レンタカーを借りるときのETCの使い方とは?利用方法と注意点

レンタカーを借りるときのETCの使い方とは?利用方法と注意点

CAR / MOTORCYCLE 2018.08.08

Share :

レンタカーでETCを使うには

車でお出かけする際に、ETCがあれば高速道路をスムーズに通ることができてとっても便利ですね。最近では、ETCカードを所持している人も多くなりました。
大人数で遠出をする際や、車を所有していない人が急遽車を使う予定ができた場合などに、気軽に借りることのできる「レンタカー」。その点レンタカーは街のいたるところにあり、利用のしやすさもポイント。そんなレンタカーでETCを使う人法を事前に知っておきましょう。
車

レンタカーでETCを利用する人法

レンタカーを借りる前に、ETCを利用する人法をしっかりと学んでおきましょう。

自分のETCカードを使う

普段利用している乗用車ではなく、レンタカーを借りて高速道路を利用する場合、ETCを利用することができるのか知識がなく不安な人も多いのが現状です。結論から言えば、すでにETCカードをお持ちの人も、ETCカードを作っておらず持っていない人でも、ETCを利用することは可能。ETCカードはETC車載器搭載の車であれば、どの車でも利用することができます。
自分のETCカードをお持ちの場合であれば、自分が持っているETCカードを、そのままレンタカーのETC車載器に使うことができる。すでに自分のETCカードをお持ちの場合は、安心してレンタカーを借りましょう。

店舗からカードをレンタルする

自分のETCカードをお持ちの場合、特に何も心配することなくレンタカーで使用することが可能です。気になるカードのポイントは、ETCカードを持っていない人がレンタカーでETCを利用したい場合ではないでしょうか。
レンタカーの貸し出しをおこなっている、レンタル会社の中には、ETCカードのレンタルを行っている会社もあります。正し注意点として、全ての店舗が貸し出しを実施しているわけではありません。
レンタカーでETCを利用したいと考えている場合は、事前にETCカードの貸し出しをおこなっているレンタル会社であるのか、チェックしておく必要があります。大手会社だからといって必ずしも借りれるとは限らないので、しっかりと確認しておきましょう。
車

レンタカーでETCを利用するために必要な準備

レンタカーでETCを利用するために必要なことを、事前に覚えておきましょう。

レンタルする車がETC車載器搭載であるかを確認する

レンタカーを借りる際に必ず気を付けておきたいポイントとして、レンタルする予定の車が”ETC車載器搭載”であるのか確認しておくことです。
レンタカーの全てにETC車載器が搭載されているわけではないため、レンタカーでETCを利用したい場合はETC車載器が搭載されている車を選ぶ。ETC車載器搭載がない場合は、ETCカードを持っていても利用することができないため、間違えないようにしましょう。

領収書が必要ならば利用紹介サービスに登録する

仕事でレンタカーを利用する際には、領収書が必要になることもあります。そのような場合、どのような手続きが必要になるのかを知っておく必要があります。レンタカーを利用した際のETCの領収書が必要な場合は、「ETC利用紹介サービス」というwebサイトに事前登録する必要があります。
これは利用後に利用証明書を発行することができるシステムです。事前登録に必要な情報としては、ETCカード番号や、ETC無線通行したお車の車載器管理番号などです。車載器管理番号はレンタカー会社に確認しましょう。

車両返却時の料金

ETCカードをレンタルした場合は、レンタカーを借りた際の高速道路利用料金の支払い人法として、車両返却時に通行料金を精算する必要があります。また、レンタカー会社と提携のあるクレジットカードで支払うか、現金で料金を精算する必要性もでてきます。そして現金払いの場合は、本人確認資料の提出が必要な場合もあるので、忘れずに準備しておきましょう。
道

ETCカードのレンタルを利用する時の注意点

レンタル会社から、ETCカードを借りる場合の注意点を、事前に学んでおきましょう。

他人には貸出しない

レンタカーを借りる際にレンタルしたETCカードは、他人に貸し出すことはできません。ETCカードを破損してしまったり、紛失してしまわないように気をつけましょう。
レンタルしたETCカードは自身の責任で保管する必要があります。もし万が一他人に使われた場合でも、料金は自分で支払う必要がでてきます。また、支払いの際に予期せぬ料金が発生してしまう可能性もあるため、ETCカードの保管人法には十分に気を付けましょう。

ETCカードのレンタルは予約が必須

ETCカードをレンタルする場合は、あらかじめ営業所に予約の連絡を入れておく必要があります。事前の申し込みがない場合、店頭にカードがないと利用できないことになってしまいます。
レンタカーを借りる際に申し込めばよいと気軽に考えていると、対応できずに借りられない可能性があります。ETCカードの申し込みをスムーズに進めるためにも、当日伝えるのは避けて、あらかじめ問い合わせて確認しておきましょう。

ETCカードのレンタルには料金が発生する

レンタカーとともに、ETCカードをレンタルする場合に注意しておきたいポイントは、ETCカードにもレンタル料金が発生する可能性があるということです。自分のETCカードなら無料で使うことができますが、ETCカードをレンタルする場合は、レンタル料金が発生する場合があります。レンタカーを借りる時、ETCカードのレンタル料金も忘れずに確認しておきましょう。

ETCカードのみのレンタルは不可

レンタル会社では車を借りることなく、ETCカードのみのレンタルは行っているのかどうかが気になるところです。ETCカードだけをレンタルして、自分の車で使うことはできません。
しかし、レンタカーを借りる際のオプションとしてETCカードの貸し出しを行っています。このことからもETCカードのみを借りることは不可なのです。自分の車でETCを利用したいと考えている場合は、自分でETCカードを作るか、他人に借りるしか方法はありません。
車

レンタカーでETCを利用するメリット

レンタカーでETCを利用するメリットとは、どのようなポイントがあるのか知っておきましょう。

いちいち停車するストレスがない

レンタカーで高速道路を通行する際、ETCを利用すれば料金所で何度も停車する必要がなく快適に通行することができます。レンタカーは普段から乗り慣れている車でないため、いつも以上にストレスがかかってしまうものです。
ETCは料金所に停まらずに料金を精算することができるため、停車や待ち時間のストレスがありません。少しの時間もロスしたくない場合は、運転がスムーズにおこなえるように、ETCカードを利用するのがよいでしょう。

現金の準備がいらない

ETCを利用する最大のメリットとして、現金を準備しておく必要がないという点があげられます。高速道路を利用するたびに、料金所で何度も料金を支払うのはかなり面倒なもの。万が一現金を持ち合わせていなくてもETCカードがあれば安心して高速道路が利用できます。
ETCカードを準備しておけば、口座から利用料金が引かれるため、現金を準備しておく必要がない。後からまとめて支払いができるというのは、細かいお金を何度も支払う手間が軽減され、非常に効率的であるといえます。

割引制度が受けられる

運転をスムーズにおこなうのに便利な高速道路ですが、利用料金は意外と高いため毎月の出費がかさむというデメリットも。できるだけ費用を抑えたいというのが本音なところ。そのような人にもおすすめなのが、ETCカードの活用です。
高速道路でETCカードを利用すれば、快適に通行できるだけでなくお得な割引制度を受けることができます。ETCを利用すれば高速料金として、ETC限定の深夜割引や休日割引を受けることができます。
スポーツカー

ETCの活用で快適な旅を目指そう

レンタカーを利用する際には、普段利用しているETCカードが使えるためとっても便利ということについて、ここまで詳しくみてきました。もしETCカードを持っていない場合でも、レンタルすることができるのでぜひ活用しましょう。
ETCカードがあれば、高速道路を利用する際も無駄な時間を省くことができ、ストレスのないスムーズな走行が行えます。今後、旅行などで長距離の移動をおこなう予定がある場合は、便利なETCの活用でより快適な旅を目指しましょう。

category

記事カテゴリー