バルミューダのグリーンファンが持つ魅力と長く使い続けるためのコツ

バルミューダのグリーンファンが持つ魅力と長く使い続けるためのコツ

LIFE STYLE 2018.08.10

Share :

バルミューダグリーンファンの性能は

オシャレな家電製品で人気のあるバルミューダ製の扇風機「グリーンファン」。
独自の技術で自然界で吹いている風を再現したグリーンファンは、一般的な扇風機の約4倍に広がる風で、涼しく快適な夏の午後を演出してくれます。見た目のオシャレさや風の強さだけでなく、使いやすさも考えて作られたグリーンファンとは、どんな性能を持った扇風機なのでしょうか。
その特徴やお手入れの方法について詳しくみていきましょう。
リビング

バルミューダグリーンファンの特徴

バルミューダ製の扇風機「グリーンファン」にはどんな特徴があるのでしょうか。人気の要因を探っていきましょう。

自然界の風を再現している

グリーンファン最大の特徴は「グリーンファンテクノロジー」。二重構造になった羽が、自然界の風を再現します。従来の扇風機は、扇風機の向いている方向にだけ風が吹きますが、羽を二重構造にしたことにより、大きな面で移動する風を作り出すことに成功。一般的な扇風機の風と比べておよそ4倍の風が部屋のなかに広がります。
また、風が一点に集中しないので、体を冷やしすぎることもありません。心地よい風に包まれて、思わず昼寝をしてしまっても、風にあたり続けることがないので安心です。

先進の省エネルギー性能

部屋を効率よく冷やしてくれるとなると、気になるのがその電気代です。グリーンファンは、送風効率のよい羽とDCブラシレスモーター、そしてグリーンファン専用の低電力回路によって、先進の省エネルギー性能を実現。最小消費電力はわずか1.5kWhととても小さく、ひと夏の電気代はわずか29円(※1)というから驚きです。
グリーンファンが生み出す大きな風は、最大15m先まで届き、大量の風を動かす原動力となります。その風の動きは冷房としてだけでなく、冬場は部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしての役割も果たしてくれます。1年中活躍してくれるので、使わないときの収納に困ることもありません。
※1…最弱運転で1日8時間、90日使用したと想定。電気料金は1kWhあたり27円で算出した結果。

静音性に優れている

大きな風の流れを生み出すためには、それなりのボリュームの騒音が響き渡りそうですが、静音性に優れているところもグリーンファンの大きな魅力の一つです。風量を「1」に設定したときの音量は「13db」。なんと蝶々2羽が羽ばたいているときと同じボリュームです。
眠りを妨げることもないほど圧倒的な静音性に優れたグリーンファンは、寝苦しい夏の夜の寝室に最適な扇風機といえます。また、小さな子どもの快適な昼寝にも一役買ってくれることでしょう。

専用のアクセサリでコードレスにできる

バッテリーとドックを組み合わせることで、コードレス扇風機に早変わり。家中どこでも持ち運ぶことができ、コンセントから遠く冷房機器を置きづらかった場所にも設置することができます。
バッテリーの最大駆動時間は20時間。付属のドックの上にグリーンファン本体を載せるだけで自動的に充電が始まります。ドックから降ろせばそのまま利用できるので、アダプタの取り外しなどを気にする必要もありません。使いたいときに使いたい場所ですぐに使える扇風機です。
リビング

バルミューダグリーンファンのお手入れ方法

バルミューダのグリーンファンの効果を最大限に発揮しながら長く使い続けるためには、どのようなお手入れをしたらよいのでしょうか。手入れの方法について確認していきましょう。

掃除する前に電源やacアダプタ—を取り外す

掃除を始める前に、まずはグリーンファンの電源をオフにします。電源が入ったまま掃除をすると、ケガや故障の原因となります。掃除するときには、事前に電源がオフになっていることを確認してから作業を始めましょう。
電源を切ったら、acアダプターを取り外します。acアダプターは本体の底部分につながっています。本体を横に倒さないと取り外せないので、周りの家具、人などに当たらないよう十分注意してください。

フロントファンガードを外して分解する

本体を分解ながら、掃除をしていきます。まずは、フロントファンガードを取り外します。フロントファンガードは、外側を親指の腹で反時計回りに回転させると手前に取り外すことができます。このとき、中央に負荷をかけてしまうと、破損する恐れがあります。中央ではなくなるべく外側に指をかけて取り外すよう心がけましょう。
次に、ファンホルダーを右に回して取り外します。ファンホルダーを外すと、ファンも取り外せるようになります。ファンを取り外したあとは、ガードホルダー、サイドガードの順に取り外していきます。

水洗いが可能な個所を掃除する

グリーンファンのパーツには水洗いできるものとできないものがあります。水洗いができるパーツは、柔らかい布に中性洗剤をつけて、水洗いしていきます。水洗いが可能なパーツは次の4つです。

  • ファン
  • フロントファンガード
  • サイドガード
  • ガードホルダー

水洗いできない部分は乾いた布で汚れを軽く拭き取ります。
掃除が完了したら、取り外した時と反対の順番で組み立ててていきます。最初に取り外したフロントファンガードのロゴの向きが正しくなるようにはめ込んだらお手入れは終了です。
寝室内装

バルミューダグリーンファンを使うときの注意

グリーンファンと使うときにはどのような点に注意したらよいのでしょうか。購入後に後悔しないためにも、注意事項を事前に確認しておくことが大切です。

リモコンを使う時は離れすぎない

本体から離れすぎた場所でリモコン操作をしても、反応しないことがあります。グリーンファンのリモコンによる動作距離は最大で8mです。同じ部屋のなかで8m以上離れた場所から操作することは、かなりの豪邸に住んでいない限り、あまり想定できませんが、リモコンに反応しないと感じた場合には、距離が開きすぎている可能性があります。
最大8mなので、もう少し短い距離でも反応しないケースも起こりえます。リモコン操作をするときには、グリーンファン本体から離れ過ぎない位置で操作しましょう。

海外では使用できない

グリーンファンはバルミューダ社製の日本国内向けの製品です。残念ながら海外では使用できません。また、仮に海外で使用できた場合においても、保証や修理の対象外となります。日本国内で使用するようにしましょう。
また、acアダプターの電源は100vを使用してください。それ以外で使用すると火災や感電の原因につながる恐れがあります。取扱いには十分に注意しましょう。

風を体に当てすぎない

広く大きな風を生み出すので、一点集中型の風を直接浴びることはありませんが、それでも至近距離で風を体に浴び続けると、体を冷やしてしまいます。体の冷えは健康を害する恐れがあります。
グリーンファンは部屋の空気を涼しくしてくれるものです。グリーンファンが冷やしてくれた空気によって、体は自然と心地よい温度を感じることができます。自分の体を直接冷やすという使い方をしないようにしましょう。
キャンプ

グリーンファンで爽やかな風を感じよう

グリーンファンが再現してくれる自然の風は、とてもさわやかで心地よいものです。自然たっぷりの避暑地でくつろいでいるような気分を味わわせてくれることでしょう。
グリーンファンの風に包まれて、夏の暑さに負けない清々しい毎日を送りたいですね。

category

記事カテゴリー