもしれません。
ボルダリングで健康な体と頭脳を手に入れましょう。土・日・祝日もオープンしているジムもあるので、家族みんなで楽しめること間違いなしです。

category

記事カテゴリー